プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『ハピネス』by 桐野夏生

『ローズガーデン』に引き続き、桐野夏生です。

本書は女性雑誌「Very』に掲載された連載小説に加筆した作品です。桐野夏生と30代主婦を対象としたこの雑誌は結びつきません。桐野はこの雑誌の連載小説を書くにあったて、この雑誌の読者のような主婦を主人公にして、どんなストーリーが作れるのか考えて書いたような小説です。

ストーリーはテレビドラマを見ているようで、あっという間に読み終えました。テレビドラマ「名前をなくした女神」を思い出しながら読みました。

タワーマンションに住む5人の女児のママ友のお話です。主人公は33歳主婦岩見有紗、3歳2ヶ月女児花奈の母。それに美人で何でもでき、気遣いもできるリーダーのいぶママ、タワーマンションの住人ではないが美人でスタイルのいい、下町育ちの美雨ママ。美雨ママは唯一ホンネで暮らす、ストレートな気性。こうしたママ友が絡んで物語が進んでいきます。

有紗と娘花奈は江東区の29階の家賃23万円のマンションで暮らす。有紗は何事にも自信がなく頼りない。アメリカへ単身赴任している夫から離婚を求められている。空中に浮かぶつかみどころのない高層の部屋と有紗、そして幸福ハピネスのはかなさは似ている。

タワーマンション、お洒落なファッション、可愛い子供、高学歴高収入のかっこいい夫、育った恵まれた環境によりかかる主婦たち。みんな仲がよさそうで幸せそうだが、見栄と嘘で、それぞれのハピネスは揺れ動く。

有紗は、仕送りこそするが、何の連絡もよこさない夫に対し、電話をしたりメールをうったりはするが、話をすべくアメリカへ飛んで行こうともしない。こんな受け身の有紗が、いろいろな事があって、自分で決断し、自分の足で道を歩もうと変わっていく。仲間にも思いがけない出来事が起きる。仲間の娘たちはバラバラの幼稚園に入学することとなり、リーダーのいぶママが引っ越しをし、ママ友5人のグループは消滅する。

有紗が変わっていく過程がこの物語のキーだと思うが、説得力に欠ける。


60歳を過ぎた桐野は30代のファッション、彼女らの言葉をよく知っています。この「Very」で知識を補充しながら執筆したのでしょうか。

30代の専業主婦がこんなにも愚かでしょうか。娘が有紗より少し上で、花奈と似たような年齢の男児を育てていますが、仕事をしているので、有紗たちのようなママ友仲間はいそうにありません。同世代の女性がどう読むか聞いてみたいと思います。

きっとドラマ化されるでしょう。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

2歳の誕生日(かいくん)

18日でかいくんが2歳になりました。誕生日おめでとう

1年前はまだママは育休中だったので、ぐずるたび、ママのおっぱいにしがみついていました。
今も大変なママッ子で、ママの姿が見えなければ、いい子にしているのですが、ママの姿が見えたとたんにわがままになります。

そんなかいくんも保育園では我慢していることも多いようで、とてもいい子にしているようだと聞くと何やら不憫な気がします。

本を読んでもらうのが大好きで、とりわけおばけと蛇がお気に入り。絵本のページの隅にある蛇を見つけては「りろりろ」(にょろにょろ)と言っています。

かいくんの誕生日にお呼ばれしました。
この日はゆうたんも来て、かいくんは終始ご機嫌でした。
今年もフォトブック「かいの命の躍動Ⅱ」を作成して、あげました。
P1272221.jpg


ママの手作り料理が並びました。
DSC_3794.jpg

DSC_3819.jpg

ケーキを食べているかいくん
DSC_3874.jpg


本を読んでもらっているかいくん
DSC_3761.jpg

DSC_3839.jpg


ごろごろ
DSC_3744.jpg

DSC_3859.jpg


誕生日の1週間前、お熱を出してお手伝いに行ったときの写真です。
ミミとかいくん ちょっとピンぼけが残念
P1092098.jpg

P1092100.jpg

ソファでモモがどでっと
P1092128.jpg

P1092139.jpg

健やかに育ってほしいと思っています。
Happy Birthday!!!

これを書いている時、かいくんは今年2度目の発熱、ヘルプのメールが来ました。明日はまたかいくんと一緒のようです。
インフルエンザじゃないといいけど。。。。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『ローズガーデン』by 桐野夏生

『ローズガーデン』は桐野夏生の短編集です。この本はなぜか我が家に2冊ありました。息子と娘がそれぞれ買ったのでしょうか。

桐野夏生(1951)ハードボイルド作家、ミステリー作家などと言われていますが、私はこういうカテゴリーに括ることのできない作家だと思います。今まで読んだ本はどれも面白かったのですが、どのシチュエーションもちょっとヘンです。
   
短編集 『ローズガーデン』は、村野ミロが登場する四つの短編、「ローズガーデン」、「漂う魂」、「独りにしないで」、「愛のトンネル」で構成されている。読み終えてまだ数日しかたっていないのに、タイトルだけでストリーを思い出せるのは「ローズガーデン」だけ。後ろの3つ作品は、基本的にサスペンスをベースにして、探偵ミロのエンターティメント色の強いものが中心となっている。
 
主人公のミロがまだ高校時代から始まっている。不思議な軽やかさをもつ少女ミロである。この作品はミロの元夫であった河合博夫の視点で描かれている。博夫はインドネシアの熱帯雨林の中を船で上流へと上る。ここの空気感同様、濃密で、混沌としていているが、軽やかさを失っていない不思議な、サディズムとマゾヒズムが渾然一体となったような男と女の話である。博夫はミロを「自分の快楽を喚起することにかけては絶対に手を抜かない女だ」と語る。ありのままの自分、ありのままの自然なガーデン。
 
外の3編は博夫は出てこない。新宿二丁目に住むミロの仕事上のお話。ゲイの街2丁目。「漂う魂」はミロの住むマンションの幽霊騒動から始まる夜の街に働く住人の中での犯人探し。
「独りにしないで」は美しい中国人ホステスをめぐる男と女のお話。「愛のトンネル」は英会話学校で勉強していると思っていた娘が転落事故に巻き込まれて死んだ。その22歳の娘はSMクラブの女王で、そのクラブの経営権を買っていた。

どれも不思議なお話でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

渡良瀬夕景

日が傾いてきた頃、渡良瀬第2調節池小山市の桜づつみに移動しました。

土手堤が2重にあって、こちらも見渡す限りの葦の枯れ野です。

夕日に葦が光っています。
DSC_3648.jpg

DSC_3658.jpg

こんな枯れ野にまだ新しい廃棄物が
DSC_3639.jpg

光る排水場
DSC_3647_2014012314332411c.jpg

太陽を入れて撮ってみました。
DSC_8532.jpg

富士山も見えました。
DSC_3722.jpg

逆光にフレアが光ります。
DSC_3685.jpg

フレアが幻想的なのでフレアを撮ってみました。
DSC_8541.jpg

遠く宇宙からの光が地球に刺さったようです。
DSC_8581.jpg

枯れ野の遊水池、雪が降った頃、また来てみたいです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

渡良瀬遊水池

多々良沼から栃木県の渡良瀬遊水池へと移動しました。多々良沼は館林の北西、渡良瀬遊水池は館林の南東にあります。

遠くに見えるのは筑波山
DSC_3477.jpg

渡良瀬遊水池は茨城、栃木、群馬、埼玉の県境にまたがる巨大な遊水池です。(面積33k㎡)そしてハート型の貯水池が第一調節池と呼ばれる谷中湖(4,5k㎡)です。

「渡良瀬遊水地」は、足尾鉱毒事件で知られる「足尾銅山」から流れ出した鉱毒を沈殿させて無害化することを目的に作られた超巨大遊水池です。古河鉱業、足尾銅山、田中正造、谷中村、洪水、鉱毒、強制立ち退き、廃村とキーワードを並べれば、渡良瀬の歴史が分かろうというもの。明治10年から大正6年にかけてのことです。
DSC_3485.jpg

延命橋
DSC_3491.jpg

延命院墓地跡
DSC_3515.jpg

DSC_3522.jpg

DSC_3540_20140123004941e51.jpg

DSC_3509.jpg

向こうに見えるのが雷電橋
DSC_3551.jpg

道はあるのに通る人もいません。
DSC_3578.jpg

DSC_3600.jpg

この時期、一面の葦の枯れ野で、誰もいません。
DSC_3612.jpg

葦が光ってきれいです。
DSC_3607.jpg

どんよりした日だったら、ずいぶん違う趣だったと思います。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

多々良沼

白鳥が飛来するという群馬県館林近くの多々良沼へ行きました。いい天気でした。

数羽の白鳥がいました。ガバ沼にもっといるかもしれないとガバ沼に行きましたが、こちらは全くいません。(後日ネットで調べると前日には100羽以上の白鳥がいたようです。残念!!!)再び多々良沼へ移動しました。

白鳥さんたちはいるにはいるのですが。。。すぐ近くで撮影とはなりませんでした。

遠くで優雅に泳いでいます。
DSC_3202.jpg

DSC_3214.jpg

2羽睦まじく
DSC_3227.jpg

水面がキラキラ光ってきれい
DSC_3297.jpg

割れた干潟にカラスもいました。餌がたくさんあるのでしょうか。
DSC_3211.jpg

数10羽いますが、背景がよくないなあ。
DSC_3365.jpg

かなり低空飛行です。
DSC_3350.jpg

数羽飛び立っていきました。
DSC_3367.jpg

保育園児たちもバスで白鳥を見にきましたが、浮島橋には白鳥が2羽だけ。
DSC_3425.jpg

この後、栃木県の渡良瀬遊水池へと移動しました。

1月10日撮影

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『東電OL殺人事件』by 佐野眞一 in 2000

この東電OL殺人事件は1997年3月に発生した事件です。被告人ゴビンダが2000年第一審無罪、控訴審、逆転無期懲役、2003年上告棄却を経て、2012年末再審請求によりに無罪判決を受け、帰国し、家族との再会を果たしました。昨年補償額6800万円が支払われたというニュースで、まだ記憶に新しい。

このときの参考資料としてあげられていたのがノンフィクションの本書です。この本は第1審の無罪判決で終わっています。ゴビンダは15年間に及んで収監されました。しかし、真犯人は未だ不明のままで、被害者女性の魂は浮かばれないままになっています。


ネパール人、ゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告は一貫して無実を主張していた。「昼は美人エリートOL、夜は売春婦。マスコミは彼女が殺人事件お被害者であることをそっちのけに、昼と夜の二つの顔の落差に標準を当てたストーリーづくりに奔走していった」

どうしてゴビンダが犯人とされたのかについては被害者と複数回売買春行為があったため、不法在留のネパール人であるという予断があったようだ。佐野は裁判中居眠りばかりの裁判長、捜査の予断、警察の取り調べで殴る蹴るの暴行、警察のインチキ(就職先を斡旋されて元被告を有罪に結びつける証言をしたと告白する者もいた)を暴ていく。

犯行時刻にゴビンダが現場にたどり着けたかどうか。被告が勤務していた千葉県幕張のインド料理店から現場まで、その通勤ルートをストップウオッチで計測しながら何度も歩いていく。そしてゴビンダの無実を確信する。ノンフィクションライターは取材をして記事を書くのは当然だが、佐野は捜査員のように事件の足取りを繰り返し歩く。

ただ、家族からの情報を得ることができなかったからか、その周辺の調査を広げ過ぎ、それをみな本書にまとめあげ、いろいろこじつけるものだから話がどちらへ行くのか散漫になった嫌いがある。

当時のマスコミ同様、私の興味も被害者渡辺にあった。東大と日本女子大卒の両親、慶応女子校から慶応大学経済学部を優秀な成績で卒業し、総合職として東電に入社、数々の経済論文を専門誌に発表していたと言う。それに165cmのほっそりした体型にロングヘアの39歳。

渋谷は繁華街の路地をはいるとかつての恋文横町があり、ホテルが林立している。
被害者はウィークデイの昼間は東電企画部調査課の副長、退社後は乗換駅の渋谷円山町の路上で、雨の日も風の日も客を引く、それも安い金(2000円から5000円ぐらい)で一日に4人も目一杯。それでも最終電車で母親と妹のいる自宅へ帰る。それをノートに克明に付けていた几帳面さ。さらに土日はホテトル嬢。拒食症になりながら、週末も休むことなく、寝る時間以外は働き続ける。売春婦であるときの渡辺は執拗に男を追い、場合によっては駐車場や路上でもセックスをするなど、目を覆いたくなるくらい自堕落だ。自宅へ戻り、一晩寝てリセットして昼間の顔を作るのか。
 
元被告と同じ部屋に住んでいたネパール人、被告の家族たちから直接話を聞くため、著者はネパールに飛び、無罪の確信を深める。

再審が認められる直接の根拠となったDNA型鑑定についても、一審ですでに十分な鑑定が行われていないことは弁護側から指摘されていた。

著者は彼女の行為を「大堕落」と呼び、「心の闇」に迫ろうとしたのだろうが、成功したとは言えないと思う。20歳の時の敬愛していた父親の死がトリガーとなって拒食症に陥る。就職してからは総合職としての重圧、出向などがその原因としてあげられている。通常は彼女もなった拒食症、うつなどにはなるだろうが、これでもかというほど自分のプライドを木っ端微塵に打ち砕き、身を壊すほど働き続ける自虐性。最終章で精神科医斉藤学との対話で「懲罰的超自我」という言葉が出てくる。拒食症から自己処罰の傾向へ向う場合があるのだそうだ。その原因も父親との関係にあると言う。精神科医や心理学者の言うことは時折????だ。

本書の大半はゴビンダの裁判と無罪の証拠や著者が捜査した記述に割かれていて、被害者渡辺の精神面についての記述は最終の3章だけである。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

江ノ島

江ノ島まで歩いて行きました。

カラフルペイントの江の電
DSC_2875_201401142109503ff.jpg

日蓮宗龍口寺さんで初詣。初詣はみんな鎌倉へ行ってしまうのでしょうね。江ノ島のお寺はすいていました。
DSC_2886.jpg

DSC_2892.jpg

娘を片手に抱えて、鐘を打つおとうさん。音が怖くて泣いていました。
DSC_2907.jpg

水仙が咲いていました。
DSC_2895.jpg

江ノ島大橋を通りもうすぐ江ノ島というところへ来ると、いつも決まって水上バイクが見られます。今日はこちらも富士を背景にライディングです。気持ちいいでしょうねえ。
DSC_2988.jpg

青銅の鳥居をくぐると土産物屋が並ぶ赤い鳥居へ
DSC_2997.jpg

大道芸も見られました。
DSC_3105_201401151713578b3.jpg

エスカー(エスカレーター、350円)に初めて乗りました。やっぱ楽チンです。

サムエル・コッキング苑ではチューリップが満開でした。
DSC_8514.jpg

DSC_3030.jpg


DSC_3020.jpg

DSC_3087.jpg

白いチューリップもとってもきれい。
DSC_3077.jpg

それから江ノ島はネコに出会えるのも楽しみの一つ。ネコはまたの機会に

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

祝い船 at 腰越漁港

腰越漁港で祝い舟に乗せていただくことになりました。ラッキー!!

思いのほか寒くなく、気持ちのいい松の内です。

富士山を背景にサーフボードでパドリングする若者たち
DSC_2669.jpg

何艘もの祝い船が出港しました。
DSC_2714.jpg

かなりの速さで湾内を廻ります。

DSC_2747.jpg

大漁旗、五色旗がはためきます。
DSC_2759.jpg

カモメが飛び立ちました。
DSC_2812.jpg

15分ぐらいだったでしょうか。気持ちのいいクルーズが終わり下船しました。

持てないほどの戦利品を持つ兄弟。
DSC_2815のコピー

私たちはこってりした白酒をご馳走になり、ほっこりしました。ポッケにミカンやお菓子を詰めて江ノ島に向いました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

船祝いat 腰越漁港

昨日は成人式、今日はもう14日、今年もすっかり出遅れてしまいました。

昨日の成人式は体調不良で撮影に行かれませんでした。昨年は大雪の中、出掛けていって雪に足を取られながらも、楽しむ成人さんたちをたくさん撮ったんですけどね。

さて、今頃1月4日の話です。江ノ島近くの腰越漁港に船祝いを見に行きました。朝8時半から始まります。漁師さんたちの仕事始め、船祝いです。
着くともう太鼓の音がどんどん響いています。

DSC_2379.jpg

躍動感ある神童太鼓です。
DSC_2382.jpg

決めポーズもばっちり決まって
DSC_2418.jpg

今太鼓は女性の方が多いくらい。どこでも女の子たちは元気印です。

DSC_2448.jpg

大漁旗や移植の吹き流しが立てられた各船から参観者にミカンやお菓子が撒かれます。
DSC_2492.jpg

みんな大きな袋や段ボールで受けます。足下に転がったミカンを拾っただけで5〜6個。ポケットに入れました。
DSC_2529.jpg

DSC_2547.jpg

今度は場所を移動して桟橋へ
DSC_2578.jpg

こちらの船からもミカン撒き
DSC_2590.jpg

鎌倉本覚寺のかわいい巫女さんたち
DSC_2607.jpg

海に落ちたミカンたち。あとでザルで救い上げていました。
DSC_2623.jpg

ずらっと並んだ祝い船
DSC_2631.jpg

このあと出航する船に乗せてもらえました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ