プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ARTな空間 六本木

六本木で見つけたアートな空間

硬質な雰囲気
DSC_6975_convert_20160527120008.jpg

DSC_7005_convert_20160527120100.jpg

丸みを帯びた温かい感じ
DSC_7001_convert_20160527120028.jpg

DSC_7011_convert_20160527120129.jpg

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

スーパーラグビー 4月23日

秩父宮ラグビー場でスーパーラグビーを観戦するチャンスをいただきました。ラグビーの知識は昔見ていた青春ドラマ、「スクールウォーズ」で知った程度です。以前セブンズを一度見て、ラグビーは面白いと思いました。

サンウルヴズ(日本)対ジャガーズ(アルゼンチン)戦でした。サンウルヴズには外国人選手がたくさんいました。

ここまで書いて、下書き保存したまま忘れて1ヶ月以上過ぎてしまいました。サンウルヴズの唯一の勝利の日の観戦だったので、今更ですがアップします。

目下サンウルヴズは1勝12敗です。先日は五郎丸のいるレッズにも負けました。でも、4月23日はこの唯一の一勝、36対28の逆転初勝利でたいそう盛り上がりました。

試合開始前には太鼓のパフォーマンスが行われました。
DSC_4857_convert_20160529160736.jpg

試合開始まもなくドーンという音とともにけが人がでました。

ジャガーズの選手は脳しんとうでも起こしたのでしょうか.担架で運ばれて行きました。
DSC_4939_convert_20160529160849.jpg

サンウルヴズの選手も怪我で退場です。場内からは健闘を称える拍手が起きました。
DSC_4932_convert_20160529160804.jpg

激しいタックル レンズは300mm。もっと長いレンズが欲しいなあ。
DSC_5324_convert_20160529160409.jpg

DSC_5992_convert_20160529160931.jpg

スクラム
DSC_6104_convert_20160529160532.jpg

DSC_6050_convert_20160529160548.jpg

最後のトライで得点 日本が勝った瞬間です。

DSC_6137_convert_20160529160425.jpg

勝利を喜び合う選手たち
DSC_6160_convert_20160529160439.jpg

観客席に応援のお礼
DSC_6205_convert_20160529160506.jpg

勝利インタビューに答える主将の堀江
DSC_6246_convert_20160529160657.jpg

レンズのせいだけじゃなくて、写真はどれもいまいちでした。。。でも、ルールもよく知りませんでしたが、選手と一緒にボールを追っていて、大いに楽しめました。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

都会のこいのぼり 六本木

写真展を見に行った帰りに六本木を歩きました。ビルの谷間のような公園になんとアートなこいのぼりが翻っていました。

DSC_6900_convert_20160527111237.jpg

これらのこいのぼり、グラフィックデザイナーの作品や美術系大学の学生さんのコンペの優秀作品だったようです。ひとつひとつに「愛と平和」とか「花咲く鯉」といったタイトルがつけられていました。
DSC_6863_convert_20160527113318.jpg

六本木はやはりお洒落な街です。こいのぼりも、くつろぐ人も行き交う人も。

DSC_6918_convert_20160527112726.jpg

DSC_6836_convert_20160527111136.jpg

DSC_6861_convert_20160527111207.jpg

DSC_6944_convert_20160527113813.jpg

ミッドタウンの乃木坂寄りの公園でした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

五月の花とこいのぼり (久里浜花の国)

ここは横須賀久里浜の花の国です。こいのぼりが翻り、ポピーの花が咲き乱れていました。入場料もありません。

DSC_8717_convert_20160527102641.jpg

DSC_8336_convert_20160527102219.jpg

DSC_8349_convert_20160527102253.jpg

ネモフィラ畑にポピーが数本
DSC_8538_convert_20160527102328.jpg

ラベンダー畑 紫の花はどことなく寂しいです。
DSC_8609_convert_20160527102608.jpg

これはキンセンカの仲間でしょうか?
DSC_8590_convert_20160527102357.jpg

もうあじさいも咲いていました。今日は雨です。もうすぐ梅雨に入りますね。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

5月の花とこいのぼり (こどもの国)

もう五月も終わり、日中は真夏日になっても,やはり五月、朝夕は肌寒く感じられ,まだ過ごしやすいです。やっと衣替えを終えました。

我が家のハナミズキとモミジ
DSC_4814_convert_20160527095949.jpg

こどもの国では5月の風に翻る鯉のぼりを背景に太鼓のパフォーマンスが行われていました。
DSC_6477_convert_20160527101958.jpg

ナンジャモンジャという木です。Iさんが教えてくれました。
DSC_6357_convert_20160527101850.jpg

このかわいい青紫の花は何でしょう?
DSC_6365_convert_20160527100055.jpg

藤の花の下では子供たちが乗馬の体験をしていました。
DSC_6708_convert_20160527102048.jpg

オオデマリ
DSC_6779_convert_20160527102118.jpg

こばん草
DSC_7528_convert_20160527102143.jpg

薫風渡り気持ちのいい季節です。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん

本書は直木賞作家、三浦しをんの昨年出版された作品。

「謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『細雪』。」

場面は東京杉並区の善福寺川沿いに在る古びた洋館。お嬢様育ちの母親鶴代と、その娘で刺繍の仕事をする佐知、佐知がちょっとしたことで知り合った保険会社に勤務するOLの雪乃と、雪乃の会社の後輩で佐知の刺繍の生徒である多恵美。

どうということのない日常生活の中に、お花見に行ったり、水のトラブルに見舞われたり、元カレにストーカーされたり、泥棒に入られたりといった出来事が起こる。佐知と雪乃はアラフォーで、4人とも独身。一番個性的なのは母親の鶴代。夫はいないが、敷地内に親の代から住む山田さんという男性が庭番のように別棟に住んでいる。

何ということのない日常が丁寧に温かく描かれているが、後半突然2人登場人物が現れる。これらがこの本の語りべなのだが、唐突で、違和感は拭い得ない。あれあれと思っているうちに終わってしまった。

しかし、エンディングはこの作家特有の心地よさで終わる。
「きみたちは見守られている。私に。すでにこの世にはいない多くのものに。知らないだろう。それでいい。きみたちは生きているのだから。」

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

日立さくら祭り(日立風流物)

東京のさくらも散った4月9日、Oさんの運転で、4人で日立のさくら祭りを見に行きました。

天気もよく、さくらも満開の日立でした。
DSC_3021_convert_20160504090506.jpg

歩道橋の上から
DSC_3045_convert_20160504090555.jpg

この風流物というのはユネスコの無形文化遺産に指定されています。
DSC_3061_convert_20160504090624.jpg

山車は、高さ15m、幅3-8m、奥行7m、重量5tの巨大なからくり式の山車。山車の中には約10人の囃子方や約30人のからくり人形の操り方(作者と呼ばれる)が乗り込み、200人以上で山車を牽引する。(WIKI)

広げられたからくり人形
DSC_3088_convert_20160504090717.jpg

ぐるっと回して後ろ側
DSC_3137_convert_20160504090751.jpg

日本神話の八岐大蛇。上手に動かすので,ただただ見とれてしまいました。
DSC_3146_convert_20160504090833.jpg

またぐるっと回して
DSC_3178_convert_20160504090902.jpg

こんな操り方がやっています。通常は中で行われているので,見られません。何か引っかかってしまったようです。
DSC_3205_convert_20160504090926.jpg

ここで気がついたのは祭り方に若い人がほとんどいなかったことと,観光客に外国人が見られなかったことです。若い人を巻き込んで,継承しないと祭は寂れてゆきます。今どこの祭でも中国人を中心に、外国人が多くてびっくりします。主催者側に若い人が少ないので、海外へのアピールがなされていないのではと案じられました。広く見てほしい、素晴らしいからくり風流物でした。

このあと、なんと阿波踊り、何でもありです。
DSC_3249_convert_20160504091000.jpg

DSC_1698_convert_20160504090228.jpg

太鼓の演奏
DSC_3384_convert_20160504091033.jpg

桜並木を桜の枝を避けながら、こんな山車も進んで行きます。
DSC_1891_convert_20160504090244.jpg

日立市が一望に見られるというかねみ公園に行きました。

DSC_3544_convert_20160504091112.jpg

DSC_3569_convert_20160504091142.jpg

気持ちのいい春の一日でした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

こうくんは一年生

こうくんは5年間通った保育園を卒園し、小学校1年生になりました。

こうくんの保育園最後のこどもかい
こうくんはこうもりを演じました。

DSC_0136_convert_20160504211356.jpg

かいくんのクラスも、他のクラスも上手にできました。

そして、こうくんの卒園式
こうくんはママの育休明け、無認可の保育園に通い、この認可保育園開園と同時に1期生として入園したのでした。

DSC_1270_convert_20160504211441.jpg

女子大生のように振袖に袴姿の女の子が二人、可愛くて、びっくり。やはり袴姿の先生、ママ達は涙涙の卒園式でした。働くママ達は可愛い子供達を保育園に預け、精一杯働き、頑張った5年間だったのでしょう。よく頑張ったね。

DSC_1366_convert_20160504211510.jpg

こんなかわいいおトイレともお別れ

DSC_0189_convert_20160504211420.jpg

卒園生の自画像
DSC_1513_convert_20160504211550.jpg

こうして、こうくんは1年生になりました。
入学式には行かれませんでしたが、こうくんのランドセル姿を撮りました。

DSC_4197_convert_20160504211653.jpg

友達をたくさん作って、元気に楽しく遊んで勉強して、成長して欲しいと願っています。

DSC_4164_convert_20160504211616.jpg

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

八戸えんぶり(2)

翌朝、陸奥湊の朝市に出かけました。こちらで朝食をとりました。朝市は朝3時から仕事開始だそうです。

DSC_9328_convert_20160504003034.jpg

朝からたくさんいただきました。

あいにくの雨模様。雨の中、港に行ってみました。
カモメがいました。工場の煙が上がっていましたが、人もいませんでした。
DSC_9424_convert_20160504003125.jpg

また市場に戻りました。雨が上がり干物が干されました。

DSC_9344_convert_20160504003100.jpg

DSC_9532_convert_20160504003156.jpg

このお店にもえんぶりの門付が来ました。
DSC_9611_convert_20160504003231.jpg

史跡根城でもえんぶりがあるというので行ってみました。古民家があるところです。

大夫の烏帽子をつけるところ
DSC_9677_convert_20160504003259.jpg

DSC_9719_convert_20160504003328.jpg

DSC_9822_convert_20160504003404.jpg

DSC_9834_convert_20160504003439.jpg

昼ご飯を食べに八食センターに行きました。

そこでもえんぶりの門付が行われていました。えんぶり、えんぶりで終わった2日間でした。
DSC_9942_convert_20160504003504.jpg

えんぶりに興味を持たれた方はこちらをご覧ください。
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/27,0,91,474,html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

八戸えんぶり祭り

ゴールデンウィーク真っ最中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。私は写真の整理を怠り、もうどこからブログをアップしたらいいのかわからない状態で、5月に入ってしまいました。

時季外れのアップをご容赦願って、自分の備忘録のため、忘れたくない出来事をピックアップして、アップさせていただきます。(やめてよという声を聞こえそうですが、お許しくださいませ。)

さて、まだ寒かった2月の18日、19日と青森の八戸に行ってきました。そこでは春を待ち望む「えんぶり」という祭が行われていました。雪が舞う中だとよかったのですが、今年の暖冬で,全く雪はなし。なんと羽田から三沢まで往復飛行機で行ったのです。新幹線より安かったようですが、アクセスが便利ではありませんでした。

午後,公会堂でえんぶり公演が行われているというので行ってみました。ステージでの公演なのでえんぶりそのものはよく見え、よく分かりましたが、夕方からのかがり火えんぶりがメインです。

えんぶりは八戸市を挙げてのお祭りです。
夕方からえんぶりの商店やみろく横町という飲屋街で門付が行われていました。

みろく横町で
DSC_1486_convert_20160503235558.jpg

子供たちも大活躍です。えんぶりに参加したい子供は学校を休んで参加しても欠席にならないのだそうです。

DSC_1461_convert_20160503235618.jpg

料理屋さんで
DSC_8958_convert_20160503235706.jpg

男たちも
DSC_8987_convert_20160503235748.jpg

ビルの中でも
DSC_9014_convert_20160503235813.jpg

かがり火えんぶり
DSC_9070_convert_20160503235836.jpg

DSC_9117_convert_20160503235901.jpg

私たちもみろく横町で郷土料理の舌鼓を打ちました。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム