プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の周りの人々

11月22日 私の周りの人たち

ちひろがアメリカでアメリカ人の友達を作るのは難しいと言っていたが、本当だ。アメリカなのに私の住んでいる家は、スタッフ以外は全部外国人、また日本語を勉強している学生はアメリカ人より外国籍の学生の方が多い。そして私の周りには日本語の先生を始め、この町では本当に数少ない日本人が集まっている。

そうそう、10月から私のデスクはEast Asian Centerに移動した。日本語科のあるLanguage Facultyとは別部門だが,同じ地下一階にある。ここのボスはアメリカ人のジョンさんで、9月末にDepartmentの人を集め、Potluck Partyを主催したとても優しいおじさんだ。(彼の奥さんは中国系の人で、彼女も心配りのある人だ。)ボスは一日に一回顔を出す。彼のアシスタントのクリスが午後から出勤する。彼は現代文学が専門で、20代後半か?慶応大学に短期留学をしたことがあるMAの学生で、とてもカジュアルな日本語を話す。彼に大人としての日本語を教えた~い。ほかにAssistant Teacherをしている中国人女子大学院生が2人いる。二人はクラスを持っているので、出たり入ったりしている。午後は、二人のところに中国語を勉強している学生がよく質問をしたり練習したりしに来る。二人とも声がいいので、中国語の発音がメロディアスで心地よい。学生向けにゆっくり,はっきり話すので、全然わからない私もリピートができる。ちょっと習えば,わかるようになりそうな気がする(甘い?)。中国語も習ってみたい。

プレゼンテーションも,訪問もない時は、9時から5時までオフィスにいるが、ほとんどの時間、誰とも話さず、一人、コンピューターの前でメールを書いたり、チラシ、教材、教案を作成したりしている。中国人の先生でアウトリーチをしているミヤオ先生は私が一人ぼっちで大変な思いをしているのではないかと気にかけてくれた。もうこちらへ来て18年になると言う。

そしてときどき誘ってくれるのが,ここに住んでいる日本人だ。彼らは短期の滞在者,駐在員ではなく、ほとんどがグリーンカードを持つ、帰国予定のない定住者だ。ここは日本人が少ないので、日本人学校がなく、子供たちはみんな現地校に在籍している。そして週に一回モンティソリ・スクールの放課後、教室を借りて開かれている日本語補習教に通っている。この補習教室で何回かお手伝いやプレゼンテーションをした。ここは子供たちの母親とシャーロッツビルに住む日本人のボランティアで成り立っている。彼女たちのご主人が日本人の場合は、ほとんどUVaの理系の教授だ。やすこさんは補習校の責任者でこちらに来て23年だという。共感できる素敵な人だ。茅ヶ崎の湘南高校出身のカップルだという。
この補習校についてはあらためて書きたい。

じゅんこさんのご主人もUVaの教授で、カラオケが大好きな、気さくな人だ。じゅんこさんは愛知県の出身で、今補習校に子供を入れ、自分も授業の手伝いをしている主婦だが、こちらでMBAを取り,会計士の資格も取得中で、目下韓国語の学習にはまっている。
ひろこさんのご主人はアメリカ人で,これまた面白い、いい人だ。ちなこさんのご主人もアメリカ人だ。ひろこさんとちなこさんは津田塾の出身で、2人の子供を育てながら、公立高校で日本語を教えている。ひろこさんは岡山の出身だが、今アメリカのcitizenshipを申請中だと言う。日本政府は2重国籍を認めていないので、つまり、日本国籍を捨てる決断をしたのだ。

のりこさんはコミュニティーカレッジで、日本語を教えている。のりこさんのご主人はアメリカ人だが彼女の実家のある名古屋で国際関係を教える教授だ。彼女は息子が3人いるが一人はご主人と同じ名古屋に住み、後の二人の息子はアメリカ国内にいて、彼女一人シャーロッツビルの郊外の家に住んでいる。地下にグランドピアノとアプライトのピアノを持つピアノの先生でもある。

かれらは時にホームパーティーに、時に個人的にお食事などに誘ってくれる。

そして目下一番気楽につき合っているのが、交換レッスンをしている23歳のフランス人のオレリーだ。大学院生だが、もうMAを持っているので、クラスはあまり取っておらずに、アシスタントティーチャーをしている。自分の意見、考えをしっかり持った人で、自立心、好奇心が強く,旅行が大好きだ。ちょっと休みがあるとすぐ旅行の計画を立て,安い飛行機を探し、2回のトランジットもものともせず、ニューヨーク、ボストン、リッチモンド、オレゴンととんで歩いている。私のことは友達だと思ってくれているようだ。
彼女はフランス語はもとより,英語、オランダ語もネイティブなみ、ドイツ語、イタリア語、スペイン語がわかる語学の才能のある人だ。日本語を週に1~2時間教えているが、毎日授業のある学生に遅れずに進んでいる。たいしたものだ。JETプログラムで日本に行きたいと言っている。折り紙も上手になったし、金曜日の私のデモンストレーションに来て,書道の初体験をしたが,それも上手に書いていた。
彼女と一緒にいると、忘れていたフランス語を少しずつ思い出す。英語はちっとも上手にならないので,彼女にフランス語を習おうかななんて考えている。

外国人の彼らは一人のさみしさを知っているし、優しい。異国の地でお互い少しでも快適に暮らせるよう、助け合っている。

UVaの日本語の先生たちとはoffice でちょっと話すだけで個人的な付き合いは全くない。

数少ないアメリカ人の知り合いを紹介しよう。

Tutoring program で英語を教えてくれるドッグは67歳だと言うが,まだ現役のサラリーマンで、全くのボランティアで英語を教えてくれている。毎週一回ということになっているが、お互いの用事と重なり、まだ何回もやっていないが、楽しいレッスンだ。日本について何も知らない、寿司も食べたことないという人だが、(実はこういう人は少ない。日本に全く関心がなくても,寿司が好きだという人は多い。学食にもすしはあるし,スーパーでも買える)物知りで、私のプレゼンを英語で説明するのに最適な人だ。親切な人でレッスン外でもメールで添削してくれるのが何よりありがたい。彼の奥さんは私のうちの近くの図書館で働いている。奥さんが私の仕事に関心を持っているというので尋ねたら、来春図書館でプレゼンテーションをしてほしいと言ってくれた。素敵なカップルだ。

プレゼンテーションに行った先の小学校のジェフ先生はフルブライトで日本に3週間の研修に行ったことがあるという、日本が大好きな人だ。ワイフに紹介するから、ぜひThanksgivingにはうちに遊びに来てくれと言ってくれた。またよければ,毎月クラスに来て、日本について話してくれと言ってくれた。

こういうアメリカ人の知り合いを少しずつ増やしていきたい。

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

初雪

初雪
11月18日
朝起きたら,窓から見える裏庭がうっすら雪化粧。
DSC_0008_convert_20081118225828.jpg
初雪だ。
DSC_0012_convert_20081118230449.jpg
昨晩7時頃帰った時、とても寒かった。寒暖の差が激しいとはいえ、まだ11月なのに雪とは。因みにここは「南部」だ。今日の天気予報によると、最高気温4度、最低気温-5度ということだが、どうしてか東京ほど寒く感じない。今、朝9時、空にはぽっかり白い雲が浮かび,今日も上天気のようだ。降った雪はわずかなのに、まだ溶けていないのを見ると、雪の水分が少ないのだろう。

今日からニューヨークから、そして、ノースカロライナからサイト訪問があるので、今晩空港までゲストを迎えに行かなければならない。まだ夜道の運転は苦手で、できることなら避けたいが、しかたない。夜は真っ暗(街灯があまりない)でサインがよく見えないし,交差点はセンターラインがないし,周りはやけに速いし。問題は帰り。行きは飛行機マークのサインが至る所にあるので,空港には行けるのだが、ロータリーになっているところでサインを見落とすと反対方向に行ってしまう。下見に行った時、北方角へ走ってしまった。方向音痴なのでナビを買ったが,まだ十分活用できていない。今晩はナビに活躍してもらおう。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

最近の週末

11月15日、
11月になってからやっと土日とも休めるようになって,ほっとできる時間が持てるようになった。

1日の土曜日は朝のうちに、大急ぎでコインランドリーで洗濯をし、(夏の間ずっと手で洗濯していたが、手で洗うには、さすがに衣類も大きく重くなり、コインランドリーを使うようになった。私の行っている店は4時半に閉まり、日曜日は休みとあって、土曜日をのがすと悲惨なことになる。)その間にAsian Marketとスーパーで一週間分の買い物をすませた。

そして、フランス人のAurelieとモンティチェロ近くにあるCarter Mountainにリンゴもぎ(apple picking)に行った。
DSC_0004_convert_20081116063911.jpg
日本のりんご園のように手をかけて大きくきれいなリンゴを作っているようには見えなかったが、それぞれ種類によって区域に分かれ、いろいろな種類のリンゴの木が植えられていた。
DSC_0016_convert_20081116065751.jpg
値段の一番高いのがPink ladyという種類で,小さいが色が美しく、酸味の強いリンゴだ。(日本でも売っていますか。)日本のふじは有名で,スーパーでも買える。またむつもあった。もう時期的に遅かったのか、少し大きい実は手の届かないところにあり,道具を使わなければならない。3、40とったら、もう疲れてしまった。
DSC_0015_convert_20081116070001.jpg
アップルパイがおいしいと聞いていたので、買ってみた。素朴な味がしていた。後で考えれば,人にも上げられたのでもっとたくさん取ればよかった.実際、皆、人にあげてしまい,自分のところに残ったのは5つだけ。また機会があったら行ってみよう。

2日は日曜日,昼下がりにファディラに誘われ、Old Cabell Hallで行われるピアノとバイオリンの協奏曲のコンサートに行って来た。このHallは私のオフィスのあるNew Cabell Hallの隣にあるが,入ったのは初めてだ。インテリアは重厚で、格調高い本格的なホールだ。通常そのホールの周りは法学部の教室だ。
演奏家はそれなりの人(特にヴァイオリン)で、なかなかよかった。無料だったが、学生は少なかった。音楽部があるので,コンサートはよく行われているようだ。

その次の9日の日曜日、今度はオペラがあるから行かないかとオレリーが誘ってくれた。夜8時からだと言う。ちょっとしんどいなあと思いながらも,できる限り人の誘いを断らないようにしようと思っているので、行ってみることにした。演目はオッフェンパッハの“Orpheus in the Underworld”だ。知っているのは有名な「天国と地獄」の曲だけで、ストリーも知らない。パンフレットを読むと喜劇とは言うものの、ギリシャ神話を知らないものには、結構難解だ。英語が聞き取れないので、ストリーがよくわからなかった。オペラは音楽部の発表会のようなしろもので、ソプラノとバリトンはなんとかだったが、ダンスときては脚は上がらないし、コメディだからいいようなものの、お笑いもの。それでも懸命にバク転をし、拍手をもらっていて,それなりに楽しかった。

その翌週16日(日)の夜8時よりバレー組曲、「くるみ割り人形」を見る予定。もう切符も買った。5ドル。5ドルのバレーははたしてどんなものか。とにかく見に行ってみよう。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ハロウィーン

またまた話は前後しますが、10月31日のハロウィーンです。

ハロウィーンはケルト人の宗教行事がキリスト教に取り入れられて、普及したのだそうだ。この夜は死者の霊がよみがえって家を訪れ、精霊や魔女が出ていると信じられていたので、魔女や悪霊から身を守るため、仮装して、追い返したり、魔除けのたき火を焚いたりしたのが由来だそうだ。まさにお盆と似たような発想だ。

9月に入ると,どこ店でもオレンジ色のカボチャや仮装のグッズが店頭を飾る。
IMG_0868_convert_20081110004901.jpgこれは学生の作。自分で作って自分の部屋の前に飾っていた。

IMG_0809_convert_20081110001601.jpg近くのうちの庭先。この猫,夜になると目が光り、頭部が動く。

大学のパビリオンと呼ばれている学生の宿舎のドアもクモの巣が張り巡らされ,Jack-o‘-lantarnが飾られていた。
IMG_0877_convert_20081110003900.jpg
5時頃のなると大学のLawn(構内の中庭)に子供たちが集まってくるのだという。
仕事が終わって,Lawnにでて見ると、ドラムとかけ声が響いていた。
IMG_0883_convert_20081110015016.jpgネイティブアメリカンのドラムのようだった。
仮装をした人々で次々と集まってきて、ちょうど初詣のようだった。
IMG_0904_convert_20081110024423.jpg
私の年配の人も仮装し、まさにコスプレ会場だ。
IMG_0909_convert_20081110024742.jpg
パビリオンの前の通路はTrick or Treatをする子供でラッシュアワーのよう。
IMG_0907_convert_20081110025734.jpg


終業少し前に、高校で日本語の先生をしているひろこさんが電話をくれ,子供たちがTrick or Treatをするので一緒にと誘ってくれたので,行ってみた。3家族でピザを食べ、車に乗って出発だ。

ひろこさんの家も市内だがちょっと町から外れたところにあり、まさに軽井沢の別荘と言ったおもむきだが、行った先は暗かったので方角が全く分からないが、さらに高級別荘といった感じのところだ。Trick or Treatの子供たちの行くうちは、何らかの電気がついていてハロウィーンの飾り付けがしてあるうちだそうだ。来てほしくないうちは家の明かりを消して真っ暗にしているのだと言う。
IMG_0920_convert_20081110030200.jpg
中には庭先に趣向を凝らした飾り付けをし、自ら仮装して出迎えてくれている人もいる。
IMG_0925_convert_20081110030557.jpg車を通りに出し,たくさんのカボチャで飾り,子供たちを迎えてくれた。

日本でも特定に人に対するボランティア活動は次第に広まりって来ているが、今の日本にはこうした地域の不特定の子供たちを受け入れる自然な気持ちは見られなくなってしまったのではないだろうか。

中には家の前の道にワインやジュースコーナーを設け、振る舞ってくれるうちもあった。車で行ったので、ワインをお断りして冷えたジュースを飲んだら、そのあとの寒かったこと。(こちらでは少量なら飲酒運転は禁止されていないので、みんなパーティーで少量のワインとビールを飲む。体内アルコール度0.08%までならOKなのだ。体の大きい人はかなり飲んでも大丈夫なのかもしれない。運転も下手で、アルコールにも強くない私は絶対に飲むまいと自戒している)

このところこうして個人的に誘ってくださる方が何人かできて、本当にうれしい。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

大統領選


11月4日
新しい時代の幕開けだ。熱狂の渦の中,初めてのアフリカ系アメリカ人大統領が誕生した。アメリカ国民はバラク・オバマが訴えた「変革」に賭けた。

静かに見えたCharlottesvilleもSuper Tuesdayの少し前から,投票を呼びかけるメールが回ってきたり,事前投票を勧めたり、何時頃なら投票所がすいているといったメールが回ってきたり、学生の部屋の入り口にもオバマ支持を訴えるポスターがあちこち貼られたりしていた。何度も書いたようにここCharlottesvilleは圧倒的にオバマだ。だが、少し車を走らせ、郊外へ出ると,マケイン支持の看板が見られた。(看板は自分のうちへ庭先の立てられている)ヴァージニアの州都、Richmondへ行った人によると、Richmondではマケインの看板ばっかりだったと言っていた。もとよりヴァージニアは共和党の牙城と言われていた州だ。ここで落とせば、マケインは上院議員の地位も危ないと言われていた。

4日は地域の学校は選挙会場にもなるので、全校休校だ。投票風景を見てみたかったが,大学は休みではないので行かれなかった。今日のシャーロッツビルは一日中小雨模様だ。私の住むInternational Centerでは、”Election Night Viewing Party”が企画され、スタッフの家族一同により、ピザやスナック、飲み物が用意された。投票が終了し、開票の始まる7時よりパーティーは開始された。リビングにいつもの小さいテレビの他、もう1台小さいテレビが設置され、PCからプロジェクターで暖炉の上のスクリーンにネットニュースが映し出されていた。地域の住民が三々五々集まってきた。といっても選挙権のない外国人が多かったように思う。

テレビの選挙速報報道は日本とほぼ同じだ。皆は選挙速報を見守りながら、食べたり,飲んだり、議論したりしていた。オバマ支持者集まれと言った訳でもないのに、オバマ支持者で埋め尽くされていたようだった。英語は十分聞き取れないものの、だんだん熱気を帯びてくるのが感じられる。十分な知識のない私にも中国人学生がしきりにアメリカの選挙の仕組みを質問してくる。にわか仕立ての知識で説明すると、“Complicated”と言いながら、次の質問を繰り返すと言う感じだ。

開票の速い段階からオバマ優勢だったが、激戦と言われていたヴァージニアは当初、マケイン優勢で、オバマファンから非難の声が上がる。10時半すぎて、ヴァージニアもオバマの逆転勝利となった。同時に長年共和党の独占だったヴァージニア州の上院も民主党が議席を獲得した。

テレビでは夜にもかかわらず,すごい群衆の数。こうした人の集まるところがこの町にもあるのかと聞いたところ、ないとのこと。
10時に閉会の予定が、10時半になっても、まだ居残り組がかなりおり、11時過ぎてやっとここの住人だけになった。

オバマの圧倒的勝利はオバマに夢を託したものなのか.マケインでは国際金融危機は乗り越えられないと見られたのか。ブッシュの悪政によるものだったのか。死に体と言われても、どんなに不支持、非難の風が吹いても1年以上もこの超大国の大統領の地位にいられるのが不思議だ。
マケインの敗北宣言はなかなかよかった。

私が渡米してほどなく、首相が政権を放り出してしまうとは思いもよらなかったが、日本には変革を選ぶエネルギーすらなくなってしまったのだろうか。日本にもバブルのピーク時に「山が動いた」と言った人がいたが、アメリカの変革の波は日本沿岸には届かないのだろうか。
 

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。