プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

おわら風の盆

写真の整理がつかないまま、写真が溜まってしまい、間に写真展などが挟まり、すっかり更新が遅くなってしまいました。

9月におわら風の盆を見てきました。40年前に五木寛之の風の盆の本を読んで以来、一度行って見てみたいと思っていました。この風の盆を背景にしたお話は私は五木寛之の本だったと思いこんでいましたが、有名な方は高橋治著、1985年の『風の盆恋歌』です。頭がすっかり混乱してしまいました。
私が読んだと思われる五木寛之の本は1970年代で、おわら風の盆を舞台にした「風の柩』です。「おわら風の盆」は高橋治の「風の盆恋歌』により広く知られるようになったそうです。

さて「おわら風の盆」舞台はは越中富山の八尾(やつお)町です。朝バスに乗り、午後3時前に着きました。落ち着いた佇まいのしっとりした町でした。

坂のある石畳が素敵です。
DSC_4460.jpg

DSC_4598.jpg

こんな雪洞が下げられています。
DSC_4452.jpg

家の玄関先はこんなにクラシックで、それでいてモダンです。
DSC_4486.jpg

DSC_4508.jpg

DSC_4541.jpg

玄関のお花もこんなにきれい
DSC_4577.jpg

胡弓の哀調を帯びた音が聞こえるので覗いてみると、若者が出番前の最後のレッスンを受けていました。
DSC_4647.jpg

髪を結う姉妹
DSC_4675.jpg

素敵な玄関先
DSC_4726.jpg

だいぶ暗くなって雪洞も点灯し、着物を着た少女が出てきました。間もなく始まります。諏訪町、上新町をはじめ11の町の保存会の連(といっていいのかな)が町流しをします。
DSC_4747.jpg

DSC_4728.jpg

人もぎっしりです。連に連れて移動するなんてことはできそうにありません。
DSC_4797.jpg

こんなに暗いのにフラッシュ、ライト、三脚、一脚は禁止です。ゆったりした静かな動きの踊りです。
DSC_4837.jpg

この胡弓の音色が何とも切々と響きます。
DSC_4802.jpg

男踊り
DSC_4888.jpg

それぞれの連によって着物も違います。踊り子さんは未婚女性とのこと。顔は見えませんが若いです。

DSC_4909.jpg

DSC_8228.jpg

大輪踊りや観客も踊りに加わったり、ステージで見やすい踊り(ここはストロボもOK)もあったのですが、それも見ていません。私が見たのは町流しだけでした。わずかな雪洞の照明を頼りに写真を撮るので、場所を移動すると町流しも撮れなくなってしまいそうだったからです。

一緒に行った仲間から離れ、バスの集合までずっと一人でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 秋便り 3 秋空 in 立山 | ホーム | 秋便り 2 常泉寺 羅漢さまと彼岸花 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム