プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

退職

先週退職しました。在籍22年でした。

私の職場は長期休職可能な職場です。渡米する時に休会し、帰国後もそのまま娘の出産のお世話、子育て支援で休会がのびて行きました。一段落して形の上で復職したのですが、こうちゃんの川崎病、切迫早産、かいちゃん誕生と続きました。不景気ということもあって、仕事をしそびれている間に、写真も忙しくなり、気持ちが仕事モードにならなくなりました。仕事をしていた時のストレスを考えるととても復職できる状態ではない、3月末日で退職しようと思っていました。

長い間お世話になった職場なので挨拶に行って退職届を出そうと思ったのですが、時間が取れず、5月までずれ込んでしまいました。

雨の降る日、銀座で展覧会があったので、その帰りに寄って届けを出そうと立ち寄りました。ちょうど部長会議の最中で、会いたかった人たちにお目にかかることができました。

退職する旨を伝えると口々に「何言っているの。悪い冗談はやめて」と次々に仕事をアサインされました。職場の人も仕事も大好きでしたので、忙しく働く姿を見てまた気持ちを揺り動かされ、結局退職届を提出せずに帰宅してしまいました。

アサインされた仕事はどれも数日でキャッチアップできるような簡単な仕事ではなく、一つは朝5時に起きて出かけなければなりません。休会ボケした頭と心にずっしりと重くのしかかり、帰りの電車の中で、やっぱり辞めようと決心しました。

帰宅すると仕事の詳細を記したメールが届いていました。トップからも秋には私の希望していた仕事が始まるので、今ウォーミングアップをして、仕事を続けてほしいとメールをくれました。予想もしなかったことで、本当にありがたいことでした。が、すぐに手数を掛けさせてしまったお詫びとやはり退職する旨の返信をしました。

22年前、私は念願の仕事につけました。先輩に教えてもらいながら、未熟さを情熱でカバーし、いろいろな仕事をしてきました。入会当時予想もしなかった仕事もありましたが、必死にやってきたと思います。その間、オランダや中国、日本各地への出張もありました。一日も病欠で休んだことはありませんでした。

職場には定年制度がありません。その代わりにいつか自分で線を引かなければなりません。22年前自分では60歳退職と考えていました。

私はアメリカで60歳の誕生日を迎えました。40歳の私が思っていたより60歳の私は若くて元気でした。しかもどんどん寿命が延びて行きます。自分の老後は長いのか短いのか誰もわかりませんが、平均寿命が延びたということはなが~い老後を過ごす人が多いということです。

しかし「若い」つもりになっても若い時とは違います。新しいことは少しも覚えられないし、キーボードを打つにも間違いも増え、遅くなっています。では、若い時より素早くいい判断ができるか、いいコミュニケ―ションができるのか。こんなことにも自信がなくなった私はやはりお金をいただく仕事をしない方がいいと思いました。

元気なのに仕事をしていないと、周期的に経済的社会的負い目が襲ってきます。もしかするとなが~い老後となるかもしれません。今は孫のお世話、写真、水泳、読書、音楽、旅行とのんびりする間もなく、時間に追われ、相も変わらずの泥縄生活を送っています。

皆さん、どう思いますか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『恋する原発』高橋源一郎

図書館で本を予約して、何ヶ月経ったか忘れてしまった頃、手元に届きました。

その間に3.11の東日本大地震一周年も過ぎましたが、まだ避難所から戻れない人被災者が大勢いらっしゃいます。日本は5月5日に日本中の原発が全停止しました。一方日本の政治はずっと迷走しっぱなしです。

3.11以降、小説を書くことは困難になったと言われましたが、こんな小説がでました。

著者は高橋源一郎(1951年生)。私生活はとんでもない略歴の人です。競馬好き。結婚歴5回。3度目の妻が室井佑月。 wikiによれば、「『さようなら、ギャングたち』でデビュー。古今東西の名作からマンガ・テレビといったマスカルチャーまでを引用し、パロディやパスティーシュを駆使するシニカルな手法と相反する抒情的な作風により、日本を代表するアヴァン・ポップ文学の担い手として注目される。1988年『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞受賞。2002年、『日本文学盛衰史』により伊藤整文学賞を受賞」。

ポップ文学の一冊なのだろうけれど、読了までに3週間もかかってしまいました。好みの本じゃないからだと思います。

 「恋する原発」は、作中に登場する被災地へのチャリティー用アダルトヴィデオの題名。「チャリティーとAVをいかにして両立させるか」を模索する監督イシカワを語り手に、話は進む。はなから読んだことのないAVcomic調。性(生)と死という重いテーマがAV劇画で過激な言葉の羅列の中に描かれている。デビュー作に対して当時吉本隆明が「ポップ文学」という言葉で賞賛したそうだ。

作品の終盤に唐突に文芸評論が差し挟まれている。

私にはコメント不能な作品でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

金環日食

雲の晴れ間から光り輝くリング、見られましたね。

どこへも出かけず、6時からスタンバイして家の庭で見ました。ニュースでは群馬や串本の中継をしていましたが、7時すぎまでは雲が多く、半ば駄目かなあとあきらめかけていましたが、15分頃から雲が途切れるようになり、庭に出ました。

7時31分 雲よどいて!!
DSC_0729_convert_20120522083730.jpg

7時32分
DSC_0735_convert_20120522092214.jpg

日食眼鏡は6月6日に再度登場できます。「6月6日の「金星の太陽面通過」現象だ。太陽と地球の間に金星が入り、小さな“ほくろ”のような金星が太陽面を左から右に移動するように見える。日本では同日午前7時10分ごろから午後1時48分まで観測できる」そうです。
まだお捨てになりませんように。

宇宙の話は広大でいいですね。つまらないことに拘泥している自分がアホらしくなって。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

「カメラ買ったけど」その後

前回のブログにコメントやアドバイスをくださった方々、ありがとうございました。

本人、びっくりするような展開になり、おたおたしていましたが、一応の解決を見ました。マックをお使いの方は少ないので、同じような問題が起こることはないと思いますが、修復までの過程を書いてみます。


ニコンD7000を購入したところ、MacBook10.5.8でRAWで撮った写真の現像ができなくなり、その原因を探りました。MacのiphotoもPhotoshopElements 8もRawを読み込めず、ニコンの付属のView NX2をインストールしました。現像は出来るようになりましたが、私好みのソフトではありませんでした。

原因をネットでいろいろ調べてみたところ、MacOS、photoshopのバージョンが古いためとわかりました。そこですぐ、macOS10.6.8を購入し、バージョンアップしました。そうしたら、ワードやiphotoからは印刷できるのにphotoshopやプリンターの印刷ソフトからは印刷できなくなってしまいました.印刷設定の「カラー」や「カラー補正」がグレーのままで選択されません。そのため白紙印刷となっているようです。

調べるとプリンターのバージョンアップも必要のようです。これはネットからバージョンアップが出来ました。それでもまだプリントできません。

OSバージョンアップにより印刷が出来なくなったので、アップルに電話しましたが、このような事例はなく、わからないと言われました。もう一度古いバージョンを戻すしかないのかと思いました。そうすると、いままでいろいろマイナーバージョンアップしていたものも全部消えてしまいます。大変なことになったと思いました。

エプソンに電話してもバージョンアップは正しくなされているので、これ以上何も出来ないと言われてしまいました。Adobeは毎年のようにバージョンアップを繰り返し、古いバージョンについては不親切で、サポートしてくれません。

そこでphotoshopをアンインストールし、同じものを再インストールしてみました。
ジャ~ン! photoshopから印刷できました。

iphotoはバージョンアップもしていないのにraw現像をしているのではありませんか。OSをバージョンアップすると、ソフトを壊すってことがあるのでしょうか。

結局よく分らないままなんとかraw現像もプリントも出来るようになりました。

カメラの故障から始まってデジタル機器に振り回された10日間でした。この間にプリントをしなければならず、写真屋でA4にプリントしてもらいましたが、たいそう不満。これって私のプリント技術が少し向上したってことかしら。

バージョンアップによる影響が他に出ないといいのですが。。

疲れました~

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

カメラ買ったけど

さんざん迷っていたけれど、カメラを買いました。ニコンのD7000です。D800はとても魅力的だったけれど、今の自分の写真に対する情熱度とD800の重さを考え、D7000を選びました。

ニコンはずっと品薄だったのが、このところで回り始め、価格も下がり始めました。もう少し待つともっと下がりそうな気配はあったのですが、今のカメラに対する不満がたまってきたので、買い時と判断しました。

ところがです。使用して3回目、撮影を開始しようとしたら、液晶が映らなくなり、メニューボタンが利かなくなってしまいました。液晶で確認することも設定を変えることもできませんでしたが、シャッターはきれるので、絞りと補正だけ変えて、とにかく撮影を続けました。まだ取り説すら開けていない状態です。古いカメラもニコンなので、操作はだいたい大丈夫だろうと思っていました。

家に帰ってすぐに販売店に電話すると、在庫があるので取り替えるというので、飛んで行きました。



いつもRAWで撮影しています。前のカメラより画素数が大きいので、8ギガのSDカードがすぐ一杯になってしまいました。2枚のSDカードが入れられ、自動的に次のカードに移ります。この日も液晶が見られないままRAWで数百枚とりました。

夜撮った写真をパソコン(Macbook 10.5.8)に入れようとしたら、何をやってもRAW現像が出来ず、読み込めないのです。photoshop elementsでもバージョンが8で古いので、読めません。前のカメラはパソコンとほぼ同時期に購入したので、レベルが揃っていたのでしょう。特に何の問題もなく、HDにもiphotoにも取り込めました。

仕方がないので、とりあえず、付属のニコンのView NX2をインストールしてみました。一応現像は出来たのですが、これに慣れないせいか使い勝手がどうも今一。

なんとかiphotoを使えるようにしたいとネットで調べてみると、英語で”iphoto can't read D7000 raw"というサイトが出てきます。そのサイトは古そうなので、きっとなにか対策を講じてあるはずと思って探したところ、「デジタルカメラRAW互換性アップデート3.5」というサイトを見つけました。対象カメラにD7000が入っています。やれやれと思ってみると、iphotoのバージョンもアップデートしなければなりません。このサイトを見る限りOSはなんとか対応しそう。

でも、念のためと思ってAppleのサポートセンターに電話してみました。このサイトでは矛盾した記述があり、OSも10.6が必要かもしれないと言う。

結局アドバーザーの人が米国のエンジニアに問い合わせて返事をくれるということになりました。1週間かかるそうです。それまでJpegで撮ることにしましょう。(jpegなら、何も問題はありません)

パソコンを買い替えるのが一番と言う。そんなことはわかっているけれど、カメラを買ったばかりでパソコンまで買い替えられません。それにこの容量のなくパワーのないマック、まだ気に入っているんです。

photoshop elementsもバージョンアップしなければならなさそうだし、軌道に乗るまでにあといくらの出費があるんだろうか。

デジタル機器を新しくするといつも1週間はその子守りをしなければなりません。これが楽しみという人もいるのでしょうが、私はうんざりです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

八ヶ岳周辺と犬

Sさんちには2歳のゴールデンリトリバーがいます。Jに会うのは赤ちゃんの時以来で、大きくなったのにびっくりしました。37キロもあります。週末にはSさんと一緒に車で都内から八ヶ岳通いをし、自然の中を駆け回れる幸せなワンちゃんです。元気盛りで、動きたくてたまりません。感情表現も豊かで、大変な甘ったれです。エネルギーが余っていて、よくSさんに叱られています。

DSC_3341_convert_20120502234924.jpg

犬は成長が早い。もう立派な成犬ですが、まだまだ子どもで遊んでもらいたがっています。毛は抜けるし、よく食べるし、見ているとこうちゃんのお世話より大変そう。こうちゃんが少年の域をやっと脱する頃、Jは老犬になるんですけど。

朝早起きして、近隣の(といっても車で20分)犬たちと放して遊べる広場へお出かけ。残念ながらカメラを別荘に忘れてしまい、写真は撮れませんでした。

長沢の鯉のぼりを見に行きました。
まだ時期が早いので鯉のぼりが垂れ下がっているだけでしたが、連休には屋台が出て、いろいろなイベントが行われるようです。

DSC_3407_convert_20120502201819.jpg

DSC_3451_convert_20120502224509.jpg

それから尾白川渓谷に行きました。

渓流はスギ木立に囲まれ、水もきれいでした。
DSC_3664_convert_20120503200438.jpg

冷たい水をものともせず、Jは飽きることなく、投げられた棒っ切れを取りに水の中に飛び込みます。

DSC_3672_convert_20120503202553.jpg

レトリバー(retriever)とはよく言ったものです。そして水から上がるたびにブルブルブルと頭を振るので、カメラもレンズも水のしずくでいっぱいになってしまいました。

DSC_3709_convert_20120503203800.jpg

DSC_3679_convert_20120503204243.jpg

DSC_3703_convert_20120503204735.jpg


この周辺は車がないととても不自由です。Sさんは猫好きな私のために猫グッズの店、お洒落なレストラン「お茶のじかん」(ここのハーブティーをもっとたくさん買って帰ればよかった)、友達の家、七賢という酒蔵

DSC_3765_convert_20120503205617.jpg

その他周辺の桜などいろいろなところに連れて行ってくれました。

別荘もSさんがナチュラルガーデンを丹精していて、素敵なセカンドハウスに育っています。

大変お世話になりました。この次に伺う時には素敵なベランダから青空にくっきり映える八ヶ岳を見てみたい!

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

桃源郷

夏に山梨に行くたびに大きな桃を買ってその場で食べました。おいしい桃でした。でも、桃の花の咲く頃、行ったことはありません。旅行パンフレットを見て、一度見てみたいと思っていました。

韮崎まで神代桜を見に行ったので、笛吹川の桃源郷が有名ですが、韮崎の一駅先の新府の桃畑に行くことにしました。

韮崎までの車窓から撮った写真です。甲府あたりでしょうか。

DSC_2936_convert_20120501001006.jpg

新府の桃源郷 あたり一面、桃色。ピンクじゃなくて桃色なんです。「桃源郷」と桃にのみこのような呼び名がついた理由が判るように思いました。
 DSC_3248_convert_20120501001609.jpg

桃の手入れ
DSC_3287_convert_20120502231926.jpg


金曜日20日は時雨れていましたが、翌日は雨が止み、次第に青空が広がってきました。八ヶ岳の別荘に泊めてくれたSさんは晴れ女なんだそうです。翌朝もう一度Sさんが新府に連れて行ってくれました。

DSC_3589_convert_20120502111816.jpg

DSC_3591_convert_20120502112038.jpg

DSC_3605_convert_20120502112310.jpg

桃の木は結構間隔をあけて植えてあるので、遠くから見た方が「桃源郷」でした。

八ヶ岳はまだ続きます。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム