プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

友達の死

かねて療養中だった職場の友達が亡くなり、27日土曜日に葬儀がありました。

Aさんは3年前,ちょうど私が渡米する直前に発病しました。脳腫瘍でした。帰国後、リハビリを開始したAさんと会いました。右半身に不随が残り,その時はまだ言語にも不具合を残していました。でも,前向きで、仕事復帰の意欲も高く、新たにクラリネット、ブリッジを習ったりしながら、私と同じジムのプールでリハビリを続けていました。

初めて泳ぐAさんを見たとき、この人が泳げる日なんて来るのだろうかと思いました。両足でうまくキックが打てないので、まっすぐ進めないのです。パーソナルレッスンを取り、いつも精一杯頑張っているAさんを見ていました。息継ぎの練習が出来るところまで上達し,泳げるようになる日も近いと思った今年の2月のある日、「リハビリ、頑張っている割に効果が出ていないので、検査をしたほうがいいとお医者さんに言われたの」と言っていました。

それから間もなく入院することになりました。再発でした。

ご主人から,お別れに来てほしいというメールが届いたのが7月の初めでした。Aさんのうちは敬虔なクリスチャン一家で、死というものを暫しのお別れと捉えていて、Aさんの生がもう幾ばくもないということ、もうこの世では会えなくなるということを、本人はもとより家族の皆さんがを自然に受け止めていらっしゃいました。彼女は4代目のクリスチャンだったそうです。

私は病床で戸惑いました。

ご主人の話では後3週間ぐらいではないかということでしたが、この暑さを乗り越え、8月の24日に亡くなりました。62歳でした。ご主人と素敵な3人のお嬢さんが残されました。それにそっくりな妹さんと。

火葬場でお見送りをし,偲ぶ会にも出席しました。クリスチャンのお葬式は初めてではなかったのに、私にとって「異文化」と感じられるお葬式でした。やはり「死」は宗教と深くかかわっているからでしょう。宗教を持つ人が羨ましいと感じられるひと時でした。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

マック修理

マックの修理を頼んできて、集配の人が来るのを待っているところです。単なるバッテリーの交換なのですが、なにかが溶け出してくっついたのか,メリメリ音がして,はずせないので,修理に出すことにしました。

パソコンがないとすごく困るのですが、パソコンの前に座らないということは別のことに時間が使えるということなので、この間,こうちゃんのお世話をして、少し本でも読みましょう。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

退院

ご心配いただいていたこうちゃんが退院しました。

血液検査とエコー,両方とも異常がなく、思ったより早く退院でき、本当によかったです。この間、こうちゃんはおかあさんべったりになり、すっかり甘えん坊になりました。そしてこの10日間で、随分言葉も豊富になり、成長したように思います。

入院中の様子
プレイルームで遊ぶこうちゃん

DSC_5063_convert_20110828090604.jpg

DSC_5073_convert_20110828090844.jpg


病室のベッド テレビも見られます。
DSC_5085_convert_20110828091352.jpg


午前中1時間半ほど、保育士さんが数人来て、プレイルームで遊ばせてくれました。付き添いがホッとする時間です。

成育医療研究センターには、院内教室もあるようでした。長期入院している子供たちがいます。小さい子にはこうちゃんのように24時間親が付き添っている子もいますが、こうちゃんより小さい子が夜は一人で過したり,長期の子は夕方親が顔を出すだけの子もいますが、皆子供たちは治療と寂しさに耐えています。

子どもが複数いて、その1人が長期入院することになったら,どんなに大変なことでしょう。入院期間の決まった第2子出産時の比ではありません。(こうちゃんは来年早々,お兄ちゃんになります)


こうちゃんは退院しましたが、後1ヶ月、薬を飲み続けなければなりません。薬を飲んでいる間は、感染症にかかると重篤になる恐れがあるので,保育園やスーパーなどに行かないように言われました。入院中休みを取っていた娘もいつまでも休んでいる訳には行かないので、私のこうちゃんち通いは保育園再登園まで続きます。

問題はこうちゃんが元気すぎて部屋に納まらないことです。入院中もベッドから降ろすと病院の廊下をスタコラ走り回って、周囲に迷惑をかけないようについて歩くのはなかなか大変でした。この活発な子を家の中で遊ばせるのには覚悟が必要のようです。なにか発想を変えて、工夫が必要のようです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

体に電気が走る(2)

昨日は軽い電気がのべつ幕なしに走っていました。ビーンと走るほど強くないので痛くないのですが、ビリビリしていて、本当に不快でした。

自分で症状を観察してみると、寝ているとき、じっと動かないときにはあまりビビッが出ません。どうやら腕を動かすと走るような気がしています。腕って始終動かしているんですね。肩腕痛と関係がありそうです。

土曜日の夜から薬を服用していましたが、昨日はあまり電気が走るので、やっぱりウィルスではなかったんだ、何科にいけばいいのだろうかと思案していました。

今日はだいぶ症状が和らいでいます。やっぱりウィルス感染で薬が効いてきたのでしょうか。それとも昨晩1人でやったストレッチが効いたのでしょうか。それともその日によって症状が違うのでしょうか。

*********
ご心配いただいているこうちゃんは快方に向かっています。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

川崎病

こうちゃんが川崎病にかかり、入院しています。

川崎病、私が子育てをしている頃、川崎病は幼児がその発病時より1ヶ月後に、冠動脈瘤により突然死すると恐れられていた病気でしたので、子どもが発熱した時は、発疹など、注意深く見たものでした。

以下は川崎病の症状です。
・熱
・体の発疹
・眼の充血
・手足のむくみ
・BCGの跡の腫れ
・リンパ節の腫れ


こうちゃんは水曜日(17日)の午後発熱し、保育園から呼び出しがかかったそうです。木曜日はおじいちゃんが子守りに行きました。熱も微熱程度で、元気とのことでした。

夜から熱が38度台になり、金曜日朝私がお医者さんに連れて行くことになりました。かかりつけの小児科は予約が取れなかったとのことで、初めてのUクリニックで、診てもらいました。

先生は目の充血をみて、上記のようなチェックをしていました。まず、プール熱の検査をしました。プール熱ではありませんでした。
先生は娘が書いたメモを診ただけで川崎病を疑っていたのだと思います。このとき熱は7度1分で、元気で、発疹もありませんでした。高熱が出て、元気がなかったら、川崎病の疑いがあるので大きな病院へ行くようにと言われました。

私は元気なこうちゃんを見て、あくまでも「疑い」だと思っていましたが、娘に連絡しました。娘は会社で川崎病についてネットで調べたようでした。夕方上記の症状が強く出たので、紹介状をもらい、こうちゃんの生まれた病院、世田谷の成育医療センターに救急で行ったそうです。

即入院となりました。こうちゃんはカテーテルやら点滴、心電図など、あっという間にたくさんの管に繋がれてしまって、泣き続けていたそうです。

翌日は土曜日だったので、両親が揃っているので病院へは行きませんでしたが、妊娠5ヶ月に入った母親には夜通しの看護は大変だったようです。行ってあげればよかった。。。

日曜日、私が病院に着いたときにはちょうど点滴がはずされた時でした。携帯用の心電図がつけられていましたが、プレイルームで遊んでもいいと許可が下りました。こうちゃんはたくさんのおもちゃで遊びました。元気でした。

昨日はおじいちゃんが行きました。エコーでは動脈瘤は出来ておらず、γーグロビリン、アスピリンの効果が出ているようで、ホッとしました。

ただ、夕飯後、今度は3度ももどしてしまったようです。まだまだ予断は許しません。

川崎病は早期に治療を開始することが肝心なので、この先生に診ていただけたことはラッキーでした。周囲の人に聞くと、川崎病にかかった子を知っているという人が結構いました。年間1万人以上の患者が出ているそうです。原因はまだ明らかにされていません。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

体に電気が走る

1週間ほど前から、ちょっとした動きで右脇腹から小指、薬指にかけてビビッと電気が走るのです。生まれて初めての経験です。

乾燥した冬に何かに触って静電気が走るのや、肘を打ってしびれる感覚とよく似ています。肩の痛みと関係があるのかないのか分りませんが、何とも不快です。

今朝、プールで体を伸ばして水に浮いただけで、脇腹から指先にかけて、ビリっと強烈に電気が走りました。

9ヶ月前に心電図を取ったときに異常がありました。心配するほどではないと言われ、薬も飲んでいません。が、これが何かの予兆だとすると困ると思い、今日内科に行ってきました。

これは心臓にはまったく関係がないとのことでしたが、その後、先生はびっくりすることを言ったのです。「信じられないかもしれませんが、ウィルスの感染だと思います」。あ、そういえばこの先生、何でもウィルスのせいだと言うと息子が呆れていたっけ。

抗生剤(クラリス)と炎症鎮痛剤(ロキソニン)が処方されました。一日2回の服用です。家へ帰る道々も手を振るたびにビリビリ、ビリビリ。

食事の間もビリビリ、ビリビリ。食後飲んでみました。それからだいぶ治まってきています。えっ、このビリビリはウィルスが原因で、もう薬の効果があったってこと?

人の体は何とも不思議です。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

Macが膨らむ

Macが膨らんでしまいました。膨らんだのがマックバーガーなら問題ないのですが、MacBookです。

私のパソコンは3年前に買ったMacBookです。このところ、キーボードを打つとガタガタしていましたが、下に消しゴムかポストイットでもあるんだろうと拭いてみました。何やらゴミがありました。

どなたもそうでしょうが、パソコン周辺はコード、ケーブルだらけ。私の場合、さらにその外周はペーパーだらけ。
昨日やっと周辺を片付けたら、このガタガタが気になり、コードを全部はずして、裏をひっくり返してみました。

何とバッテリーが膨らんで、蓋が盛り上がっているではありませんか。早速アップルに電話しました。一応無償修理と言っていましたが、これは数台目ですが、今までのPCは一度もこんなことはなかった。。。

これってよくあることなのかしら。1週間もマックがないと困るなあ。写真のプリントの必要のない今月末で予約しました。日々膨張しているのか、ガタガタが一層気になります。やれやれ。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

『東京島』桐野夏生

続けて桐野夏生です。この本は3年前の出版なので、図書館からすぐ届きました。

フィリピン沖(?)の無人島に漂着した夫婦に与那国のたこ部屋のようなバイト先から逃走したフリーター達、そして流れ着いた中国人グループ、総勢32人(46歳の女性1名)のサバイバルゲームです。

サバイバル能力のなかった元銀行員の夫がサイナラ岬で死亡し、サバイバル能力豊かな中国人は脱出を試みる。

「男たちが諦め半分でコミュニティを作る一方で、自分だけは生きたい、脱出したい、という強い気持ちを持ち続けます。危険な状況に追い込まれれば平気で嘘をつくし、生き抜くためには権力を持っている人間に媚を売る。」女一人周りの情勢を見ながら、どちらへでも寝返る清子。

中国人との脱出に失敗した清子はこの島で誰の子分らない双子を出産。

1人で行きていくことは難しく、コミュニティーを作ったり、極限状態の中でそれぞれの本能がむき出しに描かれています。

この本は昨年夏、映画化されました。私はそれを知らず、このサバイバル本はドラマ化されるだろうと配役を思い描きながら読んでいました。この清子は映画では43歳で、木村多江が演じました。私の好きな女優です。

本が映画化されると、映画にがっかりすることが多いのですが、これはどうでしょうか。チャンスがあれば見てみたいと思います。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏まつり1(大和阿波踊り)

もうだいぶ経ってしまいました。7月24日に大和の阿波踊りに行きました。昨年に続き2度目です。

昨年はパレードの流れをみて、パレードのゴール近くの縁石に腰を下ろし、写真を撮っていました。そして薄暗くなると雰囲気は出てきたものの、光量不足でぶれてしまい、フラッシュを焚いたりして撮りました。

今年は昨年より少しはましなものをと思いましたが、お祭りそのものは自粛で縮小ということで、参加の連も少なく、ライトもありませんでしたが、それほどの人出ではなかったので写真を撮るには却ってよかったかもしれません。
DSC_3377_convert_20110810182902.jpg

それでもそれぞれの連は一年間の練習の成果を見せるとあって、カメラを向けると一層張り切って踊ってくれました。
DSC_3499_convert_20110814225453.jpg

DSC_3747_convert_20110814230022.jpg

祭としてはちょっとさびしかった分、地域的な、家庭的な暖かい感じがありました。
DSC_3518_convert_20110814232718.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

マルコメ

2歳になったばかりのこうちゃんが頭を丸めて、マルコメになりました。

この夏、トビヒにかかり、元々アレルギ―体質のこうちゃんは保育園登園停止になりそうなほどひどく悪化し、バリカンで髪を刈ることになりました。

昨日医者へ連れて行くため休暇を取った娘が医者帰り家に連れてきました。ハイハイの頃、髪が薄くて、マルコメさんと呼んでいましたが、今度は本当のマルコメです。
DSC_4512_convert_20110809233447.jpg

額の生え際、耳の中や後ろはまだぐじゅぐじゅしていますが、家のプールならいいということで、朝からプールを出し、水を張ってこうちゃんの来るのを待ちました。

昼ご飯もそこそこにプールです。サイクリングから帰ってきたおじいちゃんがそのまま入れることになりました。こうちゃんはスッポンポン。水を怖がらないこうちゃんは何度もダイビングを繰り返していました。
DSC_4516_convert_20110809233900.jpg

何度もシャワーを浴び、少しよくなってきたような気がします。
庭で見つけたせみのぬけがらを「ミンミン」と呼んで、遊んでいました。
一日中大はしゃぎ、大変なテンションでした。


ついでに
網戸越しにカナブンを狙うムギ
DSC_4508_convert_20110809234316.jpg

こうちゃんはモモというアメリカンショートを飼っているのでムギも好きですが、ムギはこうちゃんがあまり好きではありません。ゆうたんやこうちゃんが来ている時はいつもどこかに隠れています。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ