プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

国際交流会

国際交流会の撮影を頼まれて出かけました。

1時間ほど早めに着きました。懐かしい方々にご挨拶。15年ほど前にもちょっと写真を習っていて、そのころも撮影係を仰せつかって、何年かこうしたイベントの写真を撮っていました。そのときはフィルム時代でしたが、いろいろなことを知らなかったので、気楽に撮っていました。

外は雨、思ったより照明も暗い。まずは数枚撮ってみました。ISOを1600にしてもシャッター速度は上がらない。仕方がないので絞りを開放に。それでもレンズが300mmの望遠なので、ぶれるかぶれないかのぎりぎりライン。ン〜。困ったなあ。もっと明るいレンズがあればよかったのかな。

なるべくしっかり構えてぶれないよう、シャッターを切りました。外国人のお客様が続々と来場しました。
DSC_7450_2013112122174284e.jpg

メインイベントの落語のワークショップと落語が始まります。
落語家の林家きく麿師匠です。後ろには金屏風。明るくすると金屏風が白とびしそう。

DSC_7495_20131121221743223.jpg

通訳はいるのですが、きく麿師匠は英語は不得意なのか、笑いを取るためなのか、とにかくbroken Englishで笑わせながら、どんどん進みます。

扇子が箸やペンになり、手ぬぐいが携帯になりました。いよいよワークショップです。
DSC_7530_201311212217453d4.jpg

高いステージからさらに高座を設置、立つと天井にぶつかります。
高座に上がった外国人、熱々の肉まんを食べるそぶり、なかなか上手でした。
DSC_7560_20131121221746b05.jpg

肉汁が滴ってきたのを舐める様子。
DSC_7601_2013112122174742b.jpg

こんな可愛い少女も高座に上がりました。
DSC_7653_201311212220275a9.jpg

演目は「時そば」、ズルズルとすごい音を立ててそばをすすります。といっても実際そばを食べている訳ではありません。外国人はこの食べているときの音を無作法としてひどく嫌います。これは音だけですが、まあ、実際に食べている時よりすごい音が延々と続きます。どう思ったでしょうね。

歓談の合間に折り紙、囲碁将棋など日本文化の体験コーナーがあります。
DSC_7748_2013112122203042f.jpg

将棋、
DSC_7747_20131121222029f93.jpg

書道
DSC_7778.jpg

茶道
DSC_7868.jpg

閉会の挨拶が行われてもまだイベントコーナーからに人が連なっていました。

楽しく写真を撮ることができました。家に帰って写真を開きました。書道コーナーを重点的に撮るように依頼されていましたが、3畳ほどの白い下敷きと白い用紙、窓際なのにあいにくの天気で自然光は弱く、照明も弱い。テーブルを囲む人たちはやはり暗いです。それから光量不足でスナップはやはりぶれている写真も多い。記念写真だけはしっかりピントが合っていてホッとしました。

撮った枚数は約600枚。うち約500枚残しました。そこから270枚を選びました。通常600枚撮影しても作品にするのは多くて10枚。それが270枚もあるのです。撮って出しをする訳にもいかないので、一枚一枚補正していきました。

2週間かかってやっと補正を終え、データで送りました。
使えるいい写真があったでしょうか。プロはお客様のニーズにあった写真を撮らなければなりません。そしてそのチャンスは一度限りです。プロって大変だなあと思いました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 叱られると | ホーム | ゆうたんのピアノの発表会 >>


コメント

大役!

wakoさん、こんばんは。
無事に終わりましたね。
国際交流、大きな催しですね。
そこに立ち会われて、写真を撮っていくwakoさん、生き生きとしていたことでしょうね。
かなり難しい条件の中、よく撮れましたね。
大量の写真の補正も大変でしたね。

すばらしい!!お疲れ様でした。

マーサさん、ありがとうございます。
やはり難しい状況下では、フラッシュを使いたいと主催者側に言うべきだったかと反省もしています。でも、フラッシュはうまく使えないので、好きじゃないんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム