FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『失われた地図』 恩田陸

立春が過ぎ、寒い中にも春の匂いが感じられます。

今回は『蜜蜂と遠雷』で直木賞受賞後の恩田陸(1964年生まれ)の第一作目、『『失われた地図』です。

同じ作家かと思うほど、違う内容、展開です。引き出しのたくさんある作家なのですね。

「 “恩田ワールド”全開のエンターテインメント長編錦糸町、川崎、上野、大阪、呉、六本木・・・・・・。
日本各地の旧軍都に発生すると言われる「裂け目」。
かつてそこに生きた人々の記憶が形を成し、現代に蘇る。
鮎観の一族は代々、この「裂け目」を封じ、記憶の化身たちと戦う“力”を持っていた。
彼女と同じ一族の遼平もまた、同じ力を有した存在だった。
愛し合い結婚した二人だが、息子、俊平を産んだことから運命の歯車は狂いはじめ・・・・・・。

――新時代の到来は、闇か、光か」

本作は
第1章 錦糸町コマンド
第2章 川崎コンフィデンシャル
第3章 上野ブラッディ
第4章 大阪アンタッチャブル
第5章 呉スクランブル
第6章 六本木クライシス

となっていて、呉以外私の時々行く町からなっています。

主なる登場人物は蝶を操る鮎観(あゆみ)、結い上げた髪に銀の簪を挿した遼平。彼らはいとこ同士の元夫婦で俊平という息子がいます。それに遼平の甥でレフ板持つ無口な浩平。「裂け目」があらわれたという「煙草屋」の情報で、3人は錦糸町に集まったのです。錦糸公園は陸軍の糧秣廠倉庫があったところ、錦糸掘公園で小火があり、遼平は簪で「裂け目」を縫い、「グンカ」(軍靴?)たちを黄泉の国に送り返すのが仕事のようです。

第1章はこんな按配で、かろうじて作者の意図を感じながらも、何が何だかさっぱりわからないまま進んでいきます。

三人は風雅一族という血脈に属し、「グンカ」を見つけ出し、彼らが出てくる入り口、「裂け目」を閉じて黄泉の国に戻することを使命としているらしい。各章は錦糸町の他に軍需工場があった鶴見線(私の好きな工場地帯)の川崎、維新で彰義隊が戦った上野、秀吉が築いた大阪城、戦艦大和建造の呉、軍の関係施設があった六本木が舞台になっています。

「煙草屋」の指令で、「裂け目」からやってくる「グンカ」が現れる地へ赴き、人々のルサンチマン(恨み)に触れて膨張する「グンカ」と死闘を繰り返して、封じ込めていくのです。

押し寄せてくる時代のきな臭さに背筋がぞ〜としてきます。最後鮎観と遼平の離婚の理由が語られています。

この本は構成に成功したのでしょうか。訳のわからないまま3章あたりまで進んでいきます。最初の方にもう少し種明かしがあっても良かったのではないかと思います。作者の想像力についていけませんでした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

合格祈願

インフルの流行っているこの時期は受験のシーズンでもあります。
雪の日に荏柄天神、それから27日に湯島天満宮へと行きました。と言っても近い身内に受験生がいるわけではありません。

雪の日にも学問の神様を祀るこの神社に合格祈願に来た受験生がいました。
DSC_4033.jpeg

DSC_4065.jpeg

宮司さんも傘をさしてお出迎えです。
DSC_4154.jpeg

初詣とは違い、受験生とその家族の祈りは切実で、深く、長いのです。

湯島天満宮
DSC_4508.jpeg

溢れる合格祈願の絵馬
DSC_4509.jpeg

絵馬を書く受験生
DSC_4516.jpeg

子供の合格を願い、絵馬を結ぶお母さん
DSC_4554.jpeg

このお母さんの祈りには心打つものがありました。長いこと祈っていて、合格饅頭を買ってお帰りになりました。私も知り合いの子の合格を祈りました。」
DSC_4627.jpeg

おみくじを結んで
DSC_4694.jpeg

受験は定員があるので、競争です。自分の時、子供たち時のことも昨日のように思い出します。いつの時代も受験は切ないものがあります。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

雪 (鎌倉&横浜)

写真は撮っているものの、整理が好きではなく、いつも片付けが終わるとそのシーズンが終わっていて、写真をアップし損ねています。

今年は雪の日に「それ!」とばかりに鎌倉で出だしました。まず北鎌倉で下車。駅前の円覚寺についたら、「臨時休院」の看板がありました。

入口前で記念撮影する親子。がっかりして佇む人がたくさんいました。
DSC_3957.jpeg

せっかくなので、鎌倉に向かいました。もうすでに電車は遅延していました。
バスで荏柄神社に行きました。赤い社殿に雪、一度雪の舞う日に行きたかったのです。

DSC_3990.jpeg

もう紅梅が咲いていました。雪の中開く梅。
DSC_4027.jpeg

焦点が合いにくいほど、雪が降り注ぎます。
DSC_4146.jpeg

この雪の中合格祈願に来た人もいました。(この時の記事はまた後日)

赤い鳥居をくぐる人
DSC_4193.jpeg

帰りは大船からの東海道線が混んでいて乗り込むことすらできません。通勤時間に間引き運転をしているので、乗客が溢れていました。藤沢から小田急に乗りましたが、動いては止まる。

うちの近くで。もう人も車もあまりいませんでした。
DSC_4277.jpeg

結局うちまで3時間かかって帰りました。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム