プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

『永遠の0』by 百田尚樹

二人の若い友達の推薦で読み始めた本です。涙涙の本だと薦められました。

本書の「0」とは零戦の0で、第2次世界大戦末期の零戦パイロットのお話です。

本書は2006年発売、著者百田尚樹は本書で作家デビュー。百田氏は本年『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞しています。

ワシントンDCにあるスミソニアン航空宇宙博物館でこの0戦を見たことがあります。
Mitsubisi A6M5 ZEROで、極限まで軽量化されて、当時最高の操縦性で無敵の戦闘機です。1942年7月にアリユーシャンにほとんど無傷で不時着した(操縦士は撃たれており死亡していた)機体でアメリカで徹底的に研究されたそうです。
全長9m、全幅12m。遠くから日の丸が見え、思ったより小さく、ちょっとずんぐりとした戦闘色をしていました。

DSC_0660.jpg

本書は司法試験に落ち続けぶらぶらしている佐伯健太郎が語り部で、そのフリーライターの姉と一緒に零戦の特攻隊として散った祖父宮部久蔵を調べるため、祖父を知る人を一人一人尋ね、インタビューしていくという形式をとっています。祖父宮部久蔵は「大正8年東京生まれ。昭和9年、海軍に入隊。昭和20年南西諸島沖で戦死」。祖父は零戦21型で鹿児島県の鹿屋を飛び立ち、未還機となります。

プロローグで「タイコンデロガ」という米軍空母で零戦と戦った米軍の砲手の話からはじまり、、エピローグでまた同じ砲手の話で終わります。本書は12章から成り、10名の祖父を知る人のインタビューから祖父の人となりと戦争の悲惨さが描かれています。

宮部は「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」と言い続けた。なぜ特攻隊として零戦に乗り、命を落としたのか、孫の健太郎は終戦から60年目の、祖父の生涯を調べ始めた。「臆病者」と言われるほど、慎重に戦闘機を操縦し、戦った名パイロット。

いかに日本国海軍の指揮官、日本の指導者が日本男子を戦うための補充のきくコマとしか考えていなかったか。私は友達ほど涙涙とはなりませんでした。むしろ憤りながら読んでいました。

本書は戦友たちのインタビューの部分はとても生き生きした描写で書かれていますが、現代に生きる姉の恋愛、おどろきの最終章はなぜか不自然で、その部分は本書には不要だと思いました。

10数年前に完読できなかった『失敗の本質』をもう一度読んでみたいと思いました。

最近愛国心をくすぐるエンターテインメント小説が売れているそうです。本書発売となった2006年は「ちょうど安倍首相の『美しい国へ』がベストセラーになった年です。石田衣良氏はこれを「右傾エンタメ」と呼んでいて、本書がその走りとなったと言っています。
でも私は本書がそのようにカテゴリーにはいるとは思いませんでした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

おどろきのディズニーシー

4歳の誕生日をディニーシーで祝うこととなったこうくんち。両親とも休暇を取っての誕生日。私も予定はあったのですが、変更してもらい、一緒について行きました。

東京ディズニー開園30周年の年に当たるそうです。ディズニーランドに最後に行ったのはおそらく20年以上前のこと、ディズニーシーは初めてでした。4歳になったこうちゃんは既にランド3回、シーは2度目だそうです。

朝6時半に家を出ました。こうくんちで合流し、園に着いたのは開園時間間もない8時半前。すでに長蛇の列でした。
私は45plus passeport で5500円。月曜日でしたが、どこかの市が休日だったのか、小学生、中学生も多く、とても混んでいました。(ゴールデンウィークはすごい人出だったんだろうなあ)

ディズイーの世界とはディズニー映画に出てくるキャラクター、それに古き時代(といっても西部劇時代)のアメリカとおとぎの国なのでしょうか。

入園直後
DSC_2945.jpg

みんな走って目的のアトラクションまで。ディズニーに精通していないと効率のいい回り方はできません。
ファストパスという予約システムがあり、予約できるとその時間に行くと待たずに入れる。
パパが9時前にトイストーリーマニアの予約に行ってくれましたが、予約時間は既に夜の9時。その時点でもう退園時間は夜9時半頃になると決まりました。

こうくんは誕生日のワッペンを付けてもらい、アトラクションのお姉さん、掃除の人にも「誕生日おめでとう」とみんなに祝福され、始めは恥ずかしそうでしたが、とっても嬉しそう。
DSC_2959.jpg

キャラクター(だれ?)と一緒に
DSC_3011.jpg

何よりびっくりしたのはディズニーが大好きな大人がたくさんいるということ、リピーターが多いので、園内を熟知しているらしく、効率よく回る人が多いこと、大人がディズニーファッションに身を固め、グループでディズニーを回ることでした。

DSC_2969.jpg DSC_2981.jpg DSC_3018.jpg DSC_3093.jpg DSC_3100.jpg

そして子供たちも白雪姫にシンデレラのよう。
DSC_3014.jpg  DSC_3097.jpg

ディズニーグッズを抱えて
DSC_3142.jpg

4歳になったばかりのこうくんと1歳5ヶ月のかいくんではどのアトラクションでも楽しめるという訳には行きません。まず、マーメイドラグーンに行きました。
海底をイメージしているのでブルーで暗いです。

水着に着替えて飛び出てくる水と遊ぶこう君とかい君。用意のいいことで。
DSC_3047.jpg

DSC_3076.jpg

一人でとことこかい君
DSC_3096.jpg

DSC_3105.jpg

ショーを見ながらハンバーグを食べました。at ケープコッド・クックオフ レストランも列
DSC_3159.jpg

メディテレーニアンハーパーで水上パレードが始まりました。すごいスケールできれいでした。
DSC_3188.jpg

DSC_3199.jpg

DSC_3257.jpg

DSC_3271.jpg

DSC_3289.jpg

早めの夕飯はミッキー、ミニーに会えるホライズンベイレストラン、
キャラクターたちもこう君の誕生日のお祝いをしてくれました。

DSC_3348_20130625000910.jpg

DSC_3370_20130625000912.jpg

DSC_3391_20130625000913.jpg

DSC_3411.jpg

相変わらずの独占企業。ディズニーキャラクターの付加価値付きとはいえ、レストランも高くて、どこまでもアメリカンでした。でも、子供たちはとっても嬉しそうでした。

かい君は靴をかたっぽ落としてしまい、お姉さんがやっと救い上げてくれました。
DSC_3426.jpg

ディズニーシーに夜の帳が下りました。
DSC_3470.jpg

夜のショーの始まりです。
DSC_3506.jpg

DSC_3543.jpg

夜のショーが終わり、間もなくファストパスで予約してトイストーリーマニアに乗船できる時間となりました。
DSC_3601.jpg

夜9時、まだこんなにベビーカーがあるのです。我が家のも。
DSC_3613.jpg

我が家のたどり着いたのはもう少しで日にちが替わりそうなころでした。
いやはや疲れました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ズーラシア

ズーラシアに写真を撮りにいきました。ズーラシアは我が家から一番近い動物園です。
目的は象の水浴びです。昨年紅葉の季節に撮ったのですが、あと一枚水浴びをしている象の目を撮って組写真を作りたかったのです。

この日はとても強い初夏の日差しの日でした。水浴びの時間を見計らって行き、象を撮ったのですが、光が違いすぎて、組写真は成功しませんでした。象が3頭いるのですが、メインになった象の個体が違っていたのかもしれません。個体の見分けもできないようじゃ、いい写真は撮れませんね。動物図鑑のように分かりやすい動物の姿を撮るのも、面白い仕草を撮るのも難しいです。

夢を食べると言うバク(マレーバク)
DSC_1650.jpg

王者、タイガー(スマトラトラ)
DSC_1668.jpg

模様の美しいアカアシドゥクラングール。開園当時(1999年)からいると言う。
DSC_1705.jpg

そして目的のインド象
親愛の情を示す象たち
DSC_1733.jpg

水浴びの時間になりました。
あまり気持ちがよくて、象さんは体を横たえてしまいました。
DSC_1828.jpg

始めはもっぱらホースの水を受けていましたが、その水をスプラッシュし始めました。
DSC_1883.jpg

アムールヒョウのお食事タイム こんなかわいいお嬢さんが飼育係
DSC_2057.jpg

水中を敏捷に泳ぐシロクマ
DSC_1990.jpg

意外に小さいツキノワグマ 
DSC_2093.jpg

傷を負ったニホンザル 手当をしなくても治癒力が優れていてすぐ治るそうです。
DSC_2115.jpg

それからバードショーなど覗きました。
ダルマワシ
DSC_2227.jpg

派手な衣装のベニコンゴウインコ
DSC_2301.jpg

最後にズーラシア名物、オカピ
DSC_2348.jpg

図鑑にもならないと言った訳がお分かりでしょう。柵はあるし、餌をもらえるので動きも緩慢だし、動物園の動物を撮るのは難しい。ケニア旅行を誘われていたけれど、お断りして正解だったかな。もうちょっと上手に撮れなきゃ、旅費がもったいないものね。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

こう君のフォトブック4

来週の17日、月曜日にこう君は4歳になります。4年前には姿も見えなかったのに、存在感抜群のにぎやかな子です。こう君の成長に比べ、自分の4年間は成長しただろうか。

今年も4冊目になるこう君のフォトブックを作成しました。こう君ちは家族のフォトブックを作り始めたので、今年は私の写真だけ(1枚を除いて)で作成しました。というか、作成に取りかかったのが遅くて、相談したりデータのやり取りをしたりする時間がありませんでした。

この一年、夜よく我が家に来ていましたが、撮った写真は食卓にいるこう君ばかり。動きのあるいい写真があまりありません。それにお出かけしても、あまりに元気で、とんで跳ねていてファインダーから消えてしまうらしく、こう君だけが写っていないという写真がたくさんあって、選ぶのに苦労しました。

P6151382.jpg

またプリントミスがありました。
17日に4歳も元気で楽しい日々を過ごしてほしいと願いながら、渡したいと思っています。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『おどろきの中国』by 橋爪大三郎、大澤真幸、宮台真司

『おどろきの中国』はなかなか読み進められなくて、読了までに時間がかかりました。つまらないからではなく、とても興味深いのに、社会学用語につまずき、止まってしまったりしていたからです。

本書は今は社会学の大御所となった橋爪大三郎氏(1948生、現東工大教授、中国研究のスペシャリストだが、広い分野での著書、発言がある)、ここ20年間何となく気になっていた社会学者宮台真司氏(1959生、首都大学東京教授、サブカルについてで有名かもしれない。)と大澤真幸氏(1958生、元京大教授)3名による鼎談です。

本書は「3人の社会学者が、中国という社会の原理について、中国の過去と現在について、今後の日中関係について論じた」ものです。

4部の構成になっていて、
第1部、中国はそもそも「国家」なのか? 2000年以上前に統一できたのはなぜか?
第2部 近代中国と毛沢東の謎、 冷戦が終わっても共産党支配が崩れなかった理由、文化大革命とは何だったのか?第3部、日中の歴史問題をどう考えるか?
第4部、中国のいま・日本のこれから、最終章で日本がとるべき進路で結ばれている。
(講談社現代新書)

鼎談に先立つ2011年9月、大澤、宮台両氏は、橋爪大三郎氏とその妻の張静華氏の案内で、上海、長沙、北京、天津等々を旅行し、庶民の生活の場を訪ね、中国の学者と討論し、ディープな旅を体験したという。大澤、宮台両氏が、体験や観察を踏まえて疑問を発し、主に橋爪氏が答えている。

ここから先は私自身の覚え書きのようなもので、本書を読んでいない方には原文よりはるかに読みにくく意味不明だと思いますので、飛ばしてください。

最初の問題提起が「そもそも中国は国家なのか?」橋爪氏が、中国はEUみたいなものと答える。

中国人は「トップリーダーは有能でなければならない」という第一公理を持っている。そうでないなら、「ブレーンが有能でなければならない」これが第2公理でその有能な行政官僚を養成するのが科挙制度で、儒教なのだそうだ。これは中国人が集団の安全保障を重視しているからという。中国にはGODはおらず、その代わりに「天」たあり、天は永遠不変であり、天は政府に統治権を授与するのだという。一方日本人は「リーダーは有能でなくてよい」と考える。これはムラの論理、農民の論理で、安全保障は武士が担うが今、武士の役割をアメリカに外注しているという。

いろいろな先行研究(フランシス・フクヤマ、エズラ・ヴォーゲルなど)についても言及している。
第2部ではフクヤマは民主的制度が骨抜きにならないためには①国家、②法の支配、③政府が被支配者に対してアカウタビリティーを持っていることであるが、国家については中国が西洋より圧倒的に先に存立していたと述べている。

「中国は、帝国の浅い統一性については異常に早くから成立した。しかし、国民の深い統一性については、かなり遅かった」と述べている。宮台は「現代中国で、被治者たちのどんな同一性の意識が、統治権力を支えているのかと疑問を呈し、大澤は、毛沢東は自分自身に「中国人」という自覚があったかどうかもあやしい、「なぜ毛沢東がこれほどまでに強烈な力を発揮してしまったかという疑問にたいし、毛沢東は「世俗化された皇帝」として機能した、伝統の拘束力から自由だったと、述べる。

橋爪は「毛沢東時代が去ったあと、表面的にはイデオロギーは消え去ったが、中国は決定的な変化を経験し、日本の近代化に匹敵する近代化の道を驀進できるようになった」と述べる。

摘発の根拠となったおそろしい個人檔案(履歴書みたいなものだが、読んだり書いたりできるのはそれぞれ上司のみ)について言及している。

日中戦争は「壮大な『意図せざる結果』で、それほどの喧嘩をするつもりがなかった相手と、めちゃめちゃな喧嘩をしてしまったようなものではないかと述べる。何度も歴史問題が再燃するのは、日本人自身が何のために中国と戦争をしたのか、よく理解していないためではないかという。

20世紀の覇権国家はアメリカだった。今後、アメリカは下り坂になるが、EU、ロシアなどのキリスト教国はアメリカを支え続けるだろう。したがって、中国がアメリカに代わる覇権国家になることは難しいのではないかと言う。日本のとるべき道は両大国をしっかり理解することだと言う。それには中国研究所を作ることだと結んでいる。

本書自体の内容が多岐にわたっているのに380ページの新書で、圧縮されすぎた感があります。十分理解するにはこの十倍は必要そう。
中国に関心をお持ちの方は、手始めに本書をお読みください

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

三浦の畑

三浦半島は漁港がたくさんありますが、いろいろな農作物も有名です。冬は三浦大根、キャベツの収穫が行われていますが、初夏の畑はどうなっているのでしょうか。

大きな通りに面し、人家や高圧鉄塔がある畑
DSC_0805.jpg

これはエンドウ豆です。車から苗を下ろし、こうして一つ一つ手で植えていきます。
DSC_0823.jpg

DSC_0827.jpg

さらに上ってきました。

風力発電が見られます。その向こうは海です。
DSC_1530.jpg

大地にはこんな模様ができていました。
DSC_1542.jpg

DSC_1507.jpg

虫除けのための硫黄が置かれていました(白く光っています)
DSC_1504.jpg

畑ではないところにキャペツが。種がこぼれて実ったのでしょうか。
DSC_1533.jpg

DSC_1552.jpg

ビニールハウスと海の間には人家がぎっしり並んでいました。
DSC_1555.jpg

DSC_1588.jpg

これは摘果されたメロン。一つの蔓にメロンを3つ生らせるのだそうです。
DSC_1595.jpg

ビニールの隙間からレンズを入れてみました。スイカです。三浦スイカも有名です。
DSC_1616.jpg

農家の人に三浦のものをたくさん食べてくださいと言われました。地産地消、できるだけ地元の野菜果物をいただきたいと思います。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

道寸祭り at 三浦三崎 荒井浜海岸

鎌倉時代から室町時代にかけて三浦半島で栄えた三浦一族。その三浦一族の鎮魂祭が道寸祭りです。三浦一族は弓上手として知られていたそうです。それにちなんで武田流弓馬道による笠懸が行われました。

笠懸に先だって、供養祭、和太鼓の演奏、横須賀甲冑隊披露、立身流兵法の演武が行われました。

浜辺に並んだ甲冑隊
DSC_0945.jpg

パパが外国人の坊や、いろいろな人に振りを教えてもらって、カメラマンを前に大活躍

DSC_0962.jpg

女性同士の演武もおこなわれました。チャンバラを見ているよう

DSC_1001.jpg

老若男女の和太鼓演奏

DSC_1043_20130604001315.jpg

海辺で遊ぶ家族たち

DSC_1116.jpg

DSC_1279.jpg

着替えをする武士たち
DSC_1196.jpg

笠懸に先立つ神事
DSC_1282_20130604002628.jpg

笠懸の前にお披露目
DSC_1320.jpg

笠懸は矢道の両側に竹矢来などをもうけてその間から的を狙う実践的で難しい弓馬術だそうです。行きと帰りの2度的を打ちます。そこが流鏑馬との違いだそうです。

DSC_1387.jpg

DSC_1468.jpg

DSC_1482.jpg

ちょうどいい場面での流し撮りは失敗。あ〜ぁ!

このあと、三浦の畑の撮影に行きました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム