プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸

本書の著者は恩田陸(1964年、宮城県生まれ)で、本書で157回直木賞と本屋大賞を受賞しました。500ページを超える長編で、目下本屋で平積みになっているベストセラーです。

この本を持って入院しました。術後の1時間の安静時間(読書は禁止と言われてしまいました)を除いて、眼帯をした眼でずっとこの本を読み続け、2泊3日の入院中に読み終えました。病室でテレビを見る気がしないほど、面白かったです。

「私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説」

「3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?」と帯に書かれています。

まず、目次が面白い。エントリー、第一次予選、第二次予選、第三次予選、本選となっていますが、コンクールで弾かれる有名なピアノ曲に混じって、「ずいずいずっころばし」や「『ローキー』のテーマ」、「It's only a paper moon」といった曲名が入っています。???

そして次に芳ヶ江国際ピアノコンクールの課題曲と、主だった登場人物が弾く曲が全て紹介されていて、その後で本文が始まります。

本書はこのコンクールの2週間の開催中に有能な若いピアニストたち、恩師、調律師、出場者を支える人々、審査員、取材者たちの交錯した物語です。若いコンテスタントたちは天才的なピアノ演奏から刺激を受け、このわずか2週間の間に成長していくのです。

いくら素晴らしい耳と音感を持つ天才とはいえ、風間塵のように16歳で、自分のピアノも持っていないのに、コンクールで入賞するほど難曲が弾けるようになるものでしょうか。早くにピアノに挫折した者としてはあり得ないと思わざるを得ません。

この塵は今は亡き伝説のピアニスト、ユウジ=フォン・ホフマンからの

「皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする。文字通り、彼は『ギフト』である。恐らくは、天から我々への。だが、勘違いしてはいけない。試されているのは彼ではなく、私であり、皆さんなのだ。
彼を『体験』すればお分かりになるだろうが、彼は決して甘い恩寵などではない。彼は劇薬なのだ。
中には彼を嫌悪し、憎悪し、拒絶する者もいるだろう。しかし、それもまた彼の真実であり、彼を『体験』する者の中にある真実なのだ。
彼を本物の『ギフト』とするか、それとも『災厄』にしてしまうのかは、皆さん、いや、我々にかかっている。
ユウジ=フォン・ホフマン」

という推薦状を持って現れたのです。

そして塵は「狭いところに閉じこめられている音楽を広いところに連れ出す」ことをテーマにピアノを弾いているのです。

たくさんのピアノ曲が紹介されていますが、私にはその中の数曲しか曲名とメロディが一致しません。著者恩田は3回に一度開催される浜松国際ピアノコンクールに4回通ったと言っています。ずいぶんクラッシックに造詣の深い人です。それにしても演奏シーンの描写の豊かなことに驚嘆するばかりです。病床でiphoneのyoutubeでその曲を聴きながら読みました。この曲を風間塵や栄伝亜夜はどんな風に弾いたのか。

本文の最後のページにこのコンクールの結果が書かれています。私は途中で、クラシックに並々ならぬ知識を持つ恩田陸の経歴を知りたくて、後ろからページを開け、それを見てしまいました。サスペンスドラマの最後を途中で知ってしまったのと同じです。お読みになる方、お気をつけください。

今写真を撮っている私はこんな風な写真を撮りたいと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

緑内障 (網膜中心静脈閉塞症) 3度目の入院 6  & 膝痛

前回3月27日に入院し、右目の硝子体にルセンティスを注入手術しました。

そのあと、4月2日に小湊鉄道のバスの撮影会に出かけました。医者の承諾を得て出かけたのですが、目には全く問題がなかったものの、左膝に痛みが生じ、整形外科で治療を開始しました。これについては前々回のブログで書いたとおりです。簡単に治ると思っていたのに、出かけては悪化するということを何度も繰り返していました。特に階段の下り、坂の下りが辛いです。

こんな状態で、4月26日より3回目の右目の手術のため、入院しました。もう慣れたもので、手順もわかっているし、病院の様子もわかっているので、精神的に落ち着いていましたし、治療効果に過剰な期待もありません。自分では一番見えなかった時より、少し視力が出ているように感じる(近くの大きめの字が読める)のですが、視力検査では特に視力が出てきたということはありませんでした。

前回、前々回と同じ説明を聞いて、先ほど退院しました。今回は6人部屋で6人入室、みなさん静かでしたが、それでもよく寝られなかったのか、眠くて眠くて。

さて、今一番問題は左膝です。膝を痛めている人、特に女性はとても多いです。筋力不足が原因なのでしょうか。

膝を痛めるまで、特にエスカレーターやエレベーターを探すということはありませんでした。目の前にあれば使うし、なければ階段を使っていました。どこの駅にあるのかないのか、どの辺にあるのかといった知識が全くありませんでした。地下鉄は出口によってあったりなかったり。JRは下りか上りの1方しかない駅が多いように思いました。足の不自由な人の外出は大変だと身にしみました。

3度目の入院する前の1週間、やっと眼科から水泳が解禁になったので、こわごわ泳いでみました。こわごわというのは目ではなく膝です。ほとんど足を動かさず、腕で泳ぎました。それでも体の動きで足もゆったりと動きます。はじめは余計なことをして大丈夫かなと心配したのですが、100mも泳ぐうちに違和感もなくなってきました。初日は30分、10分ずつ増やしていって、1時間泳ぐようになっていました。

そしてまた水曜日に入院。

膝は完治するものなのか、これも自分の体の一部として受け入れていかなければならないのかわからないのですが、入院中ほとんど足を使わなかったからか、膝はまだ頼りないものの、よくなってきたと思います。

これからが問題です。1週間は安静(といっても家事はしてもよし)なので、その間に膝の痛みは消えるといいのですが。そして筋力が落ちてしまっているので、無理をすれば簡単にぶり返してしまいそうです。どのようにしていけばいいのでしょうか。今は痛い時に湿布薬を貼ったり、自宅にある低周波(スクランブルウェーブ)をかけるだけで、もう治療はしていません。

早く普通に散歩や撮影ができるようになりたいです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜が咲いた

固い蕾を膨らませて、咲くべき時を待ち構えていた桜が一斉に開き始めました。
今年は東京が一番早いとのことで、4日火曜日の午前中、目黒川に行ってみました。

木によっては3分咲きから満開までいろいろありました。中目黒界隈
目黒川の桜は都内の川沿いはどこもそうですが、護岸がされていて趣にかけるのが残念です。

DSC_4350_convert_20170406151713.jpg

この川は橋が多いのです。緑の橋、赤い橋など。川幅も狭いですし、すぐ川岸に渡れます。
DSC_4336_convert_20170406151657.jpg

DSC_4329_convert_20170406151639.jpg

DSC_4289_convert_20170406151537.jpg

川沿いに洒落たお店が多いので、そのウィンドウに映る桜を見るのも楽しみの一つかもしれません。
DSC_4324_convert_20170406151624.jpg

DSC_4294_convert_20170406151602.jpg

桜が散る前にまたどこかの桜を見たいと思っているのですが、歩けるかな??

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

緑内障 (網膜中心静脈閉塞症) 5 & 膝痛

術後1週間の検診に行ってきました。

担当医が変わりました。若い女医さんで、却っていろいろ聞きやすいかもしれない。

視力検査をしました。少し見えてきているように思うのですが、検査で視力は改善していませんでした。
網膜の腫れはだいぶ治まってきているようです。完全に出血が収まり、腫れがなくなれば、もう少し見えるようになるかもしれないということですが、期待は持てそうにありません。

もらった術後の注意書きに一貫性がないので、先生に質問すると、今度の先生はもう目薬もやめて良い、あと1週間すれば、水泳をしても良いと言います。???とりあえず、目薬を終了しましょう。

2日の日曜日、手術前に先生の許可を得、バスの撮影旅行に参加しました。バスで移動しているので、たいして歩いたわけではありません(それでも1万歩ぐらい?)が、翌日、以前から少し違和感のあった左膝がはばったく、曲げ伸ばしがうまくできなくなってしまいました。1週間家から一歩も出ず、室内を歩いていただけだったからか、自分が思っていたよりずっと筋力が落ちてしまったのでしょう。

翌月曜日、久しぶりにペインクリニックに行きました。処方はヒアルロン酸注射と温熱と漢方薬ツムラ20と23。私はすっかり忘れていましたが、以前にもこのヒアルロン酸注射をしたことがあるそうで、その時、効果がなかったと言ったそうです。今回は打った時から痛く、違和感がありました。時間とともに良くなるどころか、腫れてきて、動かなくなったしまいました。

それなのに火曜日朝、よくなっていたので、大して歩かないからと目黒川に出かけました。歩いているときはいいのですが、上り下りがうまくできません。何やら一日中足を引きずって歩いていたようです。我ながらいい年してバカですね。どうして慎重さに欠けるのでしょうね。

寝ている間に回復するということは使ってはいけないということなのでしょうか。翌水曜日の朝だいぶ具合がいいと思いましたが、大学病院の眼科からはやっとの思いで帰り着きました。庇っていたからか、左ばかりか右膝も痛くなり、身体中、筋肉痛を起こしてしまいました。

体は一箇所具合が悪くなると、次々と連鎖するようです。相変わらず肋間神経痛は疼いています。動いていないので、体重の増加も気になります。増加すれば膝への負担も増します。何事もほどほどというペースを守れない自分に責任があります。

さて、今日、かなり良くなってきました。違和感は残っているものの、膝の存在を忘れています。今日じっとしていたら、明日には治っているでしょうか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『半席』 青山文平

作者青山文平は1948年神奈川県生まれ。2016年、『つまをめとらば』で第154回直木賞を受賞。この作者の本を初めて読みました。

「分別ある侍たちが、なぜ武家の一線を越えたのか。直木賞受賞後、待望の第一作!」

「若き徒目付の片岡直人に振られたのは、腑に落ちぬ事件にひそむ「真の動機」を探り当てることだった。精勤していた老年の侍がなぜ刃傷沙汰を起こしたのか。歴とした家筋の侍が堪えきれなかった積年の思いとは。語るに語れぬ胸奥の鬱屈を直人が見抜くとき、男たちの「人生始末」が鮮明に照らし出される。本格武家小説の名品六篇。」と書かれています。

本書はそれぞれ約40ページの「半席」、「真桑瓜」、「六代目中村庄蔵」、「蓼を喰う」、「見抜く者」、「役替え」から成っています。

時は江戸幕府が開かれ200年ほど経った「文化」の世。世は戦もなくなり、平和になり、生涯刀を抜いて人を切ることもなくなった武士達は幕府の官吏としてのお役目を果たしながら、必死で一歩上の階級を登ろうとお役を勤めています。

主人公ほか主要人物は6編共同じ。主人公、片岡直人は20代半ばを過ぎた徒目付(かちめつけ)で、そんな武士の一人です。
それに直人の上司、徒目付組頭の内藤雅之は懐の広い、器の大きな魅力的な男です。それにちょっと得体の知れない浪人澤田源内(時には名前も変える)も登場します。

本書の題名「半席」とは一代御目見(将軍の儀に列席できる)のことで、子孫まで身分が保証される旗本ではありません。彼の父は旗本でしたが、一度きりの御目見で無役になってしまいました。子も旗本と認められる永々御目見以上になるためには、ふたつの御役目に就かなくてはなりません。これは父子二代で達成しても可です。

直人は「半席、半席」とつぶやきながら、落ち度がないように、上からの引きがあるようにと、徒目付を出世のための踏み台と考えて、真面目にお勤めを果たしています。「自分は無理でも、いずれは生まれてくるのであろう自分の子には、要らぬ雑事に煩わされることなく、御勤めだけに集中させてやりたい」と。

上司、雅之は剣の腕もたつが、出世競争から一歩下がったところで、にこにこと釣りや食べ物の話をしています。「旨いもんを喰やあ、人間知らずに笑顔になる」というのが雅之の口癖です。

7年も徒目付をしている雅之のところには、表向きにできない頼めれ御用が持ち込まれてきます。そんな御用を半年に1回ぐらい直人にやってみないかと振るのです。

当時、事件が起き、下手人が逮捕され、自白すれば、お裁きは終わりで、あとは刑の執行を待つばかり。その動機は本人が言わない限り、解明されることはありません。今の時代では考えられませんね。テレビ時代劇、「大岡越前」でも、動機は解明されていたように思うのですが、どうだったでしょうか。この頼まれ御用とはある人からその動機解明を依頼されたものなのです。

それは、あまり出世には役立たないので、直人は渋々引き受けたのですが、その度、人の心の機微に触れ、雅之の魅力に惹かれ、依頼されると引き受けるようになり、若い直人は成長していきます。

この「文化」の時代の浅草、上野、神田、日本橋界隈の空気感がそこにいるように感じられる、素晴らしい描写力です。真面目に生きてきた老武士はプライドが傷つけられると、些細なことから一線を越えて、犯罪人となってしまいます。しかし、自白はしても、その動機を話そうとしません。それでも、死ぬ前にその訳を誰かに話したいと思っているのです。話のきっかけができると、堰を切ったように話し始めます。

平和な時代の階級社会。真面目に勤めを果たす武士達は今の平成の世の会社員のようです。こんなサラリーマン生活で、雅之のような上司に出会えたら、いいでしょうね。

時代小説を読みなれないので、江戸幕府の組織や読み方が頭に入らず、はじめの数ページは進みませんでした。その組織図が添付されていたらよかったのにと思いました。

単行本刊行にあたって、筆を入れたとのことですが、各編に「半席」や町の説明が入るので、これを整理、削除した方が読みやすかったと思います。

「文化」の時代、人はとにかく歩きます。そんな町の香りが残っているところがあるでしょうか。夏目漱石の明治時代と合わせて、ゆっくりカメラを持って散歩したいとも思いました。

藤沢周平がお好きな方はこの本を面白いと思われると思います。お読みになってください。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。