プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

年賀状

皆さんはもう年賀状を出しましたか。今年は何日までに投函すれば元旦につくのでしたっけ。

きちんとしている方はかなり早くから準備をなさるようですね。年賀状の時期は毎年決まっているのに、もう何年も元旦に着くように年賀状を投函できたことがありません。これって性格ですね。ちょっと間に合わないという。

昨晩やっと図案が出来上がって、寝ました。

一筆添えられる余白を残して、恒例の写真と一部印刷文を入れて今日印刷しました。一応表と裏のご挨拶文だけは毛筆で書きます。

今午前0時、やっと十数枚書き上げて、ポストまで走って投函してきました。後はまた明日。明日中に全部出せるかなあ。

****
娘はもう周産期を迎え、退院してきましたが、今夜もお腹が痛いので来てほしいと電話がありました。が、娘は一人で病院へ行けるから大丈夫と追って電話があり、私は年賀状を印刷することができました。

いつ産まれるのか、心落ち着かない年の暮れです。掃除もなかなか進みません。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

めがね

新しい眼鏡を作りました。

今月免許の書き換えがあり、やっとパスしたという感じだったので、なんとかしなくっちゃと思っていました。白内障の手術後に作ったままのレンズだったので、右のレンズのみを替えようと眼鏡屋に行ったところ、新しい眼鏡を作ることになってしまいました。

フレーム価格がみなレンズを含む値段になっていました。なんかヘン。

覚え書きとして
右 S-3.00 C-1.50
左 S-2.25 C- 0.75
UV guard clean strong coat IM star max

今度は赤っぽいフレームにしました。この眼鏡は近視用、運転、テレビ用です。

家の中では裸眼です。でも0.1ぐらいなので、当然ながらよく見えません。汚れなんか見えないんだよね。

私の目の検査をして、これじゃパソコンをすると疲れるでしょうと言われました。そういえば見えないものだからモニターにへばりついてタイプしています。そこで、今までのフレームに近近レンズを入れました。これはパソコンと読書用、つまり上はパソコン、下は手元で、累進多焦点レンスです。

右S-0.75 C-1.50 AX110
左S-0.00 C-0.75 AX120

遠近というレンズもしてみましたが、歪んでしまって入れられませんでした。周りの近視の友達はほとんど遠近両用の眼鏡をしていますが、歪まないのでしょうか。

近近は3年ぐらい使えるでしょうと言われました。ホントはコンタクトをしたときにつける老眼鏡も欲しいんだけど。目下ワンデイなので、必要なときには目から取り出して捨てています。

何とも不便なことです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ホームクリスマスパーティー

娘はお腹のベビーはもう2000gを超えたとかで、もういつ出産になってもいいと言われ、退院しました。でも、出かけることはできないので、こうちゃんちでクリスマスをすることなりました。

24日、私は恒例の丸鶏とサラダを作って持っていきました。ゆうたんのうちでは手作りケーキやラタトゥイユとブルスケッタを持っていきました。娘は動けないので、朝からこうちゃんのダダは掃除に料理に大奮闘。ホームメイドのパンとスープができていました。

DSC_4263_convert_20111226113725.jpg

早速子供たちはもらったプレゼントを開けて、フィンガーペイントを始めました。
DSC_4277_convert_20111226114152.jpg

こうちゃんはサンタさんに1日早いプレゼントをもらいました。16/1のバイオリンです。ダダがやらせたくて仕方がなかったのでしょう。ゆうたんはこうちゃんのパパに教えてもらいながら大きいバイオリンを弾きました。こうちゃん、できるようになる日まで壊さないでね。

DSC_4306_convert_20111226114805.jpg

ゆうたんが両手でキーボードを弾きました。
DSC_4308_convert_20111226120538.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて、子供たちが帰らなければならない時間となりました。

ずっと我が家が主催でしたが、料理を持って出かけるのは楽でいいわぁ。回り持ちでお願いします。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

クリスマスイルミネーション

家には小さい子はいないのに、クリスマスが大好きで、我が家にはクリスマスのデコレーションは年々増えてきました。今年は赤いツリーとなりました。
DSC_4331_convert_20111226102529.jpg

玄関の飾り
DSC_4249_convert_20111226103055.jpg

食卓
DSC_4322_convert_20111226102807.jpg

ちょっと外へ出かければ、大きなツリーがいっぱい
家の近くのデパートのロビー
IMG_0275_convert_20111226104659.jpg

みなとみらい
DSC_4226_convert_20111226105832.jpg

友達と六本木の「スピローズ」でギリシャ料理を食べた後でミッドタウンに行きました。
地球の歴史をイメージしたイルミネーション
IMG_0325_convert_20111226111222.jpg

IMG_0338_convert_20111226111450.jpg

こういうイルミネーションを見るのは初めてでした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

保育園のクリスマス会

今年も余すところ1週間。今年は大掃除も年賀状もまた手つかず状態です。

10日(もう2週間も経ってしまった)、ゆうたんの保育園のクリスマス会に行きました。1歳から通った保育園、卒園前の最後の行事となりました。小さな都市型保育園で心配しましたが、ゆうたんはこの保育園が大好きです。

土曜日の3時からクリスマス会が始まりました。両親、兄妹、祖父母がビデオやカメラを持って集まりました。保護者が園の中に入れる数少ない機会です。

この日のために子供たちはいろいろな飾りを作りました。

ゆうたんの作品です。ゆうたんは工作が大好きです。
DSC_3190_convert_20111223104312.jpg DSC_3207_convert_20111223104451.jpg


小さい子たちは先生に誘導されて歩いてきただけであちこちから泣き声が。。先生たちは大笑い。この衣装はペンギンさんです。
DSC_3038_convert_20111223102016.jpg

ゆうたんたちは「野菜のパーティー」というオペレッタで、ゆうたんは「魔法使いのマヨネーズ」役でした。赤い帽子がマヨネーズのキャップです。衣装はカラーのポリ袋を利用して作られています。ノウハウがあるのでしょうが、保育園や幼稚園の先生ってすごいですね。子供たちはどの子も楽しそう。
DSC_3154_convert_20111223101028.jpg

恒例のサンタさん、登場で子供たちはお菓子をもらい、記念写真を撮りました。
DSC_3379_convert_20111223110428.jpg

写真を撮るゆうたん、この頃からカメラを持って撮っていれば上手になるでしょうね。
DSC_3251_convert_20111223111510.jpg

家の子供たちのお遊戯会の時は、もう裁断された布を渡され、ドレスを縫うようにいわれ、洋裁のできない私は途方に暮れながら針を持った記憶があります。衣装も演技もはるかに立派でしたが、ゆうたんたちの方が楽しそうです。

帰りにゆうたんが大地震の際に起きた壁の亀裂ができたところを見せてくれました。怖かったでしょうね。無事でよかった。


夜みんなで家に来て鍋を囲みました。この日は皆既月食がありました。
DSC_3428_convert_20111223111744.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

友とのお別れ

8歳の時からの友達が亡くなりました。

亡くなったのは6月、最後にお会いしたのが4月25日。ご連絡をいただいたのは12月4日でした。
今日お嬢さんとお会いし、可愛い仏壇に納まってしまったSさんとお別れをしてきました。卵巣がんでした。

なが~いおつきあいでした。小学校の3年から6年まで同じクラス。ずっと交互に学級委員をやっていました。Sさんは子供の頃から可愛い人でした。今日はお嬢さんが昔のアルバムを用意してくださっていて、写真を見ながらいろいろなお話をしました。

私達は別々の私立中学に進学しましたが、大学に入ってすぐ、一緒に英会話を習い始めました。Sさんは卒業後、花のM商事に就職し、OL生活を謳歌し、よく海外旅行にも行っていたようでした。頭のいい、何でもできる人でした。私より10年遅く結婚し、1人お嬢さんをもうけました。子育て時期がずれていたので、その頃は会う機会があまりありませんでしたが、細々と続いていました。

20年前、偶然に都バスの中で再会。勤め先がすぐ近くとわかり、時々ランチを一緒にするようになりました。その後彼女は転職、私はオフィスの移転がありましたが、またもやビルがすぐそば。何かが引き合っていたとしか思えません。

1999年、ひょんなことから一緒にダイビングを始めることになりました。奄美大島でライセンスをとり、同じ機材を買って、沖縄本島、伊豆、慶良間諸島、サイパン、フィリピンと一緒に潜りました。

カスミチョウチョウウオの中を泳ぐSさん
カスミチョウチョウウオ4_convert_20111219001054


私の帰国後、彼女から卵巣がんであること、癌の場所が悪く、全部摘出できなかったことを告げられました。それでも抗がん剤治療の合間は元気で、一緒に美術館に行き、ランチを食べて夕方までおしゃべりしました。会うたびに「大丈夫よ」というので、まさかこんなに早いお別れがあるとは思いませんでした。私が受け入れられなかっただけなのかもしれません。Sさんからあと2、3年だと思うと聞かされていました。

最後に会った時も元気でおしゃべりし、お食事を楽しみました。「Sさんの大好きだった沖縄のANAホテルにもう一度一緒に行こうね」と言ったら、「ありがとう」と言ってぽろぽろと涙をこぼしました。その2日後にメールで「病院の予約が入ったので沖縄は無理みたい」というので、前回と同じ「12月にまた行こうね」と返信しました。

その後もずっと気になっていたのですが、こうちゃんの川崎病、旅行、娘の切迫早産とつづき、会う時間がなく、連絡を滞っていたところへお嬢さんから訃報のメールが届いたのでした。最後に会って1ヶ月半後には逝ってしまったのです。

駅のプラットフォームでお嬢さんからのメールを見たのですが、涙が止まりませんでした。
お嬢さんに彼女の知らないSさんの話をしたくて、そして私の知らないおかあさんとしてのSさんを知りたくて、会いたいとお電話しました。

アルバムを見るとずっとお洒落で華やかだったSさんの笑顔がいっぱい。いろいろなことにとっても強いこだわりのある人でした。最後まで下の世話にならず、自力でお手洗いに行ったそうです。

今も南の青い海と一緒に、彼女の声が聞こえてきます。お嬢さんから形見にスカーフを夏の帽子をいただきました。さっそく首に巻いて帰りました。50年来の友達が逝ってしまうなんて心に穴が空いたようです。ご家族はこの寒さがこたえているでしょうね。

お嬢さんは美しく、落ち着いた立派な女性に成長されていました。ご結婚もされたし、安心して旅立たれたことでしょう。ご冥福をお祈りします。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

マスターズat 横浜国際プール

11月27日に横浜国際プールでクラブ内のマスターズ大会が行われました。

いつもはスイミングスクールのあるクラブで行われるので、こうした大きな会場でするのは初めてです。

飛び込み台も高いし、水面も低いし、壁も掴むところがないので、事前に何回か練習会が行われました。最初は傾斜のついた高い飛び込み台に立つだけでも怖かったのですが、なんとか飛び込めるようになりました。(といっても、実際はそのまま落ちている感じ。たくさん数をこなした人に比べ、ぶざま。。。)教えてくださったIさん、誘ってくださったKさん、Oさん、ありがとう。

飛び込むだけで呼吸とエネルギーを使ってしまい、25m息継ぎなしで泳げません。息継ぎをするとタイムを落とします。

肩腕痛やら肋間神経痛やらで8ヶ月間まともに泳げなかったので、まったく期待はしていなかったのですが、大きな会場での大会なので、写真を撮りたくてエントリーしました。この間、水泳仲間はそれぞれ熱心に練習し、レッスンを羨ましく横目で見ていましたが、目覚ましい進歩がありました。

当日朝早くジムの仲間が会場前に集まりました。写真も2階席のギャラリーからしか撮れないとのこと。明るい窓に向かってレンズを向けることになるので逆光。距離と光量不足で写真も難しいとわかりました。

DSC_1820_convert_20111214164000.jpg

DSC_1724_convert_20111214162235.jpg

いつもかっこいいSさんのバタフライ
DSC_2000_convert_20111214163617.jpg

私の出番は前半であっという間に終わりました。前回より1秒以上タイムを落としました。1秒あげるのってすごく大変なのに簡単に落ちるんだ。。。

オリンピック候補選手の模範遊泳もありました。速いこと。オリンピックに選ばれるといいね。
YさんTさんの力泳も見られました。Iさんは大会新で優勝しました。

午後は区民写真展をやっていて、久しぶりに会える友達もいて、急いで会場を後にして、写真会場へと赴きました。忙しかった。。。

前半だけでしたが、かなり写真を撮りました。被写体が動きがあって、室内で望遠を使っているのでぶれやすく、しかも水の中、誰が誰だかわからず、プログラムを見ながらやっと整理をし、メルアドのある人には送り、200枚ほど印刷に出しました。3週間もかかってしまい、賞味期限も切れそうですが、年内にみなさんに渡せそうです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

大学のクラス会

4日土曜日に大学のクラス会が大学の記念会館で行われました。(時間的順不同になってしまいました)

時代が時代だったからか、バリケードの中で語り合った大学時代の仲間達は今もとってもなかよしです。小さい集まりは始終、大きな集まりも5年ごと行われ、毎回20人前後集まっています。クラスは50人以上いたでしょうか。私が渡米する前や帰国直後にも声かけをして集まってくれました。早今年で卒業40周年です。40年振りに再会した人もいました。

大学周辺はすっかり変わり、高いビルばかり、真っ暗な道を尋ねながらやっとたどり着きました。遅刻!。(5年前にも来ているのですが)

当時は女性の少ない法学部、クラスで2人でした。この日はもう1人が旅行中で欠席、女性は私一人でした。企業に勤めた男性達はリタイアし、ほとんどが第2の職を得てまだ現役でした。弁護士、司法書士など専門職の人たちはきっともう大先生なのでしょうね。ですが、もちろんクラス会では当時と同様、皆呼び捨てです。

2次会はカラオケ。クラス担任でもないのに時々お目にかかる、ダンディーなフランス語のT先生もご出席で、歌がとてもお上手。私は先生と「枯葉」をフランス語でデュエットさせていただきました。そういえば、クラスにはフランス語の単位を落として落第した語学音痴が何人かいて(Sさんは「Je t'aime とQu‘est-ce que c'est? しか覚えてないよ」と言っていました)、なぜかT先生に可愛がられ、結婚式にも列席していただき、長い付き合いになったようです。

当時第2外国語は2年間、週2科目ありました。私はフランス語既習者だったので、できる方だったのですが、T先生に何を習ったかまったく覚えていません。

また、カラオケで私には聞いたこともないせりふ入りの歌(演歌なのかしら)でしたが、元高級官僚のKさんがせりふを担当し、歌とのコンビは絶妙で、たいそう盛り上がりました。Kさん、道を間違えたかなあ。あのせりふ回し、役者になればよかったのに。

この1年に亡くなった方1名、もう何人欠けたのでしょうか。病の床についている人、奥さんを亡くした人、「どうして女房は早死にしたんだ」と嘆くTさんに「亭主が悪い」と一言で切り捨てた同じく奥さんを数年前になくしたKさん。男の人ってこうやって自分を責めているんだね。きっと奥さんにも聞こえているよ。
胸の中の思いが伝わってくるようでした。

私も忙しくて出席をためらっていたのですが、次回会えなくなる人もいるかもしれないという思いが心をよぎり、出席しました。やはり旧友っていいなあ。懐が広いです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

切迫早産(2)

大掃除も、年賀状も、ブログの更新もままならぬまま12月も半ばになろうとしています。

先週の金曜日、こうちゃんのママ(娘)が切迫早産で、とうとう入院しました。電車の中でその連絡をキャッチしてそのままこうちゃんちへ駆けつけました。夜9時前でした。5分おきにお腹が張るということで、病院に電話したら、診察を受けるように言われたということでした。ダダも帰って来ていました。

こうちゃんを寝かしつけ、そのまま病院へ行きました。私は寝ているこうちゃんとこうちゃんちに残りました。やっぱり即入院。ママは切迫早産で11月初めに1ヶ月以上早く産休に入り、安静を言い渡され、横になっている日々が続いていました。

土曜日、ダダは仕事があったので、朝早く夫が迎えに行き、こうちゃんを連れてきました。こうちゃんはママは病院とわかっているようでした。こうちゃん自身が夏に川崎病で入院した成育医療センターです。こうちゃんは覚えているかしら。

予定日は1月16日とか。今月の26日から周産期に入るそうで、そうなればいつ生まれてもいいそうです。

夕方からゆうたん達が我が家に集まり、みんなで夕ご飯を食べました。こうちゃんはゆうたんがいると、とっても嬉しそうです。夜10時頃ダダのいるうちへ送り届けました。

昨日日曜日はダダと一日一緒でした。ダダは家事のできる人、子どもの世話を任せられるおとうさんです。こうちゃんもダダが大好き。こうちゃんはママに会いに行きましたが、泣かずにバイバイできたそうです。

こうちゃんはいろいろなことが日に日にわかってきて、この環境の変化にも適応しようとしています。小さいながらもしっかりした意思をもっています。

こうちゃん、もうすぐお兄ちゃんだよ。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

整形外科

針がコチコチ動いて、今日から師走。今年も一年、早かったなあ。

今年は外科的不調が続きました。震災の頃から右腕が痛くなり、車の運転にも支障をきたし、整骨院、整体、整形外科とかかりましたが、結局、90%よくなるのに半年近くかかりました。まだ10%の不調が残っています。

肩腕痛の痛みからやっと開放されつつあった夏頃から体に電気が走るようになり、肋間神経痛らしいとわかるまでに2ヶ月。鍼治療をしてくれる整形外科を紹介され、通い始めたのがちょうど1ヶ月前。週に1~3回通いました。これが効きました。徐々に痛みが減り、こちらは98%治ったみたい。

と思ったら、今度は左肩腕が痛くなり始めました。50肩は片方が治るともう一方も痛くなるとは聞いてはいたのですが、ホントです。目下一番痛いのはこの左上腕部なのです。間が途切れることなく、鍼を打ってもらう場所を変えてつづけています。この50肩にも鍼が効くといいのですが。

こんなに外科方面が悪かった年は初めてです。こういうお年頃ですから、長くつきあっていくしかないのかもしれません。

暮れの大掃除もあるし、こうちゃんちのお世話もしなければならないし、もう少しすれば新しい家族も増えるし、治療しながら乗り切らなくっちゃ。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム