プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カノン』by 中原清一郎(外岡秀俊)

著者 中原清一郎(1953年生まれ)は学生時代に『北帰行』により文藝賞を受賞したのに、朝日新聞社入社し、小説活動を中止し、ジャーナリストとして活躍。
本名外岡秀俊の名で書いた新聞の記事やコラムにずっと注目していたので、こんな小説を書くのかとびっくりました。

この人の書いた小説ということでノンフィクションに近い小説かと思って読み始めましたが、近未来小説です。

「記憶を失っていく難病の32歳・女性。末期ガンで余命1年を宣告された58歳・男性。男と女はそれぞれの目的を果たすため、互いの肉体に“入れ替わる”ことを決意した。「北帰行」から37年―外岡秀俊が沈黙を破る感動長編。」

著者の寄稿によれば、「郷里の札幌に帰った。ホームに入った父は認知が進んでほとんど会話できず、時々視線が合うと、微笑むことがあった。(中略)父の生前、よく母がこういった。「意識がしっかりして体が不自由なのと、頭は朦朧としていても体が自由なのと、どちらが幸せなのかしら?」。それは、母にも自分にも、いずれ突きつけられる晩年の不可避の選択だ。(中略)その二人が契約を交わして、脳の一部を交換したら?」
これが執筆の動機です。

近未来にこのような医学的進歩はありえても、実行されるとは思えない設定です。なぜなら私自身は決して望まないし、こんなことを望む人がいるとは思えないからです。にもかかわらず、十分感情移入できました。なぜなら、年齢、性を越えた人生、アイデンティティーを問いかけているからだと思いました。

***
ジンガメル症候群(若年性アルツハイマーのような難病)という徐々にすべての記憶が失われていく難病に侵された32歳の女性編集者,氷坂歌音(カノン)。彼女には彼女を支える夫(拓郎)と4歳になる男の子(達也)がいる。

一方58歳の寒河江北斗は広告代理店の部長代理、妻と娘がいる。

この二人がアメリカで数年前に行われたた脳間海馬移植という方法で,北斗の海馬はすべての記憶が薄れていく歌音の身体に、歌音の海馬は膵臓末期がんの北斗の身体に移植される。日本での2例目となる。

歌音は息子達也の幸せを願い、歌音自身の記憶と心は病に侵された北斗の肉体とともに死ぬという過酷な運命を受け入れながら、58歳の北斗に母親として生きてもらうことを望む。そうなると心は58歳の経験と記憶を持つ男性のままだ。

歌音として生きることを選んだ北斗は4歳の男児の母親になり、仕事に復帰する。性が変わったことへの戸惑い、職場でのトラブル、親子間のトラブルなどの葛藤を越えて、新しい自分「カノン」を受け入れていく。

歌音の子供を愛するあふれる想いがカノンの旋律となって繰り返し流れます。

「心ってどこにあると思いますか」「心って、渚みたいなものではないでしょうか」
「心って水のようなものだと思います」「北斗の海馬が歌音の体に移植され、しばらくは干渉状態が続きました。(略)でも、その組み合わせがしっくりいくようになると、器官はひとつになって、そこに水を入れることができる。そうやって新しい「心」が生まれるのだと私は思います」

歌音の母和子は新しい歌音に言う。「あなたは、今までのあなたのままで生きていい。いまのわたしとあなたは、母と娘っていうより、同じ境遇の者同士。すっかり心を許しあって、何でも打ち明けられる友達なのよ」

ありえない設定なのに、涙があふれました。読んでみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

イタリアンat 鎌倉&湘南海岸

鎌倉においしいイタリアンがあるというので行ってみました。店の名前も忘れてしまいそうなのでメモしておきます。

鎌倉駅から約1キロ、大町にある「Zebra」というこじんまりしたレストランです。
ゆっくりくつろいでパスタをいただきました。サラダ、デザート、ドリンク付きランチで、美味しかったです。

Zebraの店内

DSC_8284_convert_20141030100130.jpg

材木座海岸まで歩きました。
こんな休日の過ごし方もいいですね。
DSC_8311_convert_20141030100304.jpg

薄曇り空の向こうに富士山が見えました。
DSC_8333_convert_20141030100437.jpg

そこから逗子マリーナまで歩きました。あたりは椰子並木に南欧風のマンションが並んでいました。
DSC_8338_convert_20141030100930.jpg

海は大好きですが、鎌倉は憧れの地ですが、津波の心配が言われています。それに塩害もひどいそうです。ロケーションもよく、潮風に日々癒されそうですが、住むのにどうでしょうかねえ。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

しながわ宿場祭り おいらん道中

ブログの更新が滞っている間にも撮影に行ったり、写真展があったりしていました。

もう1ヶ月も前になりますが、初めて見た行事だったので、アップします。

この祭りも24回目とか。近隣にもまだ知らない街、祭りがたくさんあります。

品川(最寄り駅は京急新馬場)がこんなに庶民的な昭和の香りを残す街だったとは。(JR品川駅に新幹線が止まるようになってからすっかり大都会になっていましたから)

DSC_7019_convert_20141029232200.jpg

駅前にはこんなお侍さんがいました。
DSC_6977_convert_20141029232137.jpg

聖蹟公園ではいろいろな屋台があり、催し物が行われていました。
猿芸
DSC_7070_convert_20141029232222.jpg

よさこい
DSC_7106_convert_20141029232246.jpg

路地に入るとこんな旅烏が
DSC_7138_convert_20141029232310.jpg

花魁たちのお通りです。
DSC_7166_convert_20141029232347.jpg

「お江戸日本橋」にはこんな歌詞があります。

お江戸日本橋 七ツ立ち 初のぼり
行列そろえて あれわいさのさ
コチャ高輪 夜明けて 提灯消す
(コチャエー コチャエー)

恋の品川 女郎衆に 袖ひかれ
乗りかけ お馬の 鈴が森
(コチャエー コチャエー)

品川は恋の街だったのですね。
カメラマンもぎっしり

DSC_7199_convert_20141029232424.jpg

さらに花魁を乗せた力車が来ます。
DSC_7292_convert_20141029232507.jpg

抜いた襟と男衆の肩に置く手の色っぽいこと
DSC_7311_convert_20141029232536.jpg

花魁が町を練り歩く時に履く三ッ歯の花魁下駄で、花魁道中は裲襠姿で八文字歩きをします。
DSC_7443_convert_20141029232608.jpg

お稚児さんも
DSC_7461_convert_20141029232655.jpg

重そうな着物にかつら、素足に高下駄を履いて街を歩くのですから、さぞ疲れたとこでしょう。カメラマンも疲れました。

9月27日でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『ダブル・ファンタジー』by 村山由佳

女性がここまで性描写を書くかという恋愛小説です。

本書は2007年6月より2008年8月まで『週刊文春』に連載され、2009年に発行され、柴田錬三郎賞、中央公論文藝賞、島清恋愛文学賞を受賞しています。

帯には「どうしてわかってしまったのだろう。こういうふうにされるのが好きな女だと」「奈津・35歳、脚本家。尊敬する男に誘われ、家を飛び出す。”外の世界”に出て初めてわかった男の嘘、夫の支配欲、そして抑圧されていた自らの性欲の強さーー。もう後戻りはしない。女としてまだ間に合う間に、この先どれだけ見も心も燃やしつくせる相手に出会えるだろう。何回、脳みそまで蕩けるセックスができるだろう。そのためならーそのためだけにでも、誰を裏切ろうが、傷つけようがかまわない。『そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる』」と書かれています。

作者村山由佳(1964年生まれ、2003年直木賞受賞)は2009年の中央公論文藝賞の授賞式で再婚を発表しています。
「小説がどうしても書けなくなったために、あれほど心血注いで造りあげた鴨川の農場と家を離れ、独りになることを選び、ぎりぎりの思いの中で『W/F(ダブルファンタジー)』を書きあげた」と。

村山は物書きとして覚悟を決めて生きるために3カ所大きな入れ墨までした人です。

主人公の奈津は本文の中で家を出るきっかけとなった敬愛していた演出家に、後につき合うことになる男優に「つき合うのは勝手だが、獲って食われるなよ。あの女、ああ見えて中身は男だぞ」と言われる。

母親からの呪縛から逃れ、夫からの創作への関与からも逃れ、一人で立つことを決意する。作者は「人生のともしびのような男より、人生の花火が欲しかった」と語っている。

ヒリヒリするような孤独を覚悟に、自立に向う女性のお話です。

初出が『週刊文春』なので、村山がその読者に合わせたからなのかこれほどのセックス描写を必要だと思って書いたのかわかりませんが、性描写がリアルです。夫、演出家、大学の先輩、俳優、それにデリバリーの商売男、僧侶と奈津がかかわった男が次々と出てきます。

面白かったですが、本書は賛否両論あるでしょうね。

どうしてこの本が『ダブル・ファンタジー』なのかと思った時にジョンレノンとオノヨーコのDouble Fantasyを思い出しました。本歌どりでしょうか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

保育園の運動会

気がつけば台風一過、いっぺんに秋が到来、山々からはもう紅葉便りが届いています。
旅行に行っていたわけでもないのに、更新が久しく空いてしまいました。

昨年に引き続き、近くの小学校の体育館をお借りしての運動会です。かいくんは2歳、こうくんは5歳(年中さん)になりました。

こうくんは張り切っています。かいくんは去年はふんぞり返って泣いて、ママを手こずらせ、抱かさってゴールしました。1年経ってどれだけの成長を見せてくれるか楽しみと不安とがありました。

運動会会場までかいくんは抱っこです。「ねえ、かいくん、運動会なんだからアップのつもりで歩こうよ!」
DSC_7708_convert_20141016112106.jpg

先生に抱っこされています。大丈夫かな。。。
DSC_7710_convert_20141016112129.jpg

かいくんより一つ下の子供たちの競技、去年のかいくんのようにふんぞり返って泣いているいる子が子が何人もいます。

さて、かいくんの出番です。名前を呼ばれ、ハイと手を上げました。かいくんは何を思ったか、大好きな怪獣の手と顔を作って走り出しました。

DSC_7913_convert_20141016112157.jpg

先生とママが持つバーにつかまって
DSC_7943_convert_20141016112223.jpg

ママに脚を持ってもらって、ゴールです。
DSC_7958_convert_20141016112255.jpg

みんなと一緒に見学でき、そして競技することができました。金メダルとご褒美をいただきました。保育園にようやく慣れたかいくん、大きな成長を見せてくれました。

さて、こうくんはもうすっかり余裕です。出番待ちでもお尻を突ん出してふざけるこうくん
DSC_8019_convert_20141016112338.jpg

マスゲームのような競技です。
DSC_8030_convert_20141016112410.jpg

DSC_8051_convert_20141016112436.jpg

DSC_8057_convert_20141016112510.jpg

DSC_8073_convert_20141016112545.jpg

5歳児はみんなと協力しあって、もうこんな団体競技ができるようになるのね。

帰り道
DSC_8267_convert_20141016112643.jpg

DSC_8266_convert_20141016112614.jpg

10月4日撮影

男の子2人は大変だわ。こうくんちはこの夏からキャンプに凝っています。自然の中でのびのび育て!
怪我のないように育ててください。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

「女のいない男たち』by 村上春樹

本書は「絡み合い、響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。」

6編のタイトルは「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」で最後の「女のいない男たち」は書き下ろし。村上の本は登場人物の名前が変わっている。どうして名前にこんなにこだわるのかな。

村上ワールドが短編になるとこうなるのか。。。6編に流れるモチーフは女に去られてしまった後の「女のいない男たち」。残された男から見ると、どれも動機がはっきりせず、男たちは困惑し、ロストラブよりその思いが後を引く。

「木野」と「ドライブ・マイ・カー」は、妻の不倫で最愛の伴侶をなくす話。

「ドライブ・マイ・カー」
「舞台俳優・家福(かふく)は女性ドライバー渡利みさきを雇う。死んだ妻はなぜあの男と関係しなくてはならなかったのか。彼は少しずつみさきに語り始める…。」

妻の恋人が言う「奥さんは本当に素敵に女性でした。(中略)本当に相手を見たいと望むなら、自分自身を深くまっすぐ見つめるしかないんです」

家福はみさきに言う「なぜそんななんでもない男に心を引かれ、抱かれなくてはならなかったのか、そのことが今でも棘のように心に刺さっている」

「イエスタデイ」は、幼なじみを熱愛しながら、どうしてもその女の子には手の出せない男、木樽。
「僕らはみんなおわりなく回り道をしているんだよ」

「シェエラザード」は『千夜一夜物語』のように、主人公羽原(はばら)とセックスするたびに、聞かせてくれる興味ある話。

「木野」では木野が「ドライブ・マイ・カー」に出てくる南青山に小さいバーを開く。
「人間の抱く感情のうちで、おそらく嫉妬心とプライドくらいたちの悪いものはない。そして木野はなぜかそのどちらからも、再三ひどい目にあわされてきた」

木野が「おれは傷つくべきときに十分に傷つかなかった」、「本物の痛みを感じるべきときに」「肝心の感覚を押し殺してしまった」、「痛切なものを引き受けたくなかったから」だ。最後、「深く」「傷つ」き、「涙を流す」ところで終わる。

よかったかと問われれば、よくわからないところが多かったと答えておきましょう。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。