プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

思い出よ さようなら

この年の瀬に長年放置していた物置を解体することになりました。隣家のご協力があってのことです。

4畳ほどの物置には私の両親が使わなくなった物をしまっていました。亡くなってから、部屋の荷物の整理はしましたが、物置はそのままになっていました。母は思い出を大切にする人でしたので、捨てられなかったモノがたくさん詰まっているだろうと思っていました。

下駄、タオル、手ぬぐい、風呂敷、着物がたくさんたくさん出てきました。特に足袋、下駄がたくさんありました。母から東京大空襲で、履物も履かずに逃げまどった時の辛さから履物は捨てられないと聞かされていました。

母のメモ書きとともに出てきたのがこれらの衣類です。

シミだらけの帯 柄もとてもクラシックです。
DSC_1957.jpg

DSC_1961.jpg

DSC_1960.jpg

これは私が0歳の時に着た物だそうです。
DSC_1963.jpg

私がこれを着た写真が残っています。こういう時代だったのですね。
DSC_1969.jpg

これは4歳頃着たフレアのワンピース、この服がとても好きだった記憶が残っています。シミだらけでした。
DSC_1971.jpg

このブラウスも
DSC_1975.jpg

写真を撮って処分しました。

それから私のおひな様が出てきました。母のメモ書きとともに。
おひな様はどこに行ってしまったのだろうと探していた物でした。母は毎年桃の節句になるとおひな様を出していました。メモにはその年の出来事とともに「今年もおひな様に会えて嬉しい」と書いてありました。亡くなる前の年まで自分で出して愛でていたようです。

20年以上物置にあったものですから、おひな様はダメになってしまいました。木目込みの小さなおひな様でしたが、私も大好きでした。どうしてちゃんと物置を探さなかったのだろう。せめて部屋の中にさえあれば、こんなことにはならなかったのに。。。毎年、娘のおひな様を出すので精一杯でした。。。
おかあさん、大切にできなくて、本当にごめんなさい。

悲しくて、後悔の断捨離の一日でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< イルミネーション(4)みなとみらい on クリスマスイヴ | ホーム | あと1日 (我が家のクリスマス) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム