プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

福島県いわき市(2)

今回のバス旅行は「東北観光復興応援ツアー」ということで参加しました。

いわき市は以前仕事で行ったことがありました。あのときの人たちはあの大津波でどうしただろうと案じておりました。

いわき市で約350人以上がなくなりました。福島では地震津波の被害に加えて原発事故が起こり、さらに風評被害まで加わりました。
今春に裏磐梯に行った時、地震の被害はなかったけれど、すっかり観光客が来なくなったと言っていました。平日だったとはいえ、閑散としておりました。

今被災地はどうなっているのだろうか。
豊間海岸、塩屋崎灯台へ行きました。ここは磐城海岸県立自然公園に指定され、海水浴場でもあり、サーファーに人気の海岸です。

東日本大震災から2年8カ月。瓦礫はさすがに撤去されていますが、未だに家々の基礎が広範囲に広がっておりました。村が土台だけを残して、人も暮らしも、根こそぎ消えてしまったのです。

遠くに見える白い建物が今は廃校となった薄磯海岸の海沿いにある豊間中学校、
DSC_9276.jpg

DSC_9284.jpg

塩屋崎灯台を境に分けられる北側の薄磯海岸と南側の豊間海岸
DSC_9313.jpg

岬が防波堤となり、被害を受けずに残った美空ひばりの碑
DSC_9337.jpg

波に抵抗する壁がなくてやはり残った見張り台
DSC_9350.jpg

男性が津波の被災状況を語ってくれました。(写真撮影の許可を得ました)

DSC_9308.jpg

DSC_9309.jpg

被災後、テレビで被害のインタビューをたくさん見ましたが、画面で見るのと肉声で聞くのでは全然心に響くものが違うと思いました。

この語り部の男性は姉をなくし、たくさんの友をなくし、被災後救出活動、遺体捜索に携わっていた方です。お話を正確には覚えていないのですが、まず海の水が引き始め、ずっと沖まで陸地が見えたと言います。そして第1波が押し寄せました。全部で11波来たそうです。大きかったのが第3波と10波(?)。小さい波となりホッとしかけた人々をさらっていったと語りました。地震の後、こんな大きな津波を予測できず、普通に毎日の仕事を続けたということでした。遺体は衣類はすべてはぎ取られ、損傷がひどく、男女の別も分からなかったと言います。

DSC_9353.jpg

私たちは幾ばくかの募金をし、小名浜の海鮮市場「ら・ら・みゅう」で少し買い物をすることしかできませんでした。被災地の人たちはダメージが大きかったので、なおも被災状況は続いています。その後も伊豆大島の台風による被害も発生し、秘密保護法が衆院を強行通過し、そして私たちは日々の日常に追われています。

関東南部に住む私たちが大きな揺れを体験するにとどまったのは偶然でしかありません。被災した人々を忘れてはいけないと再認識した旅でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

福島県いわき市(1)紅葉(1)

福島県いわき市に行きました。

この日は天気もよく、車窓から見たスカイツリーと富士山
DSC_9083.jpg

いわき市にある真言宗願成寺に行きました。

境内の浄土式庭園は紅葉がきれいでした。
DSC_9087.jpg

DSC_9133.jpg

DSC_9162.jpg

DSC_9171.jpg

DSC_9178.jpg

境内にある白水阿弥陀堂は1160年に岩城則道の妻・徳姫(藤原清衡の娘)が金色堂にならって建設したとされる国宝です。白水は泉を分けて名付けたと言われています。宝形造りの杮葺きの屋根はとてもきれいでした。

DSC_9115.jpg

DSC_9176.jpg

金色堂前の大銀杏
DSC_9131.jpg

銀杏の黄、紅葉の赤、青空のトリコロール
DSC_9157_2013112923280487e.jpg

お昼は市内の「平安」。前菜、お造りに煮魚、鍋からデザートまで、とても美味しかったです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

叱られると

1歳10ヶ月になったかいくん一家と晩秋の多摩動物公園に行きました。

ベビーカーが嫌いでいつも抱っこだったかいくんもしっかり歩くようになり、そして疲れるとベビーカーにも乗ってくれるようになりました。気難しくて、怒らせてしまうと泣いて大変だったかいくんも、穏やかな笑顔が多くなってきました。

ただ天真爛漫な長男のこうくんに比べ、次男のかいくんはいろいろ考えて行動しているようです。

かいくんは「そんなことして、ダメでしょ!」と叱られると、突然目をつぶって寝たふりをします。まぶたがぴくぴくと動き、時々薄目を開けます。
時には小さな傷口を親に差し出し、怪我をしていることをアピールして話題をそらせようとします。
1歳にして何たる知能犯。叱っていた親も私も大笑い。こんなに笑ったのは久しぶりです。

子供もいろいろ。その子なりの成長を楽しませてくれる孫たちに感謝。

キリンを楽しむこうくんとかいくん

DSC_9614.jpg

枯れ葉が大好き
DSC_9662.jpg

DSC_9446.jpg

ついでにチンパンジー
DSC_9492_20131126123920486.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

国際交流会

国際交流会の撮影を頼まれて出かけました。

1時間ほど早めに着きました。懐かしい方々にご挨拶。15年ほど前にもちょっと写真を習っていて、そのころも撮影係を仰せつかって、何年かこうしたイベントの写真を撮っていました。そのときはフィルム時代でしたが、いろいろなことを知らなかったので、気楽に撮っていました。

外は雨、思ったより照明も暗い。まずは数枚撮ってみました。ISOを1600にしてもシャッター速度は上がらない。仕方がないので絞りを開放に。それでもレンズが300mmの望遠なので、ぶれるかぶれないかのぎりぎりライン。ン〜。困ったなあ。もっと明るいレンズがあればよかったのかな。

なるべくしっかり構えてぶれないよう、シャッターを切りました。外国人のお客様が続々と来場しました。
DSC_7450_2013112122174284e.jpg

メインイベントの落語のワークショップと落語が始まります。
落語家の林家きく麿師匠です。後ろには金屏風。明るくすると金屏風が白とびしそう。

DSC_7495_20131121221743223.jpg

通訳はいるのですが、きく麿師匠は英語は不得意なのか、笑いを取るためなのか、とにかくbroken Englishで笑わせながら、どんどん進みます。

扇子が箸やペンになり、手ぬぐいが携帯になりました。いよいよワークショップです。
DSC_7530_201311212217453d4.jpg

高いステージからさらに高座を設置、立つと天井にぶつかります。
高座に上がった外国人、熱々の肉まんを食べるそぶり、なかなか上手でした。
DSC_7560_20131121221746b05.jpg

肉汁が滴ってきたのを舐める様子。
DSC_7601_2013112122174742b.jpg

こんな可愛い少女も高座に上がりました。
DSC_7653_201311212220275a9.jpg

演目は「時そば」、ズルズルとすごい音を立ててそばをすすります。といっても実際そばを食べている訳ではありません。外国人はこの食べているときの音を無作法としてひどく嫌います。これは音だけですが、まあ、実際に食べている時よりすごい音が延々と続きます。どう思ったでしょうね。

歓談の合間に折り紙、囲碁将棋など日本文化の体験コーナーがあります。
DSC_7748_2013112122203042f.jpg

将棋、
DSC_7747_20131121222029f93.jpg

書道
DSC_7778.jpg

茶道
DSC_7868.jpg

閉会の挨拶が行われてもまだイベントコーナーからに人が連なっていました。

楽しく写真を撮ることができました。家に帰って写真を開きました。書道コーナーを重点的に撮るように依頼されていましたが、3畳ほどの白い下敷きと白い用紙、窓際なのにあいにくの天気で自然光は弱く、照明も弱い。テーブルを囲む人たちはやはり暗いです。それから光量不足でスナップはやはりぶれている写真も多い。記念写真だけはしっかりピントが合っていてホッとしました。

撮った枚数は約600枚。うち約500枚残しました。そこから270枚を選びました。通常600枚撮影しても作品にするのは多くて10枚。それが270枚もあるのです。撮って出しをする訳にもいかないので、一枚一枚補正していきました。

2週間かかってやっと補正を終え、データで送りました。
使えるいい写真があったでしょうか。プロはお客様のニーズにあった写真を撮らなければなりません。そしてそのチャンスは一度限りです。プロって大変だなあと思いました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ゆうたんのピアノの発表会

11月9日はゆうたんのピアノ演奏の初舞台でした。演奏会場は稲城市のiホール。ピアノはフルサイズのスタインウェイでした。初めての演奏会でこんな素敵なピアノで演奏できるなんて幸せですね。

DSC_8729.jpg

ゆうたんは年中さんからヤマハの幼児教室へ通っていました。
(息子も娘もヤマハの幼児科へ行っていたので、私は次ごう6年ヤマハの教室に付き添いました。ゆうたんが通うようになった時には懐かしさを覚えました)でも、ゆうたんはヤマハが好きじゃなかったようで、ヤマハは2年間で止めました。

昨年の夏から家の近くのピアノ教室に通い始めました。その年の秋の発表会は入会したばかりだったので、出演はせず、聞きに行ったようです。

今回、ゆうたんが演奏したのはバッハの「メヌエット ト長調」(「ラバーズコンチェルト」として編曲され、よく耳にする曲)とヨハン シュトラウスの「ラデツキ−行進曲」(運動会でよく流れる軽快な曲)で、両曲とも誰でも知っている曲です。ゆうたんがバッハを弾きたいと言うので、「子供バッハピアノ曲集」をプレゼントしたのが春。夏前からメヌエットを練習し始めました。ですから半年も練習していたことになります。

先生がメトロノームで92で練習と言う指示をだし、それを練習します。ずいぶん高度な要求だなとびっくりしました。

バッハやモーツアルトは一見易しそうに見えてなかなか手応えのある曲。上手に弾くのは難しい曲です。しっかりした音で、落ち着いて上手弾けました。練習のときよりももっと上手に。

メヌエットを弾くゆうたん
DSC_8752_201311120105224a8.jpg

DSC_8753.jpg

次のラデツキ−行進曲(これも3ヶ月ぐらい練習していたでしょうか)も行進曲らしい軽快なリズムタッチで弾けました。

DSC_8769.jpg

DSC_8778.jpg

上手に弾けたかと合図を送るゆうたん。ちょっと誇らし気です。

DSC_8790_20131112010752fbd.jpg

先生の演奏 ベートーヴェンの「悲愴 第3楽章」
DSC_8809.jpg

舞台でみんな勢揃い
DSC_8836.jpg

ゆうたんの初舞台は大成功でした。何事にもちょっと引っ込み思案のゆうたん。きっと大きな自信になったことでしょう。ゆうたんに黄色の花束をあげました。

思えば息子の初舞台は小学4年生。青山のドイツ文化センターでやはりスタインウェイのピアノで、チャイコフスキーの「ひばり」を弾きました。そして娘も小学2年生でデビュー、息子は中断を経てまた高校生で発表会に出ています。そして大学でオーケストラ、就職してOBオケ。ずっと子供たちに楽しませてもらってきました。

そして今回はゆうたんの発表会。来春はこうくんのヴァイオリンの発表会があるとのこと。孫の発表会まで見られるとは想像もしていませんでした。時の経つのは早く、時代は移り変わって行くものですね。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『痕跡 上下』by Patricia Cornwell

一言で面白くなかった。

登場人物が多すぎるのに、必要ではないところで性格描写が細かく、散漫。翻訳の会話文が好きではない。元刑事のマリーノや主人公の法医学コンサルタントのケイ・スカーペッタの言葉遣いが今時使わない類型的な言葉遣い。マリーノの「〜しるかもしれねえ」「ありがてえことに」など、どんな刑事でも仕事上でこのような言葉を使わないし、ドクターケイは有能な法医学者であるが、仕事の場でも言葉がいやに女性的だ。

それでも、なんとか読了できたのは検屍局がどうやって死体から科学的に事件を解決へと導くかが面白かったからだ。それからこの舞台が私の知っているヴァージニアの州都リッチモンドで、私がいたヴァージニア大学やシャーロッツビルの名前が出てきて、情景が目に浮かぶからだった。

人気シリーズだというが、私にはどうしてこれが人気シリーズなのか分からない。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

きつねの嫁入り(沼津)

面白い結婚式に参列(出会い)ました。沼津の「きつねの嫁入り」です。狩野川の沿岸の上土朝日稲荷神社で式は行われました。きつねの嫁入りは日本各地であるようです。私の中のイメージは田んぼの畦道を行く行列でした。

DSC_5833.jpg

上土朝日稲荷神社は、1579年武田勝頼により築城された三枚橋城築城のとき、城地守護のために城内に稲荷・天神社を祭ったのがはじまりだそうです。(神社はピカピカで新しかった)

DSC_5851.jpg

キツネのお化粧 子供も大人も、女性も男性も、
DSC_5909.jpg

男性はべったりしろ塗りで元の顔がわからないくらい。
DSC_5949.jpg


年に一度のことなので、マニュアルを見ながらのお化粧です。
DSC_5965.jpg

外国人もキツネのお化粧 近隣都市から来た英会話の先生たちです。
DSC_6018.jpg

花嫁は渡し船に乗っていきます。岸では花婿が手を振っています。ホントいいお天気でよかった!
きつねの嫁入りですから、本来は天気雨???

DSC_6176.jpg

花嫁は下船して、お輿に乗って花婿のところへ
DSC_6197.jpg


DSC_6222.jpg

いよいよ神社の前で結婚式。これは本物の結婚式で、イベント用ではありません。
DSC_6244.jpg

三三九度の盃を交わしました。
DSC_6258.jpg

きれいで可愛い花嫁さんです。花婿も優しそう。ハイ、キツネのポーズ
DSC_6298.jpg

大勢の人たちとたくさんカメラに収まり、今度はまたお輿に乗って、お供を連れて1時間かけて回ります。
DSC_6385.jpg

いよいよケーキカットです。平らな大きなケーキでした。
DSC_6423.jpg

みんなでご馳走になりました。私も。200人分のケーキです。
お餅もいただきました。
DSC_6445_20131108230615d50.jpg

最後におかみさん会から色々な賞が発表されました。
DSC_6464.jpg

結婚式の花嫁、花婿はさぞお疲れだったことでしょう。重いかつらに重い打ち掛け、それにキツネのポーズを撮りながら町中練り回るのですから。でも、お二人とも最後まで疲れたそぶりも見せず、自然体でみんなと一緒に記念撮影をしていました。

親戚、友人はもとより町中の人、観光客にも祝福され、いい結婚式だったと思います。笑顔が素敵なお二人でした。末永くお幸せに!!

商店街の振興組合、おかみさん会、稲荷会、自治会、こども会、リバーサイドホテルと様々な地域の団体がサポートし、町おこしに一役買っているようでした。

撮影10月6日(もう一ヶ月以上前のことです)

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋便り 5 昭和記念公園

秋を探して昭和記念公園に行きました。

残念ながら紅葉にはまだ早く、もうコスモスの見頃は終わっていました。でも、秋晴れの暖かい日でしたので、いいお散歩ができました。

DSC_7031.jpg

パンパスグラスが逆光に光ってきれいでした。
DSC_7041.jpg

皇帝ダリアに蝶々
DSC_7077.jpg

もうコスモス畑も終わり。。。
DSC_7102.jpg

かろうじて黄花コスモスだけが見頃でした。
DSC_7133.jpg

DSC_7140_20131106213419f76.jpg

コスモス畑の中を園児たちが行きます。可愛いオレンジの帽子が見え隠れしていました。
DSC_7252.jpg

女郎蜘蛛の親子
DSC_7320.jpg

のどかな一日でした。
DSC_7323_2013110621342493f.jpg

DSC_7332.jpg

10月28日撮影

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

横浜山手西洋館のハロウィーン

横浜山手西洋館を歩きました。穏やかな秋の日でした。折しもハロウィーンです。

ヴァージニア大学(UVA) のキャンパスに町中の人が仮装して集まってきたハロウィーン。それと同じような重厚な西洋館を巡ってのハロウィーンです。アメリカで友達の家族に連れられて子供たちと一緒に"Trick or treat"をしたのを懐かしく思い出していました。

http://wako1202.blog50.fc2.com/blog-entry-43.html
あの子たちはどうしているのだろう。もうハイスクールスチューデントになっているのかな?

石川町駅からブラフ18番館に向かって。お稲荷さんの前を通るハロウィーンの子たち。日本ならではの光景
DSC_6714.jpg

スタンプラリーで並ぶ魔女たち
DSC_6722.jpg

西洋館の中はすっかりハロウィーン、すっかり日本の行事として定着したようです。
そう言えば31日にゆうたんがハロウィーンパーティをしたいとごねていました。

ブラフ18番館
DSC_6737.jpg

DSC_6744.jpg

外交官の家
DSC_6769.jpg

魔女やキャスパーが潜んでいそうな、、
DSC_6788.jpg

DSC_6793.jpg

DSC_6841.jpg

DSC_6852.jpg

DSC_6855.jpg

DSC_6892.jpg

お姫様が階段を下りていきました。
DSC_6974.jpg

DSC_6990.jpg

気配が。。
DSC_6991_20131104220425691.jpg

DSC_7003.jpg

おとぎの国のケーキのような可愛いランチをいただきました。(あまり喜んでいて、写真を撮るのを忘れてしまいました。。。)
Mさん、素敵な土曜日をありがとう。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム