プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『リチャード三世』シェークスピア 訳 木下順二

今日はちょっと旅行記を中断して、シェークスピアです。

このところ、なぜかシェークスピアづいています。9月末に「ハムレット」のお芝居を見ました。1月に朗読劇「間違いの喜劇」の切符を手に入れました。(小田島雄二訳で、小田島先生が解説をなさいます)

そして、先日英語の会で「Shakespeare Explains the 2016 Election」という記事を勉強しました。米選挙結果がでる前のNewYork Timesの10月8日発行の記事です。

シェークスピアは15世紀薔薇戦争の時代の英国王、残忍で知られたリチャード三世を取り上げ、いろいろな人物を登場させています。

記事のライターはStephen Greenblatt氏で、この登場人物を、何もせず黙認する人(enabler)を5つに分類し、投票を呼びかけています。

そして、"Not speaking out-- simply not voting--is enough to bring the monster to power."
"Do not think it cannot happen, and don not stay silent or waste your vote"
と結んでいます。

その後で次期米大統領はドナルド・トランプと決まり、今、世界中でどうしてこういう結果になったのか分析が行われています。

英語文中にリチャード三世からの会話が挿入されておりました。前後関係もわからないその台詞はわかりにくかったです。原書は読めないので、訳本を読んでみることにしました。

戯曲なのですぐ読み終わるだろうと思ったのに,とんでもない。登場人物は王も王妃のせりふは格調高く、あまりにも雄弁で、芝居がかっていて(芝居ですが)読みにくい。

主な登場人物(ネットより引用)

<ヨーク家:白薔薇>
・リチャード:主人公。ヨーク家の三男。狡猾で残忍な性格。生まれつき奇形。
・エドワード四世:王様。ヨーク家の長男。リチャードとジョージの兄。
・ジョージ:ヨーク家の次男。リチャードの兄、エドワード四世の弟。
・王妃エリザベス:エドワード四世の妻。
・エドワード王子:皇太子。エドワード四世と王妃エリザベスの息子。
・エリザベス姫:エドワード四世と王妃エリザベスの娘
・バッキンガム公:リチャードの腹心

<ランカスター家:赤薔薇>
・ヘンリー六世:ランカスターの王。
・マーガレット:ヘンリー六世の妻。
・アン:ヘンリー六世の王子エドワードの妻。その後、リチャードの妻。
・リッチモンド伯:リチャード三世を倒し、のちにヘンリー七世。

なんせ名前が同じでちょっと間が空くと人間関係がわからなくてなってしまいます。
戯曲はやはり読むものではなく、耳で聞くものと痛感しました。読むと台詞に強弱、間がありません。時に、大事な台詞が流れていってしまいます。それに舞台なら登場人物は衣装も着ているし、それぞれの役を演じているので、それらしい台詞回しもありましょう。

200ページ余りの本でしたが、なかなか難解でした。大統領選でシェークスピアを引用する教養には脱帽ですが、日本だったら、シェークスピアに相当する作家は誰でしょうか。もっと前なら紫式部?いやいや源氏はとても引用などできません。時代が下りますが,漱石ですかね。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 『伯爵夫人』 蓮實重彦 | ホーム | イスラエル旅行 8 再び旧市街 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム