プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユトリロ

新宿でユトリロ展を見てきました。ユトリロの全作品が展示されています。

パリの町並み。中学で初めて習ったフランス語は “Le ciel est gri(空は灰色)"でした。あとでユトリロの絵を見たとき,納得しました。ああ,パリの町ってこんなふうに重く暗い空なんだと。だからユトリロは暗い色調の絵を描くのだと。(後年、5月にパリへ行ったとき,パリの空は明るかったですが)

ユロリロの半生も知りました。アル中のため,入退院を繰り返し、退院してもほとんど家に閉じ込められ、格子の中で絵筆をにぎっていたそうです。たくさんの作品に描かれた町並みも,絵はがきや,かつて自分が書いた絵を見ながら書いたということも。

ユトリロは51歳になって初めて、絵のパトロンであった一回り年上の女性と結婚しますが、その相手からもひたすら絵を描くことも求められます。ユトリロは町並みばかりを描き,風景や人物(町並みの中に人はいますが)を描くことはありませんでした。

今にも雨の降りそうなユトリロの景色にユトリロの人生を見ました。

(今、ネット上のユトリロの絵を挿入しようとしましたが,やり方がわかりませんでした。知っている人,教えて)

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

<< ライブ | ホーム | マスターズ出場(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム