プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『通過者の視線 写真論+エッセイ+対話』by 森山大道

著者森山大道(1938生まれ)はモノクロの街角を撮る写真家です。各大賞を受賞し、海外でも高い評価を得ており、いろいろな教育活動にも力を入れています。

「『ぼくが50年という時を掛けて覚えた唯一のカメラワークとは〝通過者の視線〟に他ならない』。スナップへのこだわり、銀塩かデジタルか、白黒かカラーか、スランプ時代を語った深瀬昌久氏との対話など、半世紀にわたる写真家としての実践をめぐる思考と葛藤を跡づける。白黒写真50点余収載。」

そして、このスナップのスタンスも「何時だってその時そこに在ったもの、とっさに目に映ったさまざまな外界の断片をのみ、自らの性行と性癖にそって、ひたすら写し止めてきたというだけ」と語っています。

本書に出てくる写真家はアシスタントを務めた岩宮武二、細江英公、共同事務所を構えた中平卓馬、荒木経惟、深瀬昌久、マン・レイ、東松照明、井上青龍、安井仲治など

撮影場所は、出生地の大阪、新宿、池袋、横須賀、遠野、上海、ニュ−ヨークなど。

敬愛する人に寺山修司、宮本常一など

こうして場所と人名を並べただけで森山の世界が見えてきます。

写真も言葉も刺激的でモノクロ的です。「巷間よく“路頭に迷う”などと多分にパセティックな言葉が使われているが、ぼくなんか生まれてからずうっとこの方、路頭に迷いっぱなしの人生だ」。

写真とは何か、どうして写真を撮るのかを問い続けています。

「できるだけ思惟や意味に捉われないように」「さしあたって写す」が、「この経験や記憶や思惑が当然すべり込む」。「ぼくの一等シンプルな写真論は『写真とは思い出である』の一言である」。
そして「記録」というタイトルの写真集をずっと続けています。

また、深瀬昌久氏曰く「面白がって写してきただけ」、「退屈だから写真を撮っている」

退職後に写真を趣味として始めた割には写真に多くの時間を取られ、私も未熟ながらも写真とは何か、どうしてカメラを持ってうろつくのか、何を写したいのかを問わずにいられません。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

小湊鉄道

桜の季節が訪れる前のことです。

おとぎ話のような可愛い電車が菜の花畑の中を走るのが見たくて、行ってみました。非電化なので、電車とは呼べないのですが、何と呼べばいいのでしょうか。キハ200形という気動車だそうです。車両というと動いていないみたいだし、列車と言うと連なっている感じです。1両か2両なのです。取り敢えず列車と呼んでおきます。

月崎駅手前です。月崎駅では上り下りとも1時間に1本です。五井駅から上総中野駅までで、駅は18駅。
可愛いでしょう?
DSC_4829_convert_20150417125538.jpg

あと1週間経てば桜もきれいだったでしょう。まだ2分咲き
DSC_4839_convert_20150417125605.jpg

月崎駅の待合室 駅は無人駅
DSC_4866_convert_20150417131907.jpg

DSC_5077_convert_20150417144337.jpg

奥には今は使われなくなった駅舎があります。苔がはえ、植物が育ってきれいでした。
DSC_4917_convert_20150417141835.jpg

起動車が来ない時には菜の花を撮ったりしていました。
DSC_4964_convert_20150417142001_201504172355297b8.jpg

森の中から列車が目を光らせながら顔を出しました。
DSC_5034_convert_20150417143229.jpg

ホームから見送りました。
DSC_5073_convert_20150417143522.jpg


飯給(いたぶ)駅
DSC_7572_convert_20150417144822.jpg

踏切を通る列車
DSC_7542_convert_20150417144707.jpg

今度はゆっくり一泊で、一駅一駅下りながら歩いてみよう。(一時間に一本だからやはり一駅一駅は無理ですね)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜2015 (引地川)

東京近郊最後の観桜です。

高座渋谷駅から桜ヶ丘駅まで続く、大和の引地川の千本桜です。川幅がちょうどよく、護岸も低く、写真を撮りながらゆっくり散策できる私のお気に入りの桜スポットです。これが今年で最後で、桜の時期が終わると、治水工事に入り、桜は伐採されるというのです。是非今年行かなくてはと思っていました。

あざみ野写真展の搬入の日、カメラを持っていた4人で出かけました。

下流の方では工事が始まっていました。
DSC_7782_convert_20150417000607.jpg

もう葉桜になり始め、桜吹雪が舞っていました。川面の花びらが光っていました。
DSC_7832_convert_20150417000632.jpg

カモがいました。
DSC_7847_convert_20150417000652.jpg

三脚を持っていなかったのですが、スローシャッターで花びらが流れているのを撮りたくて、息を止めてパチリ。
シャッタースピード6/1。やっぱり三脚が欲しいなあ。
DSC_7879_convert_20150417000715.jpg

昨日はカモが小ガモをたくさん連れていたというので、探しましたが、どこに隠れているのやら、とうとう出会えませんでした。

平日なので、お店もなく静かでした。
DSC_7904_convert_20150417000739.jpg

DSC_7921_convert_20150417000807.jpg

こんな着物を着た妖精が現れました。
DSC_8018_convert_20150417000837.jpg

この日は入学式があったのでしょう。散策する親子連れ
DSC_8039_convert_20150417000901.jpg

DSC_8103_convert_20150417000931.jpg

桜は散り、季節は移っていきます。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜2015 (目黒川 & あざみ野写真展)

八芳園でのお食事が終わり、目黒川に回りました。

DSC_6323_convert_20150409134941.jpg

目黒川はもう花吹雪。風が吹くと花びらが舞います。
DSC_6325_convert_20150409135003.jpg

川を覗くと花筏
DSC_6389_convert_20150409135023.jpg

もう川はすっかりピンクに染まっておりました。まるで雪のようです。
DSC_6397_convert_20150409135048.jpg

DSC_6404_convert_20150409135121.jpg

ときどき何に絡まったのか花びらの固まりがプクプクと見えます。花びらの隙間からパチリ
DSC_6428_convert_20150409135147.jpg

川の両岸は花見客と店でいっぱいでした。ふと見るとこんなお地蔵さまがいました。
DSC_6464_convert_20150409135215.jpg

カモもおよいでいました。花筏の中で泳いでくれれば模様になったのに。。。
DSC_6502_convert_20150409135242.jpg

青い橋、緑の橋を過ぎて赤い橋まで来ました。
DSC_6518_convert_20150409135306.jpg

DSC_6543_convert_20150409135342.jpg

目黒駅から池尻大橋まで川沿いを歩きました。

***
今あざみ野アートフォーラムで写真展が開催されています。出展者数90名、それぞれ6枚の組写真です。私も出展しました。明日(10日10時から14時までと11日土曜日14時から18時まで会場におります。お時間のある方、遊びにきてください。この写真展は日曜日までです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

八芳園でお別れ会

英語の会のUさんが茨城にお引っ越しなるというので、先月の最終週が最後の集まりとなりました。

17年に渡るお付合いです。映画や音楽が大好きで、そこから学んだ英語は軽やかで、口語表現をよくご存知の方でした。当時小学生だったお子様たちも結婚、出産。そんな友達が遠くへ引っ越すのはメンバーにとって淋しいことです。

そこで八芳園で観桜も兼ねてお別れ会をすることになりました。

八芳園は「江戸時代前期には譜代の江戸幕府旗本・大久保忠教(彦左衛門)の屋敷屋敷(但し、現在の園全域ではなく一部が彦左衛門の屋敷地)であったが、その後薩摩藩の抱屋敷、島津氏(松平薩摩守)の下屋敷を経て、明治時代に渋沢喜作の手に渡る」という由緒あるお食事処、結婚式場のようです。

DSC_6239_convert_20150409131917.jpg

お食事は槐樹というお店で、可愛い器に盛られた美しい和食でした。
DSC_6167_convert_20150409132822.jpg

園内の桜はもう盛りを過ぎていました。
DSC_6242_convert_20150409132152.jpg

園内は結婚式をすませ散策する人々がいました。池には花びらがピンクに染め、鯉が泳いでいました。
DSC_6300_convert_20150409132215.jpg

Uさんのこちらのうちは息子さん夫婦が住まわれるとか。お子さんたちがこちらにいらっしゃるので、時折戻られると思います。是非会にお顔をお見せくださいませ。

この後Tさんと一緒に目黒川に回りました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜2015 (江川緑道)

寒の戻りで寒いですね。今日は桜ではなく、雪が舞ったとか。もう桜もすっかり散ってしまいました。

約一週間前の木曜日(2日)、夕方から江川せせらぎ緑道は行きました。駅からバスに乗り、着いたら、もう6時ちょっと前、すでに薄暗くなっていました。照明も何もないところですが、それでも桜の下を散歩する人がちらほらいました。

ここは文字通りせせらぎ、川幅が狭いので両岸の桜が覆い被さるように咲いていて、空が見せません。

もう散り始めていて、川には花びらが浮かんでいました。
DSC_7613_convert_20150408211107.jpg

このソメイヨシノの散り始めが一番好きです。
DSC_7605_convert_20150408211050.jpg

もう6時を回ったので、子供たちが遊んでいる姿は見られませんでした。

チューリップが咲き始めました。
DSC_7634_convert_20150408211126.jpg

DSC_7689_convert_20150408212852.jpg

薄暗がりでも写真を撮る人たちはいました。
DSC_7642_convert_20150408211210.jpg

水仙も菜の花も咲いていました。
DSC_7654_convert_20150408212828.jpg

桜の隙間からお月さまが除いていました。満月のようです。
DSC_7697_convert_20150408212919.jpg

桜並木の外の道路を通る車のライトに照らされて
DSC_7726_convert_20150408213156.jpg

DSC_7732_convert_20150408213328.jpg

日が落ちて、かなり気温が下がって来ましたが、夜桜を楽しむ家族もいました。
車のライトが照らした時にパチリ
DSC_7755_convert_20150408213242.jpg

わずか40分の撮影でしたが、気持ちのいい散策ができました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜2015  (大岡川)

31日、午後から横浜開港記念会館に行くことになっていたので、その前に大岡川の桜を撮ろうと少し早めにうちを出ました。
昨年はIさんと一日ゆっくり桜木町から弘明寺まで歩きながら撮ったのを思い出していました。

散り始めた木もありましたが、まだ全体としてまだつぼみの木が多かった。

ランドマークタワーを入れてパチリ
DSC_5647_convert_20150405235009.jpg

DSC_5828_convert_20150405235304.jpg

ランドマークタワーとツートンの京急
DSC_5704_convert_20150405235056.jpg

赤い京急
DSC_5649_convert_20150405235033.jpg

青い京急
DSC_5739_convert_20150405235200.jpg

黄色い京急も撮ったのにはっきり撮れなかったので、捨ててしまったみたい。。。

遊覧船が行ったあとの川のざわめき
DSC_5793_convert_20150405235229.jpg

大岡川周辺は横浜の下町、街の造りが面白い。道路の真ん中にうちが並んでいます。
DSC_5778_convert_20150405235409.jpg

DSC_5607_convert_20150406000412.jpg

DSC_5839_convert_20150406000456.jpg

桜と大岡川、ランドマークタワーに京急、それに選挙ポスターと花見客の6つのてんこもりを狙っていましたが、
京急とランドマークタワーがうまく入るところでは桜がつぼみだったり、選挙ボードが裏側になってしまったりしてとうとう撮れませんでした。

*****

午後、横浜開港記念会館で鉄道写真家、中井精也さんの講演がありました。日本だけではなく、世界各地の鉄道を入れた人間模様の写真をスライドショーにして見せてくれました。

講演のあとで私はいただいたコンテストの賞状(中井さんが審査員)に中井さんのサインをいただきました。とても気さくでフレンドリーな方でした。人間模様を撮る写真家は温かい人が多いように思います。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桜2015 (砧公園)

友達から桜が満開というメールをもらったのが29日、この日はこうくんとパパのヴァイオリンの発表会でした。

こうくんは今年はふざけないで、「こぎつね」を最後まで上手に弾けました。100点です。
そしてダダも力強くバッハのヴァイオリン協奏曲を弾きました。
会場周辺の桜がほぼ満開。

翌30日、うちにきていたゆうたんを連れて砧公園に出かけました。砧公園では満開の木もありましたが、全体としてはまだ3〜7分咲きでした。

DSC_5550_convert_20150405222737.jpg

花びらが透けてきれい
DSC_5531_convert_20150405222650.jpg

DSC_5433_convert_20150405221056.jpg

平日の夕方でしたが、花を楽しむ人がたくさん
DSC_5440_convert_20150405222603.jpg

DSC_5514_convert_20150405222628.jpg

DSC_5469_convert_20150405224904.jpg

DSC_5507_convert_20150405224958.jpg

桜を撮るゆうたん
DSC_5466_convert_20150405224829.jpg

ゆうたんも明日から4年生です。ゆうたんは1年生から三年間皆勤賞でした。素晴らしいことです。ご褒美に本を買ってあげました。ゆうたんと一緒に保育園にこうくんとかいくんを迎えに行きました。二人は大好きなゆうたんが来てくれたので大喜びでした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。