プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

眼鏡屋さん

白内障の手術をした眼科に眼鏡屋さんが入っていて週に2回きています。検眼のみの患者も来ているので眼科は大混雑です。

手術前の眼鏡でもテレビを見るには困らなかったのですが、これでは運転はちょっと無理だろうと、視力が安定するという数ヶ月後を待たず、左目だけレンズを取り替えることにしました。

眼鏡屋さんが3人来ていました。全員男性でベテラン風の2人に若い1人。椅子に座って周りの様子を見ていると、この若い人が何とも気が利かない。大変な込み様なのですることはいくらでもありそうなのに,すぐ手持ち無沙汰になってぼんやりみている、なんかやる気がなさそう、この人だと嫌だなあと思っていたら,やはりこの人が担当となりました。

言っている説明が今一つ私にはよくわからない。そこで質問をするのですが,その答えが要領を得ない。この人も就活,大変だったのだろうか。始終上司に叱られているんだろうななどと思ってしまいました。こういう気の利かない、仕事のできない若い人っているよなあ。

担当を替えてもらいたいと思いましたが、なにかかわいそうになって言えませんでした。検眼は大丈夫だったんでしょうか。町の中では激安の眼鏡屋さんがたくさんありますが、この眼科に入っている眼鏡屋さんはいわゆる定価です。以前ここで眼鏡をつくったときは,高いのも当然と思わせる細やかなサポート、サービスがありました。

この若い人もあと少し経験を積んだら、お客さんに信頼される眼鏡屋さんになれるのだろうか。

今の眼鏡を預けてしまったので、手元に眼鏡がありません。ちょっと見えなくて不自由な数日を過ごすことになりました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< Complex Biz ヘヤーアクセサリ(クリップ) | ホーム | 紅葉狩り(3)新座市平林寺 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム