プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

比叡山坂本

25日朝、新横浜6時18分発ののぞみに乗って出発しました。

車窓から見えた富士山はきれいでした。前日まで雨だったのに上天気。
DSC_9318_convert_20110527231447.jpg

京都から湖西線に乗って、比叡山坂本着8時37分。新幹線は速いなあ。

駅から比叡山ケーブル駅まで坂本の町を探索しながら、歩きました。雨上がりの新緑が瑞々しく、歩く町の人も観光客も少なく、町はゴミ一つなくきれいで、朝の陽光に輝き、静かでした。

坂本は延暦寺の門前町でした。都への交通の要となっていたため、一大商業地としても栄え、比叡山は仏教の母山として君臨していました。織田信長は家臣の森可成に坂本に城をつくらせて、力を持った延暦寺を監視させていました。織田信長が1571年、比叡山を焼き討ちにし、坂本の町も灰となったそうです。その後、明智光秀に坂本城が与えられましたが、羽柴秀吉によって坂本城も焼け落ちました。

坂本は石積みの町。穴太衆積み(あのうしゅうづみ)と呼ばれる石垣がどこまでも続きます。
DSC_9341_convert_20110528003740.jpg

DSC_9373_convert_20110528004347.jpg

DSC_9403_convert_20110528004835.jpg

DSC_9399_convert_20110528084725.jpg

桜も藤もつつじも終わってしまい、彩りに欠けるのが残念ですが、小さなお花が石垣から覗いていました。
DSC_9354_convert_20110528090224.jpg

DSC_9468_convert_20110528121708.jpg

それぞれに屋根も瓦も立派です。
DSC_9395_convert_20110528142259.jpg


旧竹林院に入りました。延暦寺の里坊の一つで、桃山様式の庭園があります。(里坊とは比叡山で修行を積んだ老僧侶たちが天台座主の許しを得て住み込む隠居坊で、坂本には50余りの里坊がある)
DSC_9413_convert_20110528005425.jpg

石槲(せっこく)展をしていました。
DSC_9427_convert_20110528085313.jpg

DSC_9425_convert_20110528091036.jpg

苔むした庭はしっとりした趣がありました。2棟の古い茶室と四阿がありました。
DSC_9431_convert_20110528005829.jpg

日吉大社は大きな社ですが、入り口のみ
DSC_9454_convert_20110528143946.jpg

苔で覆われた石垣
DSC_9472_convert_20110528153824.jpg

旧白毫院(芙蓉園)でぜんざいを食べました。大きな庭園に穴太衆積みの石垣の洞窟がありました。
DSC_9639_convert_20110528154626.jpg


比叡山へ行ってから、また坂本の町を歩きました(比叡山については後ほど)

坂本の路地裏
DSC_9661_convert_20110528201544.jpg

滋賀院門跡
DSC_9672_convert_20110528201739.jpg

石仏が13体並んでいました。
DSC_9683_convert_20110528202309.jpg


DSC_9711_convert_20110528202809.jpg

石垣の中に普通の住宅があります。坂本はどこまでもきれいで静かでした。午前午後と合わせて4時間ほど歩きました。野良猫一匹出会いませんでした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 比叡山延暦寺 | ホーム | 近江の国へ1泊旅行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム