プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『昨日までの世界ー文明の源流と人類の未来』byジャレド・ダイアモンド(下)

やっとジャレド・ダイアモンドの『昨日までの世界ー文明の源流と人類の未来』の下を読み終えました。読みにくいわけではないのに時間がかかりました。ダイアモンドは本書の目的は「人間社会のあらゆる側面を考察するところにある」と言っています。

上巻は拙ブログで簡単な目次紹介をしています。

http://wako1202.blog50.fc2.com/blog-entry-584.html

さて、下巻では
第4部 危険とそれに対する反応
 第7章 有益な妄想
 第8章 ライオンその他の危険

第5部 宗教、言語、健康
 第9章 デンキウナギが教える宗教の発展
 第10章 多くの言語を話す
 第11章 塩、砂糖、脂肪、怠惰


第4部の第7章、8章では、危険に対する警戒心について述べている。「それぞれの社会において人々は、さまざまな対策を取り入れ、認識しうる危険の度合いを緩和している。」しかし現代社会に生きるわれわれは何が危険であるのかの評価が正しくできていない、その理由は何なのかと問うている。

第9章では「宗教は現代社会において伝統的なものが衰えを見せずに存在し続けている唯一のもの」と言っている。
「スーパーナチュラル(超越)的存在についての信念の存在、信者が形成する社会的集団の存在、信仰に基づく活動の証の存在、個人の行動の規範となる実践的な教義の存在、超越的存在の力が祈りのよって働き、世俗生活に影響を及ぼしうるという信念の存在」とう一般的な宗教の5つの要素を紹介している。が、デンキウナギの進化を通して(デンキウナギがダイアモンドの博論だったというから驚く)宗教を定義付けし、5要素の対する補足、反論、考察を述べる。

「超越的存在についての宗教的な信念は非理性的である。しかし、心理的には納得しうる信念であり、満足するに足る信念なのである。だからこそ、理性的には信じることが不可能な存在であっても、信じることが可能な存在なのである」という。

そして宗教が未だに存在し続ける要因は「それが真実であるとしても、それは私が求める答えではない.私はそれを信じない。科学に意味を求めることが無意味なら、私はそれを宗教に求めたい」のだろうという。

第10章では言語について
現代世界には7000の言語があると言われている。そして希少生物同様、多くの言語が消え、それに伴いその文化も消えていっている。

伝統的社会に生きる人々は多言語だという。方言ではなく明らかに違う言語をいくつか使えるそうだ。方言と言語について言語学者の間のジョークを紹介している。「言語とは、陸軍と海軍を持つ方言のことである。」つまりイタリア語とスペイン語はお互い意思疎通ができるが独立した言語だという。

2言語話者は認知能力が優れているそうだ。

ダイアモンドのピュリツアー賞受賞の『銃・病原菌・鉄』に比べると日本についての記述がとても増えている。ダイアモンドが日本に目を向け始めた。

第11章では現代の欧米、日本人の糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓発作、癌など非感染症疾患は伝統的社会にはない病気だった。しかし、近年急速に生活が欧米化した国(産油国や、裕福な島国)ではこうした病気が蔓延している。肥満、座りっぱなしの働き方、豊かな食生活から生まれる疾病である。日本人の塩分摂取量による「脳卒中の国」と思われていた時代ついても言及している。

西洋社会から失われた伝統的社会の利点は一生涯続く社会的結合だという。現代社会の孤独の問題にも触れている。

現代の社会のストレスが及ぼす影響についての言及が少ないことが残念だった。次著書を期待したい。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

保護猫

ゆうたんのうちで猫を飼うことになりました。

その前に何度か登場している我が家の猫のお話。
我が家には8歳になるアビシニアン「ムギ」がいます。これは3代目。
DSC_7961.jpg

1代目はまだ目も開かないハツカネズミの子供のようだった捨て猫(三毛)だったミーコです。この子は21歳半生きました。気が強く、毅然とした猫らしい美猫で、子供たちの成長とともに暮らした家族の一員となった猫でした。2代目は義姉のうちで拾った黒猫クロで、我が家にもらわれてきました。先天性の病気で2歳半で亡くなりましたが、それまでは元気で、大変ないたずらで、わずかの間にたくさんのものを壊し、家族の心に強い印象を残して去って行きました。

そんなうちで育った息子も娘も猫好きで、娘のうちには買ってきたアメリカンショート「モモ」と、もらってきた子猫「ミミ」がいます。

DSC_7850_20131029113938276.jpg

息子のうちではずっと動物は何も飼っていませんでした。ゆうたんは動物が苦手で、ゆうたんが来るとムギは2階に上がったきりで、帰るまで下りてきませんでした。そんなゆうたんも小学2年生になり、次第に怖がらなくなると、不思議なことにムギもそばにやってくるようになりました。やっと「ムギ」にも少し慣れて、ゆうたんが猫が欲しいというようになりました。

猫はどうやってもらえるのかなという息子との会話で思い出したのがベトナム旅行でご一緒した保護猫のボランティアをしているMさんのこと。

早速メールしてみました。
まず3匹の子猫の写真が送られてきました。

014A8167-1.jpg

014A8072-1.jpg

この中で三毛が気に入り、この子に会いたいとメールをしたところ、病気があり栄養状態が良くないので、薦められないという返事。他にも猫がいるし、とにかく見に来ませんかということで中央区まで息子の家族と一緒に見に行きました。

当日Mさんにはお目にかかれませんでしたが、猫を連れてきてくれたTさん、保護猫の会代表のSさんが来てくださり、何匹かの猫とお見合いすることになりました。
DSC_6686_20131029113937890.jpg

DSC_6678.jpg

多くの猫は老猫や障害のある猫で、もう自立できないので保護しているとのことでした。猫が狭いところにたくさんいるのに臭いということもなく、ほとんどがケージに入っていて電気あんかの上でゆったりしていました。ケージから出してもらった猫も「○○、ハウス」と言われるとケージに飛び込み、ご褒美の餌を一粒もらえます。躾けって大事だなあと思いました。

DSC_6677.jpg

お薦めだったのが5ヶ月半の三毛。
014A8356-1.jpg

保護されたばかりの小さい子猫2匹もいました。まだ下痢などしていて検査が終わっていないということで抱っこできませんでした。Tさんが連れてきてくれた猫がこの子。
DSC_6672.jpg

息子のうちではこの猫をもらうことになりました。元気過ぎてちょっと大変ということでしたが、おとなしく抱っこされていて、とても可愛い。「猫をかぶっている」のだそうです。どんないたずら振りを発揮することになるのでしょうか。

我が家では猫の買い方の学習などしたことがないし、躾けをしていないので、困る事態が時々起きます。昨日も私の部屋で衣類を片付けていたらアームチャアーの上に丸いものがコロコロ。ムギの乾いたウンチでした。昨日から臭いなあと思っていましたが気がつきませんでした。たいていは部屋のドアは開けっ放しですが、風で閉じ込められて我慢できなくなったのでしょう。

猫のケージを買うことを薦められました。猫の脱出やトラブルを防ぐため、平和のためには有効だと思いました。

保護猫の活動はまず親猫を保護して避妊手術をすることなのだそうです。会を運営なさるSさん、保護親のTさんは本当にやさしい心配りをしてくださる方でした。敬服するばかりです。

来月の10日が嫁入りの日です。ゆうたんちも楽しみにしています。私も楽しみ!

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

三脚 GITZO トラベラー GK2580TQR

2ヶ月ほど前に三脚を買いました。

私の写真はほとんどがスナップなので、三脚は滅多に使いません。それに最近のカメラは性能が良くなってきていて、ISO感度を上げれば何とか撮れるので、よほど暗くない限り手持ちです。というか、三脚は重いので、はじめから持ち歩かないのです。

それでも年に何回かスローシャッターを切りたい時、夕景、夜景、花火撮影などには、三脚が必須になります。15年以上前に買ったVELBONを使っていましたが、滅多に使わない上に、暗いところで使用するため、よく見えず、いつもスムーズに使いこなせずにいました。そして、たいして使わないうちに、首ががたがたになってしまいました。こうなると三脚の役を果たしません。

買い替えなくてはと思っていましたが、滅多に使わないためついつい後回しに。
いよいよ購入したいと、いろいろな方の意見を聞きました。VELBONはアフターケアがいいのでお薦めという方もいました。三脚は安いのでいいよという方もいました。いい三脚は一生ものだから、軽くていいものをという方もいました。

ベトナム旅行の時、先生をはじめ、皆さんが薦めてくれたのがGITZOでした。でも、私には高い。。。

何度もヨドバシカメラに行って、カタログをもらったり、説明を聞いたりしました。

私の欲しいものは1kg以上、2kg未満、ある程度のレンズの重さ(300mmから500mm)に耐えられるもの、自分で持って出るので携帯しやすいもの。三脚一種類ですべてまかなえるものというものでした。

三脚の使い方もおぼつかない私に説明してくれたのが、VELBONの販売員さんでしたが、あなたに合うのはこれしかないと薦めてくれたのが、GITZOのトラベラーでした。

c0248856_20185841_20131020014846368.jpg


カーボンファイバーで軽く、雲台は内蔵の自由雲台、脚はラピッドGロック、脚数は4段、全伸高(エレベーターを伸ばした時)154cm、伸高(エレベータを下ろした時)129.5cm、最低高32cm サイズ43cm 重量1.72kg(これは以前のと同じ) 最大耐荷重12kg

いままではスリーウエイの雲台でしたが、自由雲台が格段に使いやすい。3本の脚の高さの微調整は雲台でできる。レバーやハンドルがシンプルで、安定感があり、暗がりでも悪戦苦闘しないですみます。今までいったい何をやっていたんだろうと思いました。前のはクリップ式で、脚の止め方が違うので(トラベラーはねじ式ラピッド)、まだ伸脚に慣れていませんが、何回か使っているうちに慣れるでしょう。

これを見た人が「三脚の必要がないときでも使いたくなる三脚」と言ってうらやましがってくれました。これからは少し風景、夜景も撮ることにしましょう。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋便り 4 室堂

室堂に行きました。ホテルを出たときは雨雲に覆われ、時々ぱらついていました。不安定な天候でしたが、着いたときには青空が見え、秋晴れの立山を散策できました。標高2450mです。4度ぐらいと聞かされていましたが、歩くと汗ばむようでした。

空気が稟として清々しい山の空気です。

みくりが池 風があって波だっていたので、映り込みはみられませんでした。

DSC_8316_20131019100555214.jpg

DSC_5266.jpg

地獄谷では噴気孔では硫化水素ガスが噴出しているため立ち入り禁止となっています。
DSC_5204.jpg

DSC_5160.jpg

右に見えるのがみくりが池温泉
DSC_8327.jpg

みどりが池
DSC_5248.jpg

DSC_8366.jpg

手前は血の池? 遠く人が登っています。
DSC_5221.jpg

こんなに靄が出てきました。
DSC_5292.jpg

DSC_5234.jpg

DSC_5218.jpg

DSC_8335.jpg

山はしんどくてとても山ガールにはなれませんが、立山は室堂までバスで上がれ、ここからなだらかな道を散策することができます。私たちは写真ばかり撮っていたので、たくさん歩くことはできませんでしたが、ゆっくり歩いては写真を撮り、気持ちのいい時間を過ごすことができました。

山岳風景は撮りなれていないので、どこもきれいで、一部を切り取って撮ることができませんでした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋便り 3 秋空 in 立山

秋の空は高くていいですね。

立山の秋空です。空気が稟として爽やかでした。
DSC_5010.jpg

DSC_5057.jpg

DSC_5062.jpg

DSC_5089.jpg

室堂平のわき水はすごく美味しかったです。
DSC_5096.jpg

遠く中央右に見えるのが剱岳
DSC_5100.jpg

DSC_5105.jpg

天気がよかったので結構暑かったです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

おわら風の盆

写真の整理がつかないまま、写真が溜まってしまい、間に写真展などが挟まり、すっかり更新が遅くなってしまいました。

9月におわら風の盆を見てきました。40年前に五木寛之の風の盆の本を読んで以来、一度行って見てみたいと思っていました。この風の盆を背景にしたお話は私は五木寛之の本だったと思いこんでいましたが、有名な方は高橋治著、1985年の『風の盆恋歌』です。頭がすっかり混乱してしまいました。
私が読んだと思われる五木寛之の本は1970年代で、おわら風の盆を舞台にした「風の柩』です。「おわら風の盆」は高橋治の「風の盆恋歌』により広く知られるようになったそうです。

さて「おわら風の盆」舞台はは越中富山の八尾(やつお)町です。朝バスに乗り、午後3時前に着きました。落ち着いた佇まいのしっとりした町でした。

坂のある石畳が素敵です。
DSC_4460.jpg

DSC_4598.jpg

こんな雪洞が下げられています。
DSC_4452.jpg

家の玄関先はこんなにクラシックで、それでいてモダンです。
DSC_4486.jpg

DSC_4508.jpg

DSC_4541.jpg

玄関のお花もこんなにきれい
DSC_4577.jpg

胡弓の哀調を帯びた音が聞こえるので覗いてみると、若者が出番前の最後のレッスンを受けていました。
DSC_4647.jpg

髪を結う姉妹
DSC_4675.jpg

素敵な玄関先
DSC_4726.jpg

だいぶ暗くなって雪洞も点灯し、着物を着た少女が出てきました。間もなく始まります。諏訪町、上新町をはじめ11の町の保存会の連(といっていいのかな)が町流しをします。
DSC_4747.jpg

DSC_4728.jpg

人もぎっしりです。連に連れて移動するなんてことはできそうにありません。
DSC_4797.jpg

こんなに暗いのにフラッシュ、ライト、三脚、一脚は禁止です。ゆったりした静かな動きの踊りです。
DSC_4837.jpg

この胡弓の音色が何とも切々と響きます。
DSC_4802.jpg

男踊り
DSC_4888.jpg

それぞれの連によって着物も違います。踊り子さんは未婚女性とのこと。顔は見えませんが若いです。

DSC_4909.jpg

DSC_8228.jpg

大輪踊りや観客も踊りに加わったり、ステージで見やすい踊り(ここはストロボもOK)もあったのですが、それも見ていません。私が見たのは町流しだけでした。わずかな雪洞の照明を頼りに写真を撮るので、場所を移動すると町流しも撮れなくなってしまいそうだったからです。

一緒に行った仲間から離れ、バスの集合までずっと一人でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋便り 2 常泉寺 羅漢さまと彼岸花

彼岸花、曼珠沙華、お彼岸の頃必ず咲く地下茎の花、茎からすくっと大輪の赤い花が咲きます。植えた訳でもないのに我が家の庭にもひっそりと咲いています。

大和の花のお寺常泉寺に行きました。常泉寺ではたくさんの羅漢さまとカッパと赤、白、黄色の彼岸花が見られます。

ススキにオミナエシ、曼珠沙華、秋の花がいっぱい
DSC_4011.jpg

DSC_4032.jpg

DSC_4040.jpg

羅漢さまとどんなお話ししているんでしょうね、鳩さん
DSC_4082.jpg

DSC_4120.jpg

尺八を吹く羅漢さま
DSC_4169.jpg

DSC_4173.jpg

DSC_4174.jpg

境内はひっそりとしていて、ゆっくり散策ができました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋便り 1 寺家ふるさと村

秋の彼岸も過ぎ、すっかり秋ですね。

秋を探して歩きました。「寺家ふるさと村」へ行きました。

半分稲刈りが終わっています。台風のあとだったので、稲も風に押されています。彼岸花も咲き、はさがけ、藁ボッチ?(地方によってはこれを積み上げたものをわらぐろ、ニョなどというようですが?)も見られました。

DSC_4282.jpg

田んぼの畦に咲く彼岸花
DSC_4356.jpg

DSC_4270.jpg


稲穂の間に見えるシンプルな案山子?。これでも効果はあるのかしら?
DSC_4361.jpg

頭を垂れる稲穂
DSC_4367.jpg

風になびいた稲穂
DSC_4373.jpg

オットセイのような藁ボッチ
DSC_4273.jpg

藁ボッチで乾燥させ、さらにはさがけで水分を抜きます。色とりどりのネットが掛けられていました。
DSC_4342.jpg

DSC_4403.jpg

私が近づいて行くとスズメが飛び立って行きました。
DSC_4359.jpg

プロの農家の人
DSC_4312_20131001204618a92.jpg

この地域では幼稚園や自治会などに貸している農地もあります。
そこでも協力して稲刈りが行われていました。

DSC_4412_2013100120413024b.jpg

いろいろな花も見られました。
小さな紫の花はナンバンギセル。珍しい花だそうです。
DSC_4287.jpg

DSC_4290.jpg

DSC_4293.jpg

野あざみ
DSC_4297.jpg

カボチャの花
DSC_4272.jpg

コスモス
DSC_4419.jpg

赤とんぼのつがいが田んぼの水をツンツンとつついておりました。
DSC_4333.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム