プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ワークショップ三日目

2008.08.01(金)
ワークショップ三日目
今日のテーマは教育について

アメリカでは何でも州の力が強くて,州単位で決められている。義務教育の長さまで州によって異なる。そしてカリキュラムも異なり、州によって何年生で学習するかも違う。現在のように人の移動が激しい時代に、アメリカ人はそれで不自由ではないのだろうか。州単位で学年末には終了試験が行われ、学年が上がるに従って,落第が増え,到達しなければ何年でも落第をし,最後にはドロップアウトしてしまうという。

またびっくりしたことには夏休みの間先生には給料が支払われないのだという。そのため先生は夏休みにはアルバイトをしなければ食べていかれず,慢性的に教師不足だそうだ。

新しい視点を学んだ。指導項目には日本を紹介しながらも,それぞれの学年の教科に役立つことをしなければならないと言われた。例えば、折り紙を紹介しながら、三角形や四角形を教えるのだという。発想の転換が必要だ。

また、授業にVerbal, logical, visual, kinesthetic, naturalistic, intrapersonal, interpersonal rhythmicの8つの要素を織り込む必要があるという。それぞれの分野に関心のある人、それぞれが興味をそそる授業をすることが大切なのだと言う。興味深い概念であり、今後に生かせそうだ。

それにしてもEducation Standard を参照しながら,教案を考えるのは面倒だし、今ひとつその重要性が実感できていない。


テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

<< やっとネットに接続できました。 | ホーム | ワーショップ二日目 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム