プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『夜また夜の深い夜』by 桐野夏生

この意味深なタイトルはフェデリコ・ガルシア・ロルカ「スペイン警備隊のロマンセ」の一節よりと記載されています。

さすが桐野の本だけあってあっという間に読み終えました。

アジアで生まれ、ヨーロッパで育ち、日本を知らない18歳の少女、舞子が主人公です。舞子はナポリのスラム街で母親と二人で暮らしています。
小学校しか行ったことがなく、それ以後は母親が勉強を見てくれたり、母親の知り合いから届く雑誌を読んで自学自習で育ちました。

母親は何やら秘密がたくさんあるようです。何かから逃げるように世界を点々と移り住んできました。母は一体どんな罪を犯したのか。母娘とも名前を場所場所で替えて生きてきました。舞子の名字は何?母の本当の名前は何?父親は誰?どうして母は整形を繰り返し、世間から逃げているのか?

舞子は、雑誌で知った自分と素性の似ている七海という女性に宛てて、11通の手紙を書きました。この手紙が本書の流れを作っています。この七海はパレスチナの赤軍闘士、重信房子の娘メイがモデルのようです。母は舞子との暮らしにいろいろな「OKITE」を作り、誰にも本名舞子の名を教えてはいけないと厳しく言います。舞子は七海にだけ、誰にも言えない自分の気持ちや日々の出来事を日記のように手紙に綴ります。

舞子はある日、「MANGA CAFE」と書かれたチラシを持った日本人男性シュンに呼び止められ、それをきっかけにカフェに通い漫画を読みふけるようになります。舞子は漫画から日本を学んでいきます。

ある日母親と口論し、家を飛び出し、シュンに助けを求めますが拒絶されます。路頭に迷った舞子はある男と出会ったり、リベリア出身のエリスとモルドバ出身のアナという二人の女性に出会います。彼女たちは故国から迫害の逃れて辿り着いた不法難民。ここからは『東京島』を思い出すような、縦横に広がる地下のサバイバルゲームが始まります。この二人は舞子にできた初めての友達です。

やがて舞子は自分と母親が何者で、何から逃れているのか。どうして海外を流転しているのかを知ることになります。ここまで内戦と難民、無国籍の子供たち、ナポリのゴミ問題、宗教問題など桐野らしく読ませてきたのに、舞子親子が流浪の民となった理由はなんとも腑に落ちません。もう少し説得力を持たせられなかったのでしょうか。

後半まで引き込まれるように読めるのに、最後のどんでん返しが納得のいくものであったらと思いました。
う〜ん。。。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< キッチン取り壊し | ホーム | 夏越の祓え(なごしのはらえ) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム