プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』by 村上春樹

またまた旅行記を中断して、村上春樹の話題作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage』です。発売当初は図書館の予約機能も停止させた人気作をTさんが貸してくれました。一気に読みました。


主人公多崎つくるは36歳。高校時代の固い絆の5人(つくるを除く他の4人の姓には色があり、男性はアカ、アオ、女性でシロとクロでお互い色で呼び合っていた。)から理由も告げられることなく、大学2年の夏に突然絶縁されて、それから半年自己喪失状態となり、死の淵をさまよった。16年経ってもそんな過去を心のどこかで引きずるつくるは年上のガールフレンド木元沙羅に過去を無視せず、直面すべきだとうながされ、16年ぶりに4人の仲間を訪れる。この年が「彼の巡礼の年」。

つくる達は名古屋の高校生。どうして名古屋が場面なのだろうか。村上は京都出身、兵庫県で育っている。

筋だてそのものは、前回読んだ駅伝の『風が強く吹いている』同様のあまい懐かしい青春小説のようでもあるが。

主人公つくるは東京に進学し自由が丘に住み、高校時代から好きだった駅の設計を勉強すべく、東京工業大学?に進学する。完全な共同体だと思われた4人に絶縁され、外見も見分けられないほど変貌し、死の淵から浮上する。大学時代にも灰田(シロとクロの中間色)というまた色の名を持つ友達もできる。この友達も何も言わずにつくるから去っていく。

つくるは鉄道会社に就職して駅を「作る」仕事をする。真面目であまり感情を表出しないつくるは人間関係も希薄だ。

そして36歳になった主人公は、恋人に励まされて、封印されていた歴史と向き合おうとする。明らかになっていく衝撃的な事実。

本書は東日本大震災と津波、原発事故の後に書かれた本です。しかし村上はあえて直接的には何も語っていません。村上特有の乾いた文体で、痛みを抱えつつも、形あるものをつくることで、前に進んでいこうとする人間の姿を描いていて、爽やかでもあります。

バックに流れるクラシックやジャズ(ジャズピアニストは緑川)、それにプールで泳いでいるときの静寂、それぞれの持つ色彩と色彩を持たないつくる。それぞれのエレメントが際立っています。読後私にはどれも曖昧なままですが、そのどれも淀んだものではなく、余韻の残る小説です。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< ベトナム旅行 8 (4日目 ファンティットの漁港) | ホーム | ベトナム旅行 7 (3日目 漁港) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム