プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

イスラエル旅行 8 再び旧市街

10月29日 夕方

エルサレムは標高800mにあります。日中は結構暑いのですが、木陰に入れば涼しく、朝夕は羽織るものが必要なくらい寒暖差があります。

今回の旅行で知ったユダヤ教についてちょっとメモ

ユダヤ教を信仰している人には習慣文化としている人たち(世俗派)やキッパ(丸い小さなお皿のような帽子)をかぶっている保守派がいますが、基本的に戒律を守っています。613の戒律(ミツヴァ)があります。

金曜の日没から土曜日の日没までは安息日(シャバット)なので、仕事をしません。ですからバスもほとんどの店も休みとなります。

ユダヤ教では、食べてよい食物と食べてはいけない食物を定めています。イスラム教より厳しいと言われています。この律法のことをヘブライ語でカシュルート(適正食品規定、食事規定)といい、食べてよい食物のことを一般にコーシェル(KOSHER)といわれます。

コーシェルではない食べ物に豚肉、エビ、カキ、タコ、イカなどがあります。チーズと肉を一緒に食べてはいけません。

服装では超正統派は小さいお皿のキッバの上に山高帽をかぶり、長いコートのような黒い服を着ています。男の子は3歳までは髪を切らず、そのあとはもみあげ以外を切ります。

正統派は山高帽に普通の背広を着ています。山高帽は外出用だそうです。

ユダヤ教では女性は独身時代は顔を隠すこともありません。超正統派、正統派の人と結婚した女性は髪を隠しています。剃ってカツラを被っている人もいるそうです。ストッキング、長めのスカートをはき、顔と手以外は出さず、地味な服を着ています。


さて夕方再び旧市街に戻ってきました。ダマスカス門から入って、イスラム地区を歩きました。
がらっと雰囲気が変わります。イスラムのベールをかぶった人が行き交い、写真を撮られるのを嫌がる女性が多いです。

DSC_1650_convert_20161118181421.jpg

DSC_1665_convert_20161118181442.jpg

キリスト教地区へ戻り、ゴルゴダの丘に建つ聖墳墓教会に三たびやってきました。

きれいなネコちゃん 古い建物によく似合います。
DSC_1683_convert_20161118181501.jpg

DSC_1702_convert_20161118181534.jpg

外観
DSC_1800_convert_20161118181555.jpg

キリストが処刑された地点と言われ,ヴィア・ドロローサの最終塁となっています。
DSC_1866_convert_20161118181632.jpg

DSC_1820_convert_20161118181611.jpg

祈る人々
*DSC_0739_convert_20161117113221


ホテルへの帰り道 シスターたち

DSC_0623_convert_20161117110334_201611191142347c2.jpg

DSC_1917_convert_20161118181652.jpg


この日の夜中の0時から冬時間になりました。それで時計を一時間遅らせました。日本との時差は7時間となりました。これが帰路イスタンブールで飛行機に乗り遅れ、アタチュルク空港で24時間滞在することになった原因です。空港で時計を修正する必要があったのに、添乗員をはじめ誰も気がつかなかったのです。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 『リチャード三世』シェークスピア 訳 木下順二 | ホーム | イスラエル旅行 7 エルサレム 新市街 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム