FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『キルプの軍団』 大江健三郎

本書は1988年に岩波書店から単行本として刊行されています。それが昨年(2018)岩波文庫化され、作者による加筆修訂がおこなされて発行されたとのことです。

本ブログを始めてから大江の本としては『水死』、『晩年様式集 In Late Style』を載せていて、3冊目となります。

主人公は高校二年生の僕、理系志望でオリエンテーリング部の部長です。父は小説家で、知的障害のある兄と姉がいる次男で、大江の家庭を連想させられます。

「高校生の僕は、ディケンズの『骨董屋』を読み、作中のキルプにひかれる。そして、刑事の忠叔父さんと一緒に原文で読み進めるうちに、事件に巻き込まれてしまう。「罪のゆるし」「苦しい患いからの恢復」「癒し」を、書くことと読むことが結び合う新たな語り口で示した大江文学の結晶。」

文章は平易なのですが、文中に注釈が入り込み、相変わらずの読みにくさです。その上、この本のベースにチャールズ・ディケンズの『骨董屋』やドフトエフスキーの『虐げられし人びと』のストーリーが入り込みます。それに聖書のアブラハムとイサクの話も。

若い頃にドフトエフスキーは数冊読みましたが、ディケンズは読んだことがなく、これを読まずにはこの本は読み進めないのではと思わせる展開でした。

題名となるキルプ(Quilp)は『骨董屋』に登場する、強欲で狡猾で悪の権化のような高利貸しです。彼が軍団を持っているわけではありません。主人公は少女ネルで、祖父が孫娘を幸せにしたくてギャンブルにハマり、キルプから借金のかたに骨董屋を奪われ、祖父と放浪の旅に出るのです。このネルと『虐げられし人びと』のネリーを重ね合わせています。

一方、主人公の僕はディケンズ好きの忠叔父さんが上京している間、叔父さんの手助けでディケンズの『骨董屋』を原書で読んでいきます。忠叔父さんは四国の警察官ですが、故郷で知り合ったサーカスの一輪車乗りの百恵さんとその伴侶である映画監督の原さんをキルプのような借金の取り立てから守ろうとしています。2人は小田原の人里離れた山奥に隠れ住んでいます。

忠叔父さんは結局オリエンテーリングをやっている僕(オーちゃん)に百恵さんたちとの連絡係を依頼することとなります。原さんはかつては学生運動の活動家でした。今原さんは昔の仲間と以前から撮りためた百恵さんの一輪車に乗るシーンをもとに、新しく映画を作ろうとし始めます。

本書にディケンズの原文も訳文とともに紹介されています。ディケンズの文章は、構文は中学生でも読めそうなほどシンプルですが、平易な分、いろいろな解釈が可能な表現で、決して易しいとは言えません。

文庫の巻末に「読み・書くことの治癒力(あとがきにかえて)」という大江自身の解説がついています。
「この小説の、主人公の高校生にとってと同様、さらにそれ以上に書き手の私にとって重要であったのが、「罪の許し」という主題」だと述べています。
「少年が苦しい経験をし、なんとかそれを乗り越えもした、そしてある安息の思いと共に新しい展望が彼のものになった、その点では、これは文化人類学でいう通過儀礼(イニシエーション)の小説だと」も言えると述べています。

後半は活劇のような急展開となるのですが、大江のいうこの主題がそこに生かされているでしょうか。祈りと罪のゆるし。この重いテーマとテーブルをひっくり返すような大事件を通して語るには無理があるように思いました。他の持っていき方はなかったのでしょうか。

図書館より返却催促のきた本、やっとお返しできます。ごめんなさい。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

『ある男』平野啓一郎

作者平野啓一郎は1975年愛知県生まれ。

彼の作品を読むのは多分処女作『日蝕』以来だと思います。20年くらい前に読みました。内容はほとんど思えていないのに、難解だったという印象だけが残っています。

本書は同じ作家の作品とは思えないほど読みやすく、面白く、一気に読み終えました。

「弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」について奇妙な相談を受ける。
宮崎に住む里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って、14年ぶりに故郷に戻った後、「大祐」と再婚して、幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は事故で命を落とす。悲しみに打ちひしがれた一家に、「大佑」が全くの別人だという衝撃の事実がもたらされる・・・・」

キーパーソンの弁護士城戸は真摯にいろいろな仕事に取り組む弁護士です。城戸は在日3世ですが、それをカミングアウトした上で、良家の子女と結婚をし、長男をもうけます。今は夫婦の間はしっくりしていません。

一方、依頼人の里枝も2歳半の次男を脳腫瘍で亡くします。この時の治療を巡って夫と対立し、決定的な齟齬が生じ、離婚することとなります。その際、弁護士の城戸に依頼し、長男の親権を得ます。その後、父の死をきっかけに郷里宮崎に帰り、両親の文具店を継ぎます。

里枝は店の客だった谷口大佑と再婚し、女児が生まれ、慎ましく幸せでした。そんなとき夫大佑は仕事の事故で突然亡くなります。大佑は父親の臓器移植を巡って実家とは疎遠になっているので、一切の連絡をするなと言っていました。

大佑の死後一年して、大佑の兄恭介に連絡を取るとすぐにやって来て、」「大佑」の写真を見て、大佑ではないといいいます。そして、里枝はかつて離婚の際世話になった東京の弁護士に連絡を取るのでした。城戸は依頼人里枝のお金にもならない案件にも誠実に対処していきます。

本物の大佑は今どこで何をしているのか。里枝の夫だった大佑は誰なのか。城戸の結婚生活は?

夫婦間の価値観や社会観、小児の難病、離婚、臓器移植、兄弟関係、セックスレス、在日問題、嫌韓、ヘイトスピーチ、犯罪者の家族、死刑制度、いじめ、なりすまし、死生観、血縁 生きる、自分の過去、愛

この本のキーワードを並べてみたら、こんなに重いワードが並びました。350ページの本にこのような重要なテーマが盛り沢山にぎっしり詰まっています。

作者の思い入れも深いものがあったのではないかと思いますが、もっとテーマを絞った方が良かったのではないかと思いました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

「送り火」 髙橋弘希

髙橋弘希 (1979年青森生まれ) 

本書で第159回芥川賞受賞 4度目の芥川賞候補で受賞。選者より圧倒的な文章力と高い完成度を絶賛されていた。漫画家、塾講師、棋士と彷徨って小説家になったとのこと。

「少年たちは暴力の果てに何を見たのか?東京から山間の町へ引っ越した中学三年生の歩。級友とも、うまくやってきたはずだった。あの夏、河へ火を流す日までは―。」

男子生徒5名の小さな中学校。そこに転勤族の歩が加わった。勉強のできる歩に先生は生徒間の話を聞く。彼らは花札のような燕雀というカードゲームを行い、その敗者に罰ゲームをする。初めはナイフの万引きだった。胴元の晃はイカサマをして、いつも稔を敗者にする。罰ゲームは次第に残虐性を増していく。作者は津軽の田舎の様子、土着の風土を丹念に描写する。それを背景に行われる壮絶ないじめ。

小説として素晴らしくても、なんとも読後感が良くないです。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

『言い寄る』 田辺聖子

涼しかった7月も、末からやはり本格的に夏となりましたね。暑くて用事でもないと家から出る気がしません。

さぼりにさぼっていたブログを思い出しました。もう旅行記も今更続ける気にもなりません。ネパール旅行の後、4日間新幹線乗り放題の「大人の休日倶楽部」を利用して青森を旅しました。雨季でしたが、雨は嫌いではないので、まずまずでした。もう数十年前からですが、地方は車がないと本当に不便で、2時間に一本の五能線や津軽鉄道を使って、ゆっくりと旅をしました。

この間読んだ本も数冊ありますが、これはそのうちの1冊です。田辺聖子さん(1928年大阪生まれ)、お亡くなりになりました。大阪のおばちゃんという感じの人で、今までほとんど読んだことがありませんでした。私のとって関西文化、特に大阪文化は結構遠くてなかなか手が出せませんでした。

本書『言い寄る』は昭和48年に初出です。
惚れた弱み
股眼鏡
お毒味
熱いお茶
キズのいたみ
と章題がつけられています。

「乃里子、31歳。フリーのデザイナー、画家。自由な一人暮らし。金持ちの色男・剛、趣味人の渋い中年男・水野など、いい男たちに言い寄られ、恋も仕事も楽しんでいる。しかし、痛いくらい愛している五郎にだけは、どうしても言い寄れない・・・・。乃里子フリークが続出した、田辺恋愛小説の最高傑作」

昭和48年。この本がこんな時代に書かれていたことにびっくりしました。おせいさんは、一歩も二歩も進んでいます。こんなに自立したかっこいい女、周りに1人でもいたかなあ。羨ましいくらい乃里子さんは心が解き放されていて、自由です。私は若い頃に戻りたいと思わないタチですが、久しぶりに若い時代をやり直したい気分になりました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

| ホーム |


 ホーム