FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』 宮崎賢太郎

無事帰国しました。ちょっと長めの旅だったからか、年のせいか、山国であったためか、今回はちょっと疲れました。

記憶が鮮明のうちにネパールの感想だけでも書きたいと思っています。

今回は本書『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』を出発前夜に読み終え、飛行機の中で簡単にメモをとったので、忘れないうちに要点のみ記したいと思います。

数年前から長崎、五島列島の潜伏キリシタンの教会を辿りたいと思っていました。ここは昨年世界遺産に登録され、今脚光を浴びています。

1616年の徳川幕府の禁教令。1500年、九州では時の領主がキリシタンに改宗すると、全領民にキリスト教への改宗を迫り、村中がクリスチャンとなりました。ほとんどの村人はキリストの教義を聞いた事もないし、司祭を見た事もない、文字の読み書きもできない農民、漁民たちでした。

そんな彼らがどうして230年もの間信仰を守り抜くことができたのかというのが本書のテーマです。

この間に幾度となく「崩れ」という一斉摘発もあり、天草では4度に渡って摘発された。

230年に渡る幕府の弾圧を逃れ、信仰を受け継いできたクリスチャンが浦上で神父と出会った。しかし、カトリックに戻ったものは決して多くなかった。

どうして彼らは戻らなかったのか。著者宮崎はこうした彼らを潜伏キリシタン、隠れキリシタン、カクレキリシタンと使い分けている。

先祖崇拝、現世御利益を願う日本古来の多神教、いたるところに神々が宿り、なくなった人たちは仏様になる。インドからやってきた仏教はこうして神道と結びつき、神仏習合となって、日本人に定着していった。そこへ新しい一神教の神さまがやってきたのだ。

毎日唱えるオラショの意味もわからず、仏壇、神棚に、キリスト教の祭壇を並べて、祈り続けてきた潜伏キリシタン。彼らは先祖の大切にしてきたものを守ってきただけで、キリスト教を信じていたのではなかったというのが作者の結論です。

そして日本にクリスチャンは1%もいないという理由について、宮崎はキリスト教は西欧のそのままのキリスト教を日本に持ち込み、それを広めようとしているから浸透しないのだと述べています。

平戸、五島列島の教会、村々を回ってみたいと思っています。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

ネパール旅行

明日からネパールに出発です。

ヒマラヤ、エベレストの国、インドの北の小さい国、(北海道の1.8倍)、人口約2700万人、ヒンズー教と仏教が混在した国です。ヒマラヤがあるので、寒いところというイメージがありますが、ネパールは緯度的には奄美大島と同じくらい亜熱帯地方です。首都カトマンズは盆地なので寒暖の差が大きく、20−3。この1週間、日中はかなり暖かいという予報です。

今日本にネパール人が増えています。インドカレーのお店に行ったら、ネパールの国旗をみるかもしれません。

ネパールの大学で長らく教鞭をとっていらっしゃったSさんがアレンジしてくださり、Sさんの旧友であるRさんがガイドを引き受けてくださいました。

14日(月) MH0089 10:55 成田発 香港着 14:50 10:10 成田発 クアラルンプール着 17.05
MH0114 20.30 クアラルンプール発 カトマンズ着 22.30
15日(火) パタン寺院周辺 ゴールデンテンプル等

16日(水) カトマンズ タルバール広場周辺  カトマンズ近郊農村

17日(木) バクタブル寺院周辺  カトマンズ近郊農村

18日(金) カトマンズ~バンプテル 
19日(土) バンプテル~ ~ポカラ
20日(日) ポカラ~カトマンズ サランコット・難民キャンプ・フェワ湖・ヒンズウ教寺院
21日(月) カトマンズ野菜市場、レンガ工場等

22日(火) 学校等

23日(水) MH0171 12:20 カトマンズ発 クラランプール着 19:20
24日(木)  MH0088 23:35 クアラランプール発 成田着 07:15

の予定です。ネパールの人々の暮らしが見られたら嬉しいと思っています。

では行ってきます。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 日記

『Timeless』朝吹真理子

作者は『きことわ』で芥川賞を受賞した朝吹真理子(1984年生れ)。私は2012年にこの本を読んだようです。
http://wako1202.blog50.fc2.com/blog-entry-414.html

「空から死は降ってこない。
降ってくるとしたら、
それは人間が落としている――。
芥川賞受賞から7年、待望の新作長篇小説。」

「恋愛感情も性関係もないまま結婚をした、うみとアミ。高校時代の教室、広島への修学旅行、ともに歩く六本木、そこに重なる400年前の土地の記憶、幾層ものたゆたう時間――。ぎこちない「交配」を経てうみは妊娠、やがてアミは姿を消す。2035年、父を知らぬまま17歳になった息子のアオは、旅先の奈良で、桜を見ていた……。」

本書は構成も表現もとてもおしゃれです。ファッション、音楽、美術、香水、食べ物、店など。それでいて、色々と解釈ができる暗喩が散りばめられています。かなり哲学的でもあります。本書の主人公はうみと息子のアオ(父親のアミがつけた名前)。

うみとアミは高校のクラスメートだが、高校時代から付き合いがあったわけではない。
登場人物の名前はとても個性的だ。水泳が好きで、クラゲに生まれ変わりたいといううみ。母親らしくない自由人の母の芽衣子と、ずっと別居している父。好きな人と子供を作るのが怖いというアミ。アミは被爆3世で、香料の研究をしている。アミはami(友達)かな?

タイトルのTimelessとは永遠の、時代を超えた、時間の枠に縛られないという意味のようだが、アオの姉であるうみの娘(実子ではない)はこよみという名前で「まいにちのきせつのめぐりをかんじるように」こよみという名前を実父がつけたと語っている。こよみの父はなくなり、アミは失踪する。

原爆が投下された広島。
モダン都市の六本木は坂が多く、お寺も多い。ミッドタウン、六本木ヒルズの路地に古い家屋や廃屋があったり、我善坊谷など、時代劇にそのまま出てくる名前も多い。ミッドタウンの前で江姫の火葬があったという。
そして歴史の街、奈良。

過去と未来、夢と現実が溶け合ったように展開していく。時を超えて溶けて層になっている海、うみ。

1部はうみが語り手で、2部は2035年、息子のアオが語っている。

感想の描きにくい、ストーリーを追いにくい本でした。魅力的で不思議な作品でもありました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

2019年 あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2019年賀状180122荏柄神社_4211_convert_20181231233802のコピー

今年もおたおたしているうちに年が明けました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

健康でいられますように
感謝の気持ちで過ごせますように
子供たちが笑顔で健やかに過ごせますように
世界に争いがなくなりますように

みなさまにとって良いお年となりますように心よりお祈り申し上げます。

| ホーム |


 ホーム