プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

猫まんま

ネコはなぜかいつも快適な場所を知っています。

夏は風通しのいいところ、春は日だまり
我が家のネコは日中たいてい私のベッドの上で寝ています。湯たんぽの温もりが残っているからでしょう。

そして、
DSC_1053_convert_20150224161539.jpg

まだお釜を取り外した、温かい炊飯器の中に。
そして何やら思索に耽っています。

「考えるネコまんま」

DSC_1065_convert_20150224161614.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『いのちの輝き フルフォード博士が語る自然治癒力』by Robert・C・Fulford & Gene Stone

原題 “Dr. Fulford's Touch of Life- The Healing Power of the Natural Life force" 1997年出版

この本が再び評判になっていると聞き、読んでみました。著者のロバート・フルフォード 博士(1905~1997)は、伝説の治癒者(ヒーラー)。半世紀にわたり、アメリカで何千何万という患者を治療して きたオステオパシー医です。著者は出版当時すでに90歳をを超えていました。

アンドルー・ワイルは、自書「『癒す心、治す心』で私はロバート・フルフォードを力強い手を持った寡黙な男として描いた。とくに請われないか ぎり、彼(=フルフォード博士)は自分の方法を人に説明することもなく、深遠な思想を胸のうちにしまいこんでいた。患者に診断結果や治療法を説明する ときも、常に簡潔なことばをもちい、ただの一度も専門用語は使わなかった。」

本書は、その通り読みやすく平易な文章で書かれています。
指圧、鍼灸、整体や漢方になじんだ私たち日本人からするとあまり目新しいものではないかもしれません。スポーツジムで行われているヨガ、気功、太極拳、ピラティスなどは治療ではありませんが、自分で病気になりにくい体、呼吸、血液の流れをよくして体を整えていくということで同じコンセプトだと思いました。

第1章 オステオパシートはなにか
第2章 宇宙の仕組みと人体
第3章 健康が問い直される時代
第4章 オステオパシーによる健康
第5章 自己管理の秘訣
第6章 健やかな生、穏やかな死
第7章 霊性を高める
第8章 エクササイズ
第9章 もっと知りたい人のために

という構成になっています。

オステオパシーはアメリカの医師、アンドリュー・ティラー・スティル(1828〜1917)によって考案された。「スティル博士はどんな病気の患者にも必ず、筋骨格系の異常があるとこと気付き、循環系と神経系のアンバランスが症状を起こしているのではないかと考え始めた。それを解決するには体に手技(マニュピレーション)を施して、ほどよい循環を取り戻せばいい」

オステオパシーは体の一部の器官を見るのでなく、体全体を全体を見る。そして「体と心は確実に一つのものであり、どちらかがよくなれば、もう一つの方が自然に楽になっている」という。

オステオパシー医学には、人間を、からだ、心、そして魂からなるひとつの宇宙として捉える考え方がある。どこが病んでいると、 それを心身全体の病気として捉える。意識下の問題が解決されない限り、心と体のバランスがとれた真の健康は手に入らないし、逆に、心と体のバランスがとれていないと、意識下の部分に病が生じる。

「人体は『生命場』とでも言うべきものに包まれている」
エール大学医学校の教授、ハロルド・サクストン・バー博士は「人体が電磁エネルギーに浸透され、取り囲まれていることを初めて立証した」そうだ。
「人体にくまなく浸透し、それを包み込んでいる生命場は電磁気エネルギーでできている。そして、そのエネルギーが体内にある時、私はそれを『生命力』と呼ぶ」

「いのちは呼吸に支配されている」

東洋系のエクササイズは深い呼吸とその呼吸によって循環を促すことに重点を置いています。

そう言えば、私の父などは月の満ち欠けに人の誕生と死は影響されると思っていて、月が満ちる頃に生まれると言っていました。

「東洋では何千年も前から、似たような生命エネルギーの概念が認められてきた。中国人はそれを「気チ」と呼び、日本人は「気」と、インド人は「プラーナ」と呼んできた。残念ながら、アメリカにはそれを呼ぶ言葉がないのである」と語っている。

「トラウマは自由な呼吸を阻害し、その結果、生命力に悪影響意を及ぼすことがある。〜放置しておくと、痛みや病気となってあらわれるとことがある」

「エネルギーの自由な流れは決定的に重要なものである。従って、流れを阻害するものを取り除くことが私の仕事の中心になる。私の介入によって患者の健康が回復したとすれば、それは患者の体にエネルギーが自由に流れるようになったからに他ならない」という。

そして苦痛の根本を放置して化学薬品で症状を消す対症療法に走ることを戒めています。私も薬の副作用に悩まされているので、同感してしまいます。と言いながらも、今日は花粉症の薬をもらいにいってしまいました。
過度の運動を避け、ストレッチや瞑想を勧めています。まさにヨガですね。

自分のなかに眠っている自然治癒力を目覚めさせ、 からだの声に耳を傾けることから、私たちは回復していかれると言っています。

第8章には「これを毎日正しくおこなえば、健康を増進し、生命力を高めるのに大いに役立つ」という8つの静止ポーズが出ています。コピーを取っておきましょう。
痛い時にはやるのですが、これがなかなか続けられなくて。。。

フルフォード博士は訳者に「オステオパシーの源流とも言うべきものは日本の柔術の整復法である」と書かれた本を見せたといいいます。

この本、読んでみてください。

続きを読む »

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

葛西臨海公園 鳥類園

葛西臨海公園に行きました。

DSC_6885_convert_20150223144831.jpg

水仙祭りをしていました。
DSC_6961_convert_20150223144849.jpg

ここは水族館で有名ですが、この日は鳥類園に行ってみました。

目が悪いせいか、鳥がなかなか見つからないため、めったに鳥の写真を撮ったことがありません。鳥は美しいと思っていますが、種類もほとんど知りません。

大きい望遠レンズも持っていませんが、APSC300mm フルサイズ換算450mmで撮ってみました。

もう立春も過ぎましたが、その日は薄日がさす程度、時折柔らかい陽射しが当たっていましたが、枯れた葦が池の周りを埋めていて、まだ冬模様でした。

一応検索して名前を載せてみました。間違っていたら(たぶん間違っている)教えてください。たくさん間違っていたらどうしよう。。。。

ジョウビタキ 可愛い鳥です。スズメより大きい。
DSC_7089_convert_20150223145640.jpg

ノスリ(鷹)羽を広げているので、とても大きく見えました。300mmで撮りました。
DSC_7193_convert_20150223145917.jpg

オナガ
DSC_7261_convert_20150223145937.jpg

アオサギ
DSC_7136_convert_20150223145702.jpg

ホシハジロ たくさんいました。
DSC_7156_convert_20150223145842.jpg

ハクセキレイ
DSC_7314_convert_20150223145955.jpg

ムクドリ
DSC_7067_convert_20150223145614.jpg

川鵜
DSC_7168_convert_20150223145900.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

泰明小学校

銀座に80歳を超すビルが8棟あります。東京大空襲にも耐え、残ったというのは奇跡のように感じています。(今も健在かしら?)ついでがあったら、訪れてみたいと思っていました。

この泰明小学校もその一つで、これで写真に撮ったのは3棟目です。銀座5丁目にあります。銀座のライカのすぐそばです。
泰明小学校は明治11年創立、関東大震災で全焼し、昭和4年現校舎落成。

泰明小学校はキラ星のごとく著名人を輩出しています。島崎藤村、北村透谷、金子光晴、池田彌三郎、書ききれないほどたくさん同小学校出身者がいます。殿山泰司、朝丘雪路、中山千夏など芸能人も多数います。

校舎は鉄筋コンクリート造3階建てです。
フランス門と呼ばれているそうです。
DSC_6782_convert_20150221112148.jpg

アーチ型の塀
DSC_6830_convert_20150221113338.jpg

半円形の窓が柔らかみを加え、お洒落です。
DSC_6801_convert_20150221112205.jpg

校庭のトラック
DSC_6824_convert_20150221113218.jpg

窓から壁にお習字が展示されているのが見えました。
DSC_6820_convert_20150221113150.jpg

大きな古時計がかかっていました。
DSC_6828_convert_20150221113300.jpg
児童数は2013年度346名、一学年60人ぐらい前後だそうです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

節分の日 龍口寺

節分の日、昨年に続いて江ノ島の龍口寺へ行きました。立春、暖かい日でした。
境内で恵方巻きを買って昼ご飯にしました。方角がどちらか分かりませんでした。

龍口寺では水行が行われました。今年は行者さんを募集したとのことで、女性が二人参加されました。

DSC_6278_convert_20150220000037.jpg

次は僧侶の方々の水行です。毎年やっているので腕も背筋も伸びていて写真になります。
DSC_6289_convert_20150220000110.jpg

DSC_6385_convert_20150220000154.jpg

境内にはこんなものがありました。砲丸。
DSC_6535_convert_20150220000223.jpg

そのあと豆まきが行われ、私もたくさん拾いました。

それから腰越漁港に行きました。
DSC_6600_convert_20150220000246.jpg

夕方光芒が見えました。ちょっと絞って。
DSC_6707_convert_20150220000309.jpg

江ノ島に灯りが灯りました。
DSC_6761_convert_20150220000339.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

かいくん3歳の誕生日

もう一ヶ月も前のことです。

かいくんが三歳になりました。保育園でもちょっと小さめで、泣き虫ですが、絵本が大好きで、お話がだんだん上手になりました。目下かるたに凝っています。といってもひらがなが読めるわけではありませんが、読み札を聞いて絵カードを上手に探せます。

そんなかいくんの3歳の誕生日です。

誕生日のご馳走がテープルの上いっぱいに並びました。かいくんのリクエストで黄色いケーキを探しましたが、二階建てのショートケーキで代用。
DSC_0873_convert_20150219132414.jpg

ママが作ったアイシングの妖怪ウォッチクッキー
DSC_0878_convert_20150219132438.jpg

ご機嫌なかいくん
DSC_0941_convert_20150219132527.jpg

モモ
DSC_0961_convert_20150219132552.jpg

ミミ
DSC_0921_convert_20150219132509.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

寒行托鉢(総持寺)2015

久し振りの更新となりました。

1月も終わりの日、鶴見の総持寺の寒行托鉢を見に行きました。2年前に一度見たことがあります。
ミャンマーで毎朝托鉢を見ていましたので、また新たな気持ちで日本の托鉢を見たいと思っていました。

この日は托鉢の最終日だったので、若い僧侶の方々も何度か経験をしたのでしょう。前回見た時よりリラックスしている様子でした。

総持寺の長い廊下に射す光はもう春を感じさせます。

DSC_5457_convert_20150217154528.jpg

托鉢に行く準備をする僧侶 2時15分
DSC_5516_convert_20150217154601.jpg

ミャンマーの僧侶の持つお椀は実際のご飯が入るのでもっと大きかった。

こんな草鞋を履いて出かけます。バンドエイドが貼られた足が見られました。慣れない草鞋で歩くのは痛いのでしょうね。ミャンマーではみな裸足で、ご飯をあげる人もゴム草履を脱いで裸足になりました。

DSC_5605_convert_20150217154623.jpg

般若心経を唱え、記念写真を撮ってから、街へ托鉢に出かけました。2時55分
DSC_5742_convert_20150217154706.jpg

街に出ました。
DSC_5905_convert_20150217154852.jpg

DSC_5949_convert_20150217154922.jpg

功徳を施す街の人

DSC_5983_convert_20150217154947.jpg

私もしました。

お寺に戻ってきました。15時44分
DSC_6078_convert_20150217155122.jpg

笠を外して、再びお経を上げて終了です。
DSC_6105_convert_20150217155145.jpg

大乗仏教でも上座部仏教でも托鉢は続いています。ミャンマーではいただいたご飯を寺に持ち帰り、寺に残るみんなで昼ご飯としていただき、その後翌朝まで食を断ちます。毎朝毎朝托鉢が行われていました。

境内の優しいお顔のお地蔵さま
DSC_6204_convert_20150217155211.jpg

10頭身の私
DSC_6221_convert_20150217155238.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム