FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子

思いがけないボタン雪が舞いましたね。もう桜も3〜5分咲き、日曜日には満開になるかもしれません。

さて、話題の芥川賞受賞作品を読みました。主人公の74歳の桃子さんの頭の中の会話が岩手弁で、声優のように音読しながら読みました。いや、音読せずには読めなかったというのが正しいかもしれません。

「あいやぁ、おらの頭このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべが (中略)あいやぁ、そういうおめは誰なのよ 
決まってっぺだら。おらだば、おめだ。おめだば、おらだ」と始まります。

作者若竹千佐子(63歳、岩手県遠野市生まれ)は受賞の言葉で「人にはそれ抜きにして自分を語れない決定的な「時」があるのだと思う。私の場合、夫の死だった。悲しかった。絶望しかなかった。それでも、私は喜んでいる私の心もを見つけてしまった。悲しみは悲しみだけじゃない、そこには豊穣がある、と気づいた。このことを書かずに私は死ねないと思った。」と語っています。(文藝春秋より)

「結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。
身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。
「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」
40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。
捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いたものとは――」

無数にいる脳内の「柔毛突起ども」と話す声、桃子さんの標準語とが入り交じり、現在と過去が入り混じって書かれています。
夫が亡くなった後、ずっと一緒だった老犬もいなくなり、桃子さんは一人。人は皆一人になる、桃子さんはこの一人のゆったりした時を楽しみ、心地よさを感じています。理屈っぽくて、意味を探したい人なのです。桃子さんは娘とも近づくとうまくいかない。ああ、きっとそんなもの。

桃子さんは強い。桃子さんに限らない。私の周りの先輩女性たちは強いのです。落ち込むこともあるでしょうが、前を向いて生きています。春の匂いを感じながら。

千佐子さんが桃子さんの年になった時に書かれた本を読んでみたいです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 「百年泥』 石井遊佳 | ホーム | 『遠い山なみの光』 "A Pale View of Hills" カズオイシグロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム