プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

シルクロードの旅(14)雑感

今回のシルクロードの旅はせっかく広大な国に行ったのに雄大な景色を見ることもありませんでしたし、(冠雪の崑崙山脈は遠くから見られましたが)世界遺産も見ませんでしたし、通常のツアーでは経由地として一泊する地に3泊するという旅行でした。お土産屋に立ち寄ることもありませんでした。

この地に滞在した訳ではないのですが、親切でよそ者を受け入れてくれるポスピタリティー豊かなウィグルの人々のおかげで、今までにないいい旅行ができたと思います。写真を撮られることを嫌がらない人(特に男性、子供)が多かったので、写真もたくさん撮れました。

何軒かのお宅ではお家の中まで入れていただき、果物やらお菓子をいただきました。共通言語が全くなかったにもかかわらず、それなりの心の通い合いもあり、いいコミュニケーションがとれていたと思います。

添乗員さん、現地ガイドさんがいい村を選んでくださったのだと思います。
私は行きたいところとして、学校見学、炭坑採掘などを提案しましたが、学校については事前に当たってくださったのに、許可が下りなかったとのこと。そして炭坑は片道2時間半ぐらいかかるところだということで、行かれませんでした。

メンバーの中には高齢の方もいて、みんなと同じ行動をとるのが大変でしたが、同室の人、お仲間の人がよくお世話をしていました。そして添乗員さんが荷物を持ったり、ずいぶん支えてくださっていました。

添乗員さんは大変よく気がつく方で、お食事も落ち着いて食べる時間もなく、打ち合わせをしたり、交渉したり、さぞ大変だったことと思います。でもけが人も、病院へ行くような具合の悪い人も出ず、皆無事に帰国できました。
ただ、現地ガイドさんからでもバスの中でもう少しこの地についてのレクチャーがあったらよかったのにと思いました。

最後に中国のトイレ事情について

今回の旅行では添乗員や以前シルクロードへ行ったことのある友達から、トイレットペーパーを持っていった方がいいとのアドバイスを受け、スーツケースに2ロール入れました。

以前中国へ行ったのはまだ北京オリンピックの前で、主に東海岸でしたが、北京のトイレはどの個室も鍵が壊れたままで、女性が二人一緒に一つの個室に入り、大声で話しながら用を足していたのにびっくりしたのを覚えています。

それ以前に中国へ行ったことのある人たちから、中国のトイレ事情について、いろいろ聞かされていましたが、そのような個室ではないびっくりトイレに入ることはありませんでした。

上海の空港もホテルも東京のトイレと変わりませんでしたが、ウルムチの空港のトイレはもうトイレットペーパーはなく、清掃が行き届いていないトイレでした。

今回は砂漠地帯なので水事情が悪く、まずどのホテルでもトイレットペーパーは流すと詰まってしまうので、流さないようにと言われ、備え付けのバケツに入れることになっています。ホテル備え付けのトイレットペーパーは紙質も悪く、小さな巻きで何度も使わないうちになくなってしまいました。

旅行者が使えるトイレはないことが多いので、ガイドさんがお店の人に交渉して使わせてもらったり、有料トイレを探したりしてくれました。それでもトイレが男性のシャワー室で、その中の一つの個室がトイレになっていて、シャワーから出て来て体を拭いている男性のそばで、私たちおばさんたちが並んでトイレに入ったり、有料なのに全く掃除もしてなかったり、鍵のないことがあったり、使用済みの紙があふれていたりしているトイレもありました。

和田(ホータン)からカシュガルまでの移動はタクラマカン砂漠の裾を走ります。時々村々があるのですが、トイレはそういう村ではなく、人気のないブッシュの中の青空トイレとなります。最初はどうしようかと思いましたが、臭いトイレに入るよりはずっとまし。それでもホテルまであと1時間半ぐらいと聞けば、トイレをパスすることになりました。私自身はトイレが遠いのでそう頻繁に行かなくてもすみましたが、トイレ休憩の度に行く人はさぞ大変だったと思います。

臭い話を長々とゴメンナサイ。でもどこへ行ってもきれいなウォシュレットが使える日本はいいですね。日本のトイレは世界一だと思います。

中国へ行くなら、今回のキャラバントラベルはお薦めです。
そして最後にこの旅行を1年がかりで計画してくださった二人のKさん、Sさん、ありがとうございました。

近い将来、日中関係に不安がなくなったら、敦煌や莫高窟に是非行ってみたいと思っています。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 誕生日とスイミング | ホーム | シルクロードの旅(13)カシュガルから上海へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム