プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『唐山大地震』中国映画

今日は雪でしたね。昨日とはうってかわって寒かったこと。今年の三月は寒いですね。

今日はKさんに試写会の切符をいただいたので、久々に夫と九段会館まで映画を見に行きました。「唐山大地震」は中国で昨年公開され、アカデミー賞外国語賞の中国代表作品となりました。

唐山は北京の東。唐山地震は、当時文化大革命の最中、1976年7月に、中国河北省唐山市付近を震源として発生したマグニチュード7.8の直下型地震。激しい振動によって当時中国有数の工業都市であった唐山市は壊滅状態となり、死者24万人、重傷者16万人。実際の被害はその3倍とも4倍とも言われている。(wikiより)

映画では地震で離ればなれになった家族の32年を追っています。母親に捨てられたと思って、過去を封印した幼い少女。娘をなくしたと思い、想い続ける母と弟。そして32年の間の更なる離別、苦しみ、悲しみ、喜びが描かれています。

地震で離ればなれに育った双子の姉弟が四川地震の救援活動にやってきて、瓦礫の中で家族を捜す母親の姿に当時の自分の母親の姿、幼い自分の姿を投影していきます。そして偶然姉弟が災害現場で再開。

折しもニュージーランドの地震では166人が亡くなり(今日現在)ました。今回は日本人の被害者も多数いたので大きく報道されました。日本人の遺体もまだ1人確認できただけ。映画の弟も救出されたものの、左腕を失います。NZでもサッカーを愛する日本人青年が足を失ってしまいました。

入場の際、感涙ティシューが配られました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 地震 | ホーム | 飛び込みのあざ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム