FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『能 650年続いた仕掛けとは』 安田登

今年は寒いですね。

雪景色を撮りに行ったので、その写真を載せたいところですが、まだ整理ができていないのです。

さて、日頃手にしない本を借りて読んだので、また本の紹介です。
題名は『能 650年続いた仕掛けとは』 

「なぜ650年も続いたのか――。足利義満、信長、秀吉、家康、歴代将軍、さらに、芭蕉に漱石までもが謡い、愛した能。世阿弥による「愛される」ための仕掛けの数々や、歴史上の偉人たちに「必要とされてきた」理由を、現役の能楽師が縦横に語る。「観るとすぐに眠くなる」という人にも、その凄さ、効能、存在意義が見えてくる一冊。【巻末に、「能をやってみたい」人への入門情報やお勧め本リスト付き】」

著者は安田登氏。能の流派の家元に生まれた人ではなく、元高校の先生だそうです。24歳で初めて能「松風」を見て、「幻視体験」をし、ワキ方の能楽師の門をたたいてプロになった人で、下掛宝生流の能楽師です。能に対する熱い思いがほとばしっていて、一人でも多くの人に能に触れて、能の良さを知ってもらいたいと念じている人です。

私は薪能、狂言など、何回か見たことがありますし、若い頃に能に夢中になっていた人も出会ったし、職場に金春流の人もいましたが、残念ながら私は能に魅せられることはありませんでした。本書を読むと、私の心の能への扉が開かれていなかったみたいです。

本書は
はじめに
第一章 能はこうして生き残った
650年続いた理由

第ニ章 能はこんなに変わってきた
第三章 能はこんなふうに愛された
第四章 能にはこんな仕掛けが隠されていた

第五章 世阿弥はこんなにすごかった (この辺りから面白くなっていきます)

第六章 能は漱石と芭蕉をこんなに変えた (そうか、謡や能は必須の教養だったのですね。良いものだけが長く残っていくのですね。) 

第七章 能は妄想力をつくってきた (この章が一番面白かったです)

第八章 能を知るとこんなにいいことがある (蛇足の感あり)
〈付録〉「能を観たい、習ってみたい、知りたい」方へ

著者は能は過去のものではなく、「今に生きる」、「今に活かせる」芸能だということを語りたかったのだと思います。

この本を読んでほんのちょっとだけ能の基礎知識ができたので、忘れないうちに観たいものだと思います。

*****
インフルエンザが大流行しているとか。今のところ免れていますが、孫のかい(6歳)がかかってしまい、今登園停止となっています。
皆様もくれぐれもマスク、手洗い、うがいをお忘れなく。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 雪 (鎌倉&横浜) | ホーム | あけましておめでとうございます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。