プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

曽我の傘焼き

28日(金)下曽我にある城前寺の傘焼を見に出かけました。とてもいい天気でした。
国府津から御殿場線で一駅、PASMOもSuicaも使えない小さな駅でした。

小田原市のHPによれば、
「日本三大仇討ちの一つ、曽我物語の曽我十郎・五郎兄弟が父の仇を討つ際に、傘を燃やして松明にしたという故事にちなみ、十郎・五郎に扮した幼児が全国から奉納された古傘に火をつけて燃やし、兄弟の霊を慰めます。」

曽我郎党武者行列
_DSC5444_convert_20100530223807.jpg

僧侶一同・稚児行列、東関部屋から高見盛と他相洋出身の力士が3名、歌舞伎界から市川右近丈が法要に来ていました。
_DSC5486_convert_20100530225101.jpg

法要・傘焼(墓前)、
_DSC5555_convert_20100530230513.jpg

奉納子供相撲などが行われました。
_DSC5742_convert_20100530231533.jpg

傘焼き法要で、まわしをつけての相撲は長い歴史の中で初めてとのこと。相撲界ではまたまた黒い問題発生。汚名挽回の使命を帯びてか、高見盛も大サービス。高見盛が帰った後も,若手力士3人がちびっ子相撲を熱心に見守っていました。
_DSC5808_convert_20100530232944.jpg

大きなお相撲さんに相手をしてもらった子供たちは、思い切り押した感触がいつまでも残り、きっと相撲好きになることでしょう。

この法要は城前寺と当地の保存会の人々が主催しているのですが、神輿や音楽、舞踏などないからか、平日の開催だからか、若い衆の姿は見られませんでした。

これじゃあ、なかなか保存も難しいなあ。               

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

<< フィットネスチェック (1) | ホーム | 股関節と水泳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム