プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

日本語の授業見学

日本語の授業

新学期で、先生たちは忙しい。

2年生3クラス(初級後半)の授業見学
内容は環境問題、9月1日(月)は「ディスカッション」という授業だった。3クラスとも学生数はだいたい10名前後、ちょうどいい規模だ。3クラスはレベル分けがなく、日本語を学習して2年目、2年生の授業は50分。学生は圧倒的にアジア系だ。やっぱり韓国,中国系にとって日本語は楽だもんね。新学期が始まって2週間目だ。学生は毎日日本語の授業がある。学生が自分の出席できる時間をとるのだという。教科書は「げんき」?。ちょうど初級後半が始まったところだ。3クラスとも全く同じ授業で,ペアワークをしながら進めていく。

「Skit Partner」をするので、できるだけ知らない人と組むように指示が出され、メールアドレス、電話番号を交換するように言われた。先生は文法の補足以外、ほとんど日本語だ。通常の日本人の話し方よりかなり速い。でもなんかリズムがちょっと違い、ツービートの感じだ。
学生はとても静かで、先生の指示に従って,順に言われた通り,練習する。ペアワークの間を先生と一緒に回ってみた。

3年 日本語 2クラス
3年生のレベルは初級終了程度。始めのクラスはサイトを使った発表とPCの使い方についての授業だった。先生は事前に学生に必要なサイトの書かれたプリントを渡しており、宿題として「日本の大学のサークル」を調べ,発表することになっていた。夏休みに日本で研修やホームステイを経験してきた学生も数人いた。東大、北大、早稲田,上智などのサイトから自分の気に入ったサークルを調べてきていた。
学生は発表の資料を作って見せるのではなく、PCとプロジェクターを使いながらネットのサイトを見せて発表。先生は学生にどうやって検索したのか、その時のこの辞書が使いやすいなど、発表以外のコメントを挟みながら、進めた。学生の日本語力の差は大きい。

4年翻訳クラス
4年生のクラスは文学の翻訳クラスで、今学期は吉本ばなな(キッチン)、円地文子、大江健三郎、村上春樹の抜粋を読むと言う。学生は既に原文のコピーとともに、出版されている翻訳の本コピーももらっていた。
小テストの後の授業を見せてもらった。このレベルで小説を読むのはなかなか大変だ。先生は必ず今日何を教えるのか、何にフォーカスするのか事前に配布しているシラバスで学生に確認してから授業を進める。そして最後に本日の授業のまとめをし,次回の授業の確認もする。

学生は勉強が忙しいので、アルバイト率は5割以下だと言う。毎日の日本語の自宅学習(宿題、予習、テスト勉強)が2時間半ぐらいかかると言う。午後はわからないところがあれば先生のところへ質問しにきていいことになっている。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

<< Charlottesville の人々 | ホーム | 自動車免許取得 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本語の授業

1時間見学しただけなので,何とも言えませんが、学生の中に日本人留学生が入っていました。彼女は将来翻訳をしたいと言っていました。ほとんどの学生たちは漢字の読みの下調べをしてくるだけでいっぱいいっぱい。グループで音読させていましたが、それもなかなか大変なレベル。日本語力は高1の英語力ぐらいでしょうか。訳本に日本語のニュアンスが伝わっていないと思った部分について、先生が解説をしていました。ほんの数ページ扱って、次の作家に移るようです。
ただ,こちらの学生は本当によく勉強します。
いずれブログに書こうと思っているのですが、こちらにはLanguage Houseというstudent dormがあって,日本語は一階、そこでは日本語で話すことになっています。(実際はそうではありませんが)。毎晩J-tableというのがあって,順番に先生が加わり,日本語で話しながら晩ご飯を食べます。私も週に1回参加しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム