プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

関西人と関東人

日曜日、26年前我が家の建築でお世話になった営業のHさんが訪ねてきました。

Hさんは当時我が家ではHくんと呼んでいました。Hくんはまだ大学を出たての新入社員でしたが、我が家では彼の仕事で向かう姿勢と誠意が気に入って、その建築会社を選びました。新人で知らないことはたくさんあったと思いますが,必ず翌日までに調べて適切な返答をよこす人でした。

Hさんはその後関西に転勤となり関西各地を周り、今年20年振りに再び関東勤務となって戻ってきたということでした。

彼は東京生まれの東京育ち。20代後半で関西に転勤となり、関西文化を知らなければ営業はできないと思い知らされたと話していました。誰にとっても家は大きな買い物。営業は信用されなければ,まず売れません。東京から関西に行って、長続きしてそれなりの地位を築いた営業人は少ないそうです。

私も関西人は関東人より人との距離のつめ方が早いなあと感じていました。いっぺんに懐に入ってくるような親切さと気安さを持っているし、決断、決済が早いように思います。アメリカのビジネスの仕方は関西のそれに近いという私の意見にも同意見でした。関西では人と人のネットワークで仕事が広がって行くと話していました。アメリカもそうです。そして、関西で育ち成人した二人のお子さんはすっかり関西人で、関東では生活しにくいだろうとおっしゃいます。

そして関西でもそれぞれの地域地域で文化が違うそうです。そりゃそうですね。東京だって山の手と下町は違いますものね。狭い日本に,狭いところに文化的差異があるのは面白いですね。

昼食を囲みながら、四方山話に花を咲かせました。快活に笑う彼の声は26年前と少しも変わっていませんでした。でも、久々の関東勤務でまたカルチャーギャップに戸惑いを感じているのでしょうか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 保育園 今昔  | ホーム | クリスマスホームパーティー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム