プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ミャンマー旅行(7)マンダレー−2

マハムニパゴダを見学してから、金箔工房へ行きました。参拝する人々は薄い金箔を買って、仏像に貼付けます。
ですから、仏像はどれも金ぴかぴかで、上座部仏教の人々にとって金はとても身近なものです。

竹の皮を3年間水に漬け、柔らかくなったものを乾燥させてから叩いて薄く延ばし、その皮に金粉を包み、竹の皮でくるんだものをこうして木槌で打って、薄く伸ばすのです。大変な力仕事で、ロンジーを巻いた若い男性が4分ごとに入れ代わります。
DSC_2607_convert_20141203180045.jpg

この4分を知らせるのがこの水時計。今どき何たるローテク。でも、何となく優しい。

DSC_2626_convert_20141203213540.jpg

街に出ると道路には露天が並びます。マーケット同様、野菜を売ったり、道具を売ったり。
DSC_4315_convert_20141203212119.jpg

タマリンドの切り株でできたまな板。タマリンドはマメができる大木。このタマリンドのフレーク菓子を買って帰りました。食後に口に含むとさっぱりします。
DSC_2646_convert_20141203211018.jpg

新聞も売っています。ちょっと顔を出した少女
DSC_2688_convert_20141203211453.jpg

ミャンマーでは、よく女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っています。これは、タナカと呼ばれ、昔からミャンマー人がよく塗っている、ミャンマーの伝統的なおしゃれだそうです。タナカの木をすりつぶして粉にしたもので、肌色~黄色の粉は、日差しから肌を守り、肌を白く見せてくれる、日焼け止めやニキビなど肌のトラブルにもよく効くそうです。時々頬にタナカで木の葉や花の模様を書いている少女もいました。

街角でお茶をして、マンウォッチング。

その後旧王宮へ
旧王宮はコンバウン朝のミンドン王が1857年から建設、これがミャンマー最後の王朝。
1辺が3キロ、ほぼ正方形で、城壁に囲まれている。東西南北4本の橋で市街とつながっています。

橋の上から この日もいい天気
DSC_4344_convert_20141203212146.jpg

円筒形の監視塔の階段を上って撮影
DSC_4358_convert_20141203212214.jpg

DSC_4362_convert_20141203212244.jpg

ヤンゴンから来た華僑の女生徒たち みんなきれいな民族衣装を着ていました。
DSC_2719_convert_20141203211523.jpg

大きな木の幹に家型の箱が結びつけられているのをよく見ました。「ナッセイン」と呼ばれる精霊の祠です。
上座部仏教以外に日本と同様、自然信仰アニミズムのようなものがあるのでしょう。
DSC_2747_convert_20141203211741.jpg

シュエナンドー僧院 ミャンマーでは珍しく渋目の僧院です。ちょっとほっとします。微細な彫刻が施されています。
DSC_4399_convert_20141203222605.jpg

DSC_2773_convert_20141203222659.jpg

中も
DSC_2782_convert_20141203211842.jpg

DSC_2781_convert_20141203222629.jpg

優しいお坊さんに会いました。そのお坊さんの家族のようです。
DSC_4410_convert_20141203222730.jpg

クトドーパゴダに行きました。729の小仏塔にそれぞれ経典を刻んだ石版が納められています。

小仏塔の前にいた若いお母さん 16歳とのこと。ミャンマーも都市部では晩婚化が進んでいるそうです。
DSC_2868_convert_20141203211919.jpg

夕方になって、登山専用のトラックに乗って15分、旧王宮の東北に位置する小高い丘、マンダレーヒルに行きました。みな裸足になって、エスカレーターに乗って上がりました。

正に夕陽が沈もうとしています。
DSC_2919_convert_20141203212019.jpg

夕陽が沈むと街の灯りがぽつぽつと見えました。
DSC_2971_convert_20141203212046.jpg

マンダレー泊

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< ミャンマー旅行(8)マンダレー〜アマラプラ | ホーム | ミャンマー旅行(6)マンダレー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム