プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『異類婚姻譚』 本谷有希子

本書は今期の芥川賞受賞作品です。今回もダブル受賞でした。

著者本谷は1979年石川県生まれ。「劇団、本谷有希子」を主宰し、作・演出も手がける多才人です。芥川賞候補4回目での受賞。本谷は配偶者あり。そして1児の母。

「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作」

WIKIによれば、異類婚姻譚とは、人間と違った種類の存在と人間とが結婚する説話の総称。世界的に分布し、日本においても多く見られる説話類型だそうです。

登場人物名が全部カタカナで通称のようで覚えにくい。主人公はサンちゃん。
長年連れ添った夫婦って似ているカップルが多く、特に雰囲気が似ている夫婦は仲がいいというのが私の持論です。

家に帰ったら,何にもしたくない、何も考えたくないという旦那で、とろけそうな毎日を過ごしている。そして顔も崩れていって、同化していく。夫婦が、蛇同士が飲み込み合って蛇ボールになるのと同じというちょっと薄気味悪い、背筋がぞっとするような話でもあります。説話、譚って、みんなちょっと不気味なところがありますね。

うちの中であたり構わずおしっこをするキタエ(古いカタカナのエ)のネコ、サンショ。
娘のうちのネコ、ミミもおしっこたれ。かいくんもおねしょもなくなったのに、ミミは相変わらずおしっこたれの様子。治らないとサンショのようになっちゃうよ。。。

あるときから揚げ物を揚げ続ける旦那。
「あなたはもう、旦那の形をしなくていいから、好きな形になりなさいっ」

揚げ物やら、芍薬やら、何やら違和感が残ります???
独創的というか、ヘンなお話なのですから、当然なのかもしれません。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 『死んでいない者』by 滝口悠生 & お葬式 | ホーム | 早春の三浦半島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム