プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『劇場』又吉直樹

10月に気管支に来る風邪を引きました。夜にはなると毎晩熱っぽく、電池切れになったようにエネルギーがなくなり、長引きました。やっと良くなりました。今年の風邪は要注意です。

本書は『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹の第2作です。200ページの会話文の多い作品で、すぐ読めます。

「演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った――。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまでもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。」

ミーハー的期待をして読みました。これは恋愛小説なのかな?前作同様、青年期の成長物語だと思いました。

主人公の僕(永田)は、中学でクラスメート、野原と知り合います。彼は音楽、映画、文学、格闘技に詳しく、議論し合うようになります。彼と同じ高校に進学し、演劇部に所属し、小劇団の演劇を見るようになります。僕は台本を書き、野原と作り上げていきます。卒業後上京し、野原と一緒に劇団「おろか」を立ち上げます。その小劇団で脚本を書き、演出もします。だが、「おろか」は世間から酷評され、永田はバイトをしながら食うや食わずの生活を送っていました。

 ある日、街で見たけた女性に、声をかけます。彼女は沙希といい、服飾系の大学に通いながら、女優になる夢を持っています。いつしか、金の無い永田が沙希の家に転がり込み、同棲することになります。明るく屈託のない早希はある種尊敬の念を持って永田と暮らしています。
田舎の両親からの仕送りとバイトで暮らす沙希。ますます演劇にのめり込んで、収入のない僕。

途中まで前作の二番煎じと感じ、がっかりしましたが、後半になるにつれて良くなってきたと思います。演劇の世界のことはわかりませんが、演劇は。集団で作り上げて行く芸術でなので、自分の理想を追求していく辛さは想像できます。意見のぶつかり合い、自分の才能に対する自信と揺らぎ、認められた者への嫉妬、優しく受け入れてくれる女性への甘え、それに対する自己嫌悪、葛藤、もがき。この部分がとてもいいです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 『本日は、お日柄もよく』 & 『総理の夫』 原田マハ & テレビドラマ「民衆の敵」 | ホーム | 『 i  アイ 』 西加奈子 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム