プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

米国南部の学校

このところ仕事も本格的に始まり、忙しくて,なかなかブログが更新できません。何かまとまって書きたいと思うから,なかなか書けないわけなので、書いたところまでをアップすることにしました。9月23日からノースカロライナで行われたワークショップについてです。

Fall Workshop in Charlotte
到着まで
9月23日より、ノースカロライナのシャーロットで行われるJOI(Japan Outreach Initiatives)のワークショップに参加した。主な目的は南部の学校見学と中高生を対象とした授業計画だ。シャーロッツビルからシャーロットまで飛行機代が600ドルだが、日曜日に帰着すれば半額、ヴァージニアの州都,リッチモンドからシャーロットまでなら157ドルだ。リッチモンドまで86マイル(140キロ)ほどだ。これは車も購入したことだしリッチモンドまで車で行くしかない。そう判断してリッチモンド―シャッロットの往復切符を早くに購入していた。
ところが、車の購入も遅れ、忙しくて全然運転練習をする時間がなく、ナビゲーションまで買ったものの、使い方のマニュアルを読む時間もない。不安の夜道を行くより,グレイハウンズで行こう。グレイハウンズの駅には駐車場がないが、アムトラック駅に車を停めれば徒歩で10分もかからない。グレイハウンズの始発は午前4時20分、4時までに着いた方がいいと言う。
朝3時40分に車で家を出た。バスは時間通りに出発し、リッチモンド駅に着いたのが5時半頃。そこからタクシー。チップ込みで35ドル。タクシー代まで請求できないと思っているうちに領収書をもらうのを忘れてしまった。空港で待つこと3時間半。時間通りに飛行機が動き出したと思ったら,機内放送で30分遅れると言う。もう、間に合わない。飛行機が止まり,シートベルトサインが消えるのを待ちかねて電話をしたら、マリさんが待っていてくれると言う。出口が見つからず,空港中を駆け回るはめになったが,やっとマリさんの車を見つけ、そのままHuntingtowne Farms Elementaryに行った。他の人はもう先に学校に着いており、授業見学が始まっていた。

南部の学校
アメリカでは入学年齢も日本のように厳密ではなく、州によって違い、また端境の誕生月の子供については両親に選択権がある。全般に日本より半年早い入学のようだ。こちらのK つまりKindergartenは義務教育で、教育制度の中に取り込まれている。6th gradeから、Middle School またはJunior High School となる。Middle School とJunior HSは教育哲学に違いがあって、大まかに言うとMiddle School は学生中心主義で、学生の協調、情操、創造、実験などを重んじ、カリキュラムも柔軟だが、Junior HSでは競争させることで意欲をかき立て、知識の習得に重点が置かれ、学校間のスポーツ大会も盛んだということだ。(よくご存知の方、教えてください)

ノースカロライナ州にはユニークな教育理念を掲げ,広範囲から生徒を集めているMagnet schoolという公立校が全州で69ある。見学したHuntingtowne Farms ElementaryはK-5(kindergarten、アメリカで幼稚園の年長から学校教育に取り込まれ、義務教育である。5は5年生)のInternational Baccalaureate Elementary Schoolで、Global educationを目指している。

このマグネットスクールが誕生した背景には人種問題がある。1971年に黒人の両親によって起こされた、すぐ近くに学校があるのに入学できないのはおかしいと言う訴訟(最高裁間で争われた訴訟)により、人種統合を目指し、スクールバスで広く学生を集めることとなった。しかし、2001年に白人の両親から起こされた訴訟により、当初の人種統合の目的は達成されたとして、バスシステムは廃止され,再び、白人と黒人の分離が始まった。彼らの住む地域が異なるためだ。
その中で統合を目指す意図でこのマグネットスクールが始まったのだ。教育理念も高く、応募も多いため,選抜のための抽選が行われている。

実際の授業見学についてはまた後日。



テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

<< ピクニック | ホーム | Charlottesville の人々 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム