プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

自動車免許取得

自動車運転免許試験

車がやっと買えたのが9月8日、その翌日,7時50分にDMVに免許の試験を受けにいった。すでに10人ぐらい外で並んでいた。書類審査が厳しいことで有名なヴァージニア州のDMV。受付の人が書類を慎重に見ていく。パスポート、ビザ(DS2019),Social Security Number、それに銀行からの書類で、住所の書いてある振込記録のレポート。しかし,却下。銀行のMonthly report ならいいと言う。出直し。どうしてなのかさっぱりわからないが,お役所の言う通りするしかない。Monthly Reportを取りに戻った。もう一度列に並び、書類審査も最初から。今度はOKが出て、番号を渡された。DMVには住所が変更になった人,車を買い替えた人,免許の書き換えの人、いろいろいるようだ。

またまた書類の審査。それが済むと、各カウンターの上にある覗くと電気が付いている視力検査だ。あわてて眼鏡を取り出し、両目でアルファベットを8つばかり読み、左右の光が見えるかという検査で終わった。

いよいよ学科試験。渡米して試験まで1ヶ月近い時間があったが,結局インターネットの模擬試験を繰り返しやったぐらいだった。いろいろテキストに出てくる数字は必要とのことだが、単位が違うので距離感が今いちピンと来なくて覚えられない。みなメートルに直してみたが、今度は一つの答えに数字が二つになり,ますます混乱。心配だな。私の前にベトナム人らしいカップルが背中合わせに通訳付きでみんなの見えるところで回答していた。辞書が持ち込めると聞いていたので、許可を求めたが、私の電子辞書を見て、紙の本ならOKだがと、却下。コンピューターブースが10程並んでいる。
まず最初の10問は標識問題。これで1つでも落とすと,ここから進めないという。慎重に答え,とりあえず、10問は無事通過。次は25問。見たことのない問題が続く。始めの5問で3つも間違えてしまった。見たことのない問題で、紛らわしい英語表現が続くとなんだかよくわからなくなってしまう。しっかりテキストを読まなかったからだ。最後の1問を含め、6問間違えたため不合格。思ったよりずっと難しかった。まじめに取り組まないと合格しないことがわかった。

1週間後の15日、自分で車を運転して,受けにいった。250号線という片側3~5車線もある道の右側車線を90キロぐらいスピードで運転していく。(変でしょう。国際運転免許証があるので違法ではないのです)。また書類審査も視力検査も始めからだ。

学科試験。まず、始めの10問、最後の10問目がよくわからない。祈る気持ちでエイとボタンを押す。無事通過。まずはホッ。
次の25問、また答えがよくわからない。あっていると思った問いも INCORRECTと出る。だんだん緊張してきて英語が読めなくなってきた。これをもう一度受けるのは嫌だ。気を取り直して,とにかく選択肢をゆっくり読もう。(時間制限はありませんでした)また最後の問題がわからない。祈りを込めてまたエイ。4問間違えたが,合格。もう受けないで済む。やれやれ。

このまま続けてロードテストも受けられると言う。車は受験者が持ち込み,それに試験官が乗り込んで採点する。
試験官は女性だった。まず車のチェック。ブレーキを踏む,ウインカーを左右出す.ライトをつける。ワイパーをまわす、ハザードをつける。ホーンを鳴らすなどやった後で、試験官が乗り込み、おもむろに試験についての注意事項を読み始めた。シートベルトをつけ,出発。駐車場が大きいので,右左折を何度かし、turn leftと言われたのに右折車線に停めてしまった。分離帯が見える.左折は分離帯の向こうだ。と思って進めたら,駐車場に入ってしまった。始めの駐車場に戻り,危なくてしかたない、緊張しているのはわかるけれど、練習してもう一度受けなさいと言われ駐車場からでないうちに不合格。帰りは試験コースになりそうな道をあちこち運転して帰った。

練習しろって言ったって、時間はないが、23日からはノースカロライナへ行くので,その前にケリをつけなくっちゃ。

19日、試験場に着いてから、またその近くを2周して,受付へ。書類審査はまた時間をかけて厳重に。視力検査は適当に終わり、かなり長い時間待たされ,いよいよロードテスト。今度は男性の試験官だ。Right とlightを聞き間違え,嫌な顔をされる。これで落ちることはなかった。心配だなあ。
Turn right と言われたら,rightと繰り返すことにした。この周辺の地図が少し頭に入ったので、落ち着いて運転できた。多分ミスはなかったと思う。You passedと言われ、ホッとした。また20分ほど待ち、写真を撮り,サインをした。その10分後にはもう免許証を渡された。アメリカでは運転免許証が写真入りのIDカードとして,いろいろな場面で活躍するものらしい。やっと最初の関門を通過した。

あとはAAA(日本のJEFのようなもの)だ。今日中に手続きに関するものを終えよう。右折するところを間違え、また長いドライブとなってしまった。予算が50ドルなので、45ドルのに加入。これで、初期のしなければならない義務は完了だ。
でも運転、下手だなあ。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 日本語の授業見学 | ホーム | 英語 >>


コメント

congratulations!

やれやれ、大変なことだなぁ。でもね、ま、免許皆伝となったわけだからいいとしましょう。

国際免許証じゃなくて合衆国ヴァージニア州の免許じゃないといけないのは通用期間の問題だよね!? そうでなければず~っと国際免許で通せばいいわけだから。

早速ロングドライブ(ノースカロライナまで?)らしいが、慌てずに(これが一番心配)。少しくらいクラクションで急かされても悠然と運転するくらいの気構えが必要だ。
くれぐれも事故には十分気をつけるように!

No title

ぶぶっ。何事も冒険というかんじねぇ。日本語でのテストはなかったんだね。カリフォルニアでは日本語で学科受けられたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム