FC2ブログ

プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『 i  アイ 』 西加奈子

「i」 、iの点と縦棒の間にカナカナで「アイ」と入れられている変わった題名。著者は西加奈子です。

西加奈子の本を読むのは直木賞受賞作品『サラバ!』についで2冊目です。

西加奈子は1977年生まれ。父の赴任先イランのテヘランで生まれ、エジプトで幼少期を過ごします。キーワードとして並べてみると 出生から青年期まで、中東生まれ、美形、養子、東日本大震災、友情など、『サラバ!』との共通点が見られます。

「「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―。「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさ―直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶられる傑作長編!」と書かれています。

「この世界にアイは存在しません」。このフレーズはなんども繰り返し、出てきます。
高校の数学で習う虚数「 i 」で、実数ではない複素数。i×i=-1。

アイの父親はアメリカ人、母親は日本人です。アイは1988年シリア生まれ。裕福で自由で慈愛深いこの両親にもらわれた養子で、血の繋がった実子ではないのです。誕生後ほんの数カ月で、ニューヨークに住むこの夫婦の元にやって来ました。そして、アイは何不自由なく愛しまれて、育てられました。

アイは聡明で繊細な叱れることのない「いい子」でした。どうして自分がこの家の養子として選ばれたのかと、「養子」であることをずっと意識し続け、恵まれた環境の置かれたことに罪悪感を感じています。

家族とともに中学生から東京に住むことになります。高校でミナという親友ができます。アイはスマトラ地震で、22万人もの人が犠牲になったことを忘れないよう、それ以後、世界の大きな事件や事故で何人がなくなったか、ノートに記録するようになります。

ミナは高3の時にアイに自分がレスビアンであり、遠距離の恋人がいることを打ち明けます。

アイは数学に魅せられ、国立大学の数学科に入学し、数学に打ち込みます。
両親にはそれぞれの家族があり、ファミリーツリーが描かれています。しかしアイ自身は養子で、出自がわからない根無し草。

マイノリティーのアイとミナ。そうじゃなくても自分探し期の青春時代は傷つきやすく、生きていくのがしんどい。
I 、私は何者?
こんな本を40歳の作者が書きました。私自身は大人になって以来、楽しかったけど、苦しかった青春時代に戻りたいとは思わないのです。

300ページ足らずの会話の多い作品で、すぐ読めます。読んでみてください。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

彼岸も過ぎて & 腰痛 (ぎっくり腰)

ブログを怠けている間にすっかり秋、肌寒くなって来ました。

今年は夏らしくなく夏でしたね。晩夏の撮影に出かけたりしていましたが、その写真の整理もつかないうちにお彼岸も過ぎてしまいました。今年はうちの庭では彼岸前に彼岸花が咲き始めました。彼岸前に彼岸花を撮りに出かけたのですが、やはりもう半分枯れていました。

小出川の彼岸花 小出川は慶應藤沢キャンパスの近くで、湘南台から頻繁にバスが出ています。

彼岸花を撮影する男性 まだ綺麗な花もありましたが、日当たりがいいところはもう終わり。。。
DSC_5857.jpeg

彼岸花の蜜を求めていろいろな蝶々が来ていました。でも、蝶々の撮影は難しい。
DSC_5804.jpeg

それから数日後、矢倉沢に出かけました。大雄山の近くです。

棚田ではちょうど収穫のシーズンでした。狭い棚田では車ではなく、稲刈り機を押していました。

彼岸花とたわわに実った稲とハザかけと、矢倉岳。
DSC_6073.jpeg

ここでもクロアゲハがたくさんいました。
DSC_6102.jpeg

稲刈り機は自動で、束にして落としていきます。それを集めるのは奥さんたちのお仕事。
DSC_6210.jpeg

お父さんから息子さんにバトンタッチ
DSC_6466.jpeg

小さい子も戦力。感心するほどよく働いていました。
DSC_6707.jpeg

おやつの手作りクッキーまでいただきました。一番小さい坊やは3歳、お姉ちゃんは5歳。バッタを捕まえたり、おやつを食べたり、おばあちゃんより年上の私たちを歓迎してくれました。みんなで写真をたくさん送りますね。

***
9月中旬に2度目のぎっくり腰をやってしまいました。前回は数年前です。前回は整形外科で、注射、内服薬、鍼、湿布薬としましたが、薬で治ったような気がしませんでした。

腰痛のベテランさんに教えてもらいました。「ひたすら動かずに海老のように丸くなって3日間寝ていれば良くなる」という話。
今回はそれを実践してみました。動けなくなって2日目からです。

本当に海老のように転がっていましたが、4日目には嘘のように立ち上がれました。そのあとも少し痛みが残り、湿布薬を貼ったり、うちではコルセットを使っていましたが、とうとうお医者さんには行きませんでした。

試してみる価値がありそうですよ。まだ全治とは言えませんが、水泳を開始し、お出かけもしています。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム