プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

Cape Hatteras National Seashore in North Carolina (1)

もっとのんびりした潮の香りを求めて州境を越え、ノースカロライナに入りました。

バージニア・ビーチからエメラルド・アイルまで総延長約233マイルの天の橋立のような砂州が続いています。砂州の中間にケープハッテラス国立海浜公園が在ります。大陸から大西洋に張り出した、巨大な砂州を250キロ余り南下しました。何箇所か長い橋で大陸とつながっています。連日素晴らしい晴天続きで、暑いと感じるほどの陽気でした。

ライト兄弟が人類初めて空を飛んだというところへ来ました。Kill Devil Hillsという恐ろしげな名前のところです。
DSC_0653_convert_20090331153053.jpgKill Devil Hills

DSC_0657_convert_20090331153445.jpgライト兄弟の業績を称える記念碑
スミソニアンの宇宙博物館に行った時、ライト兄弟の飛行機を見ました。

DSC_0650_convert_20090331151909.jpg

近くに小さな飛行機が離着陸する飛行場がありました。人間は鳥になりたかったのだということが実感できるような飛行場です。

こんな素敵な夕日が見られました。
IMG_1927_convert_20090331162207.jpg

線香花火のように楕円形になって水平線を赤く燃やして落ちていきました。
DSC_0728_convert_20090331163056.jpg

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

America's Historic Triangle (2)

Jamestown の次はYorktown。車で4~50分。ヨーク川の河口にあります。
DSC_0546_convert_20090320213439.jpg


独立戦争に参加した13州の旗が掲揚されています。
DSC_0501_convert_20090320183348.jpg

DSC_0516_convert_20090320205932.jpg入植当時の住居
当時の食料となる植物(ケール、人参、ホウレンソウなど)が植えられていました。

DSC_0528_convert_20090320210543.jpg生活雑貨類
七面鳥やほろほろ鳥を飼い、収穫したものを保存していたようです。
DSC_0535_convert_20090320211320.jpg当時の銃と大砲

このように再現されていました。
この後バトルフィールドへ行きました。独立戦争の戦場です。
DSC_0547_convert_20090320211933.jpg

次はジェームスタウンとヨークタウンの中間地点にある可愛いきれいな町、ウィリアムスバーグです。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Virginia Beach

Virginia Beach

アメリカの歴史を堪能した後、海好きの私はバージニアビーチへと車を走らせました。ウィリアムスバーグから約100キロ東にあります。ここはシャーロッツビルの人たちから、海と言えば「バージニアビーチ」と話に聞いていたところです。九十九里を思い出させる長い砂浜の海岸線、建ち並ぶリゾートホテルやマンション、ヨットハーバー。
IMG_1865_convert_20090323234231.jpg

IMG_1877_convert_20090323234724.jpg どこまで歩いても終わりそうもない、車が通れそうなほど広い遊歩道。大学がスプリングブレークシーズンなので大学生はいましたが、家族連れは少なくて、すいていました。これだけホテルが建ち並んでいるのだから、夏休みにはきっと込み合うのでしょう。
DSC_0582_convert_20090324004021.jpgカモメがたくさん飛んでいましたが、

DSC_0583_convert_20090324000019.jpgNorfork やNewport Newsという巨大な海軍の施設が近いので、軍の飛行機やヘリも飛んでいました。
IMG_1880_convert_20090324004848.jpg素敵なクルーザーや別荘がたくさんありました。

思い描いていたところとはかなり違っていましたが、潮風にあたるだけでも海好きにはうれしいものです。(ダイビングをするには寒すぎました)

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

America's Historic Triangle (3)

Triangle の中で一番大きく、きれいな可愛い家々がそのまま残っている町がWilliamsburgです。

総督官邸、議事堂やThe College of William and Maryがあります(この大学は Thomas Jefferson, James Monroe, and John Tyler が学んだ大学です)。35年間最高裁長官を務めたGeorge Wythe のHouse、大陸会議初代議長Peyton Randolph のHouseもあります。その他当時のまま保存されている建物や再建された建造物が数百とあります。
DSC_0919_convert_20090322170327.jpg

当時の服を纏った人々が歩いていたり、
DSC_0413_convert_20090322201453.jpg

馬や馬車が通っていたりして
IMG_2031_convert_20090322173118.jpg

DSC_0477_convert_20090323003019.jpg
町そのものがテーマパークのようでもあります。この町には実際に80世帯暮らしており、この大学で学ぶ学生もたくさんいるのですが、現在と過去が違和感なくとけ込んだ不思議な町でした。

DSC_0399_convert_20090322173445.jpgこんな素敵な本屋もあります。
IMG_1712_convert_20090322205013.jpg当時の服を着た人が馬車の車輪を作っていました。
IMG_1737_convert_20090322205448.jpgパレスと呼ばれている総督官邸と庭園
DSC_0456_convert_20090322205950.jpgタイムスリップしたかのようなレディーが館内を案内をしてくれました。どの壁面も剣と銃で飾られていました。
DSC_0448_convert_20090323165325.jpgキッチンや料理が再現されていました。

DSC_0480_convert_20090323003237.jpg州の議事堂(capitol)です。ここで立法活動が行われました。この建物の中に法廷もありました。

ここから現在のアメリカの政治の仕組み、枠組みが誕生したようです。初代ヴァージニア州知事がPatrick Henry、 2代目がThomas Jeffersonでした。

このHistoric Triangleではアメリカの夜明けを見るようでした。そして自由と平等を求める戦いはAbraham Lincoln, Martin Luther King, Jr.を経て、今日まで続いています。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

America's Historic Triangle (2)

アップしたものが日にちの設定を変更したとたん全部消えてしまいました。
めげずに、もう一度。

Jamestownの次は車で3~40分ほど北東にあるYorktownです。ヨーク川に面し、入植時の家や独立戦争の戦場跡が残っているところです。(ヨークタウンの戦いによって、アメリカ独立戦争における植民地軍の勝利は確定し、独立戦争は事実上終結しました)
DSC_0501_convert_20090320183348.jpg独立戦争に参戦した英国植民地13州の旗
DSC_0516_convert_20090320205932.jpg 入植時の家 
人参、ケール、ほうれん草などを作り、七面鳥やホロホロ鳥を飼っていた。
DSC_0528_convert_20090320210543.jpg食物を乾燥させて保存していた。
DSC_0535_convert_20090320211320.jpg当時の大砲と鉄砲、持たせてもらいましたが、なかなかの重さ
DSC_0547_convert_20090320211933.jpgBattle field
DSC_0546_convert_20090320213439.jpgヨーク川に架かる橋

どこへ行っても小学生の見学と一緒になりましたが、小学生はまじめに説明を聞き、ノートを取ったり、質問に答えたりしていました。私よりずっとよくわかっているようでした。ヴァージニアでは小学校5年生から州とアメリカの歴史を勉強します。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

America's Historic Triangle (1)

Historical Triangle と呼ばれているJamestown Settlement, Yorktown, Williamsburgに行きました。シャーロッツビルからE(East)64号線で州都リッチモンドを通って200キロあまり行ったところにあり、1607年から始まるイギリスの入植から独立戦争のころまでの歴史が見られます。ヴァージニアの小学生が遠足に行くところです。実際多くの小学生の団体と出会い、彼らと一緒に説明を聞きました。

17世紀初頭の入植者たちは本国からいろいろな文化を持って来たとはいえ、生活用具を作ることから始めなければならず、石器時代に戻ったかのよう。入植者は男性が3:1と多く、飢え、自然災害、ネイティブアメリカンとの戦いの連続でした。彼らは実際どのような思いを抱いて海を渡ったのでしょうか。

map_historicTriangle_convert_20090316232625.jpg

時代順にまずは、Jamestownから。
1607年当時の船3艘、レプリカですが、狭い船内も再現されています。154名のむさ苦しい男どもがチェスなどのゲームをしながら、144日かかって航海したようです。
DSC_0931_convert_20090319005819.jpg旗艦船Susan Constant 他2艘
IMG_2056_convert_20090319012732.jpg

住居、教会、PocahontasやJohn Smith船長の話、入植後ほどなくアフリカから商品として連れてこられ奴隷としてタバコ、綿花農場で過酷な労働をさせられたアフリカ人の様子が展示されています。この旅行に出る直前に映画「アミスタッド」(時代は200年以上下る)を見ました。
DSC_0926_convert_20090319010712.jpgネイティブアメリカン(Powhatan族)の住居、

ガラス工房では当時のガラスの製造が行われています。
DSC_0989_convert_20090319011710.jpg当時の炉、製作方法、服装でガラス製品を製造販売している。数分で水差し(花瓶?)が完成します。

IMG_2086_convert_20090319013212.jpg現在、ジェームス川をフェリーが行き交っています。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Alexandria

アレキサンドリア

朝起きたら外は真っ白の雪景色、2インチぐらい積もったようです。うちに帰れるのだろうか。大通りまで歩いて様子を見に行ってみました。大通りは除雪されていて、そこまで車を出せれば走れそう。

アレキサンドリアはシャーロッツビルとは全く趣きの違う、ポトマック川に面した地下鉄も走るおしゃれな街です。
DSC_0390_convert_20090316131616.jpgThe George Washington Masonic Memorial

King Street(main street)を通ってピアに行きました。昨晩は遅くなってしまい、行かれなかったところです。
DSC_0397_convert_20090316153844.jpgポトマック川

DSC_0394_convert_20090316145529.jpg
人っ子一人いない桟橋。風が吹くと雪が吹雪のように舞い、凍るような寒さでした。新雪を踏みしめ、レストランに行きました。レストランは運良くオープンしていていましたが、誰一人客がいませんでした。

お昼を食べてから、当初の目的であったMont Vermonに行ってみました。一段と雪深く見事な雪景色です。
DSC_0417_convert_20090316151445.jpg
雪のため休業で、中に入ることすらできませんでした。残念。川面の眺めながらお食事ができるところと聞いていました。

帰りがてら、Culpeperの町に立ち寄りました。
DSC_0430_convert_20090316154623.jpg
河口までひな壇に造られたヨーロッパ風の可愛い街でした。コーヒーを一杯飲んで、帰路につきました。

シャーロッツビルもかなりの雪が積もっていました。タイ料理を食べました。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Washington DC

大学は2月27日からSpring Break に入りました。

あいにくSpring Break 開始の週末は雪模様。でも予定通り、Nさんと車でワシントンDCとアレキサンドリアに向けて出発。水が好きだという私のために、Nさんが、川が眺められる素敵なところを選んでくれました。それにDCに行くには土日はいくらか駐車しやすいと言う。29号線をまっすぐ2時間あまり北上するとDCに入る橋に到達。ここから運転はNさん。ぐるぐるまわって、やっと駐車できました。まず大きい時計台のあるOld Post Officeに行きました。
DSC_0365_convert_20090316102126.jpg
現在中はモールのようになっていて、そこでランチを取りました。
DSC_0351_convert_20090316103633.jpg
その後、スミソニアンキャッスル(全展示物の概要が見られる)、
DSC_0375_convert_20090316105354.jpg
ナショナルギャラリー、自然歴史博物館に行きました。ナショナルギャラリーは今回も前回とは別のオランダの画家の特別展をやっていました。入場無料はありがたいのですが、展示の仕方は番号がしっかり書かれている分、日本の美術館の方が見やすい。
自然歴史博物館では、進化の過程を学ぶフロアーがあります。福音派(エヴァンジェリコ)など原理主義の人たちはこうしたところへは来ないのだろうかと、進化論の展示物を見ながら、思いました

前回と違い、今にも泣きそうな空模様。アレキサンドリアのホテルを予約してあるので、暗くならないうちに出発。
夜はFish Marketというレストランでクラブケーキを食べました。なかなか美味でした。
DSC_0382_convert_20090316130113.jpg

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Natural Bridge

久しぶりのアップです。いろいろなことがたまってしまいました。

2月21日(土)
いつものルーティーンワークを済ませ、いい天気だったので、ランチを作って、Tamalaと一緒にBlue Ridgeを通って、Natural Bridgeへ行きました。前回行こうと思って行かれなかったところです。
DSC_0347_convert_20090310110827.jpg

Natural Bridgeは世界の7不思議の一つに数えられていて、George Washingtonが調査を行い、Thomas Jeffersonが購入したという「橋」です。今では誰も渡れない、ただ下から眺めるだけの橋となっています。高さ65m 幅27mです。
この橋を見るだけで、8ドル。
DSC_0355_convert_20090310111037.jpg

近くに、蝋人形館やサファリパークがありましたが、昼からではちょっと時間が足りませんでした。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 ホーム