プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

米国南部の学校(4)

9月25日
West Charlotte High Schoolを訪問した。この学校は1938年に創設され、1971年までall blackの高校だったが,人種統合の目的でバス通学が始まった。しかし,2001年以降、このバス通学に法的強制力がなくなったとたん,再び黒人が95%を占める学校となり、73%の生徒が給食費免除、減免となっていると言う。しかし、スポーツが盛んで、International Baccalaureate Program, Open Programが採用されており、とても誇りを持っているのが感じられた。74歳になる黒人の女性校長自ら,どのような差別を受けてきたか、人種統合のため,どのような努力をしてきたかを語ってくれた。

9年生の世界史の授業を見学した。黒人女性の先生はTOGA(古代ローマ人が着ていた白い服,こちらではときどき学生がToga partyというのをするが、シーツで作ったそれを身にまとう)着て、頭に布でできた白いリングをかぶっていた。他に3人の男子学生がTogaを着ていて、何が始まるのかと思わせた。
IMG_0775_convert_20081024122911.jpg写真を撮ってもいいかと聞いたところ,先生が学生に「両親の許可を得ている人,来て」と言ったら、こうして集まってくれた。
白板の上には大きなスクリーンが掲げられていて、Checks and Balances in the Romanと書かれ、その下に現在のアメリカの政府(政治)の仕組みが書かれていた。
古代ローマの政治の仕組みに現在の政治の仕組みを重ね合わせて,授業が進んでいった。3人の男子学生はジュリアス シーザだった。書かれた台詞をそれぞれ読み上げ、他の学生が本物のシーザーを当てるというものだった。とてもインパクトのある授業だったが、毎授業こうしたパフォーマンスを求められたら,教師は大変だろうと思った。知識を詰め込むことが目的ではないからなのだろう。

次のクラスはアメリカ史の授業だった。先生は黒人男性でネクタイを締めていた。学生は27人、男子9名、女子18名、白人2名、ヒスパニックに黒人の学生だ。

アメリカの教室は教師の教室だ。教師が自分の好きなように教室をレイアウトする。ところ狭しと飾るのも、きれいな色で統一するのも,ぬいぐるみを周りに並べるのも,教師の好みだ。
例えば、
IMG_0760_convert_20081024123317.jpg

しかし,この教室は珍しくすっきりして,教室の壁には何もなかった。

この日の授業は1820年から始まった。
1820-Missouri Compromise
1845-Texas(Annexed)
1846-Mixcan War
1848- Treaty of Guadalupe Hidalgo
1850-Compromise of 1850
1852―Uncle Tom
と進み、Extension of Slavery of New territoryについての歴史が述べられていった。学生に質問をし、正解の時はげんこつでハイタッチ。1860年リンカーン当選までの歴史が進んでいった。学生は予習をしているのか、結構答えられる。
今度は男女分かれて正解を競うゲーム(おそらく復習)が始まった。当然人数的に優位な女子グループの勝ち。勝ち組には鍵のかかったロッカーからチョコレートが渡され,このチョコレートタイムも含め、計ったのようにぴったりに授業が終わった。
先生は熱狂的で,全身全霊を込めて語り、学生を自分の話の渦に巻き込んでいった。かと思うと,突然歌い出したり,まるで黒人教会の牧師のよう。こんな情熱的な、洗脳的な授業を今までに見たことがなかった。
アメリカでこうした授業が求められるとしたら,全く自信がない。

どちらのクラスも,男子学生が極端に少ないことに気がついた。あとで理事長に質問したところ,男子学生はドロップアウトしてしまうそうだ。学校にはSchool counselor, psychological counselor, Homeless volunteering などが設置されているという。

9月26日
個人面談が行われ、それと平行して,Interactive なアクティビティーについてみんなでBrain Stormingを行い、アイディアを出し合い、遅い昼ご飯を食べ,解散となった。
帰りの飛行機もまたまた遅れ、リッチモンド泊まりになるか,タクシーでシャーロッツビルまでタクシーで行くことになるのかと思ったが、グレイハンズも45分遅れたため,バスに乗れた。シャーロッツビルに着いたら,雨が降っていた。夜11時の帰宅となった。

実りの多い、考えさせられることの多いワークショップだった。感謝,多謝。

ブログを読んでくださった皆さん,アメリカの学校の印象はいかがでしたでしょうか。ゲームをやったり,知識の習得の観点からは暇がかかり,効率がいいとは言えないと思いましたが、人種問題はさておき、個人が大切にされているのを感じました。現在のように州や国を超えて移動する人が多い時代に州によってこんな教育スタンダードが違うのは弊害が多いのではないかと思っていましたが、父母や教育学専攻の学生のボランティア参加も多いので、遅れた生徒に対するフォローもきめ細かく行われていました。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

米国南部の学校(3)

9月24日

Smith Academy of International LanguagesというK-8のLanguage immersion School を訪問した。2002年に開校されたMagnet School だ。ここでは5年生までは中国語、ドイツ語、フランス語、日本語の一つで選んで、その言語で算数など他の教科を勉強する。大学へ入ってから,この言語がすごくできるかと言うとそうでもないそうだ。(UVa日本語教師の話。また10月Hollymead Elementary School のフェスティバルで、Immersion方式で日本語を勉強したと言う美術の教師にあったが、挨拶程度しか覚えていなかった。)
Securtiy and police in each schoolというシステムがあり、学内にパトカーが止まっていた。これで学校の治安は守れるかもしれないが、自治は守れるのだろうか。

1年生の算数のクラスで、日本人教師が全部教壇に向かって机を並べる日本方式で、一桁の足し算を教えていた。
IMG_0769_convert_20081022205519.jpg
先生はTPR(Total Physical Response)で出される指示に対し、子供たちは集中して聞いていたが、先生の指示がよくわかっていないようだった。いろいろな教科は日本語で行われるが、もちろん英語の授業は毎日ある。しかし、国際理解や異文化に対する理解を深まるが,教科の理解を考えると,効果のほどはどうなのだろうか。
IMG_0771_convert_20081022210447.jpg

カフェテリアでランチをご馳走になった。
IMG_0761_convert_20081022205830.jpg


ここのMiddle School では8年生までで、学力別のクラスとなっていて、Honored, Standard +, Standard, Below Standard (正確ではないかも)に分かれていた。上位クラスは31人以上で、下のクラスに比べ人数が多いとのことだった。成績のいい学生だけが運動部に入部できるのだと言う。どこかの国と違うなあ。

ここでは数学と英語の授業も見学した。
6年生の数学のクラスでは部屋は薄暗く、何が始まるのか思わせるメディテーションのような音楽がパソコンから流れていた。学生たちは4~5人のグループに分かれ、少数二桁の足し算の練習をしていた。(英語の少数二桁はhundredthと言うのだと初めて知った。)学生の一人が箱の中でダイスを振り、それを読み上げ、グループで正解を競うのだ。アメリカの子供たちは,こうしていつも競争しながら勉強している。どのグループも数学のできる学生が用紙を持ち,必死で計算していたが、参加していない学生もいた。

次は7年生のLanguage Art Classだ。英語でフランス旅行について書いた文が映し出された。子供が書いたと思われる幼稚な文だ。(学生たちは4年生ぐらいが書いた文だと答えていたが、同学年の作文が苦手な学生が書いたのではないだろうか。でも、私が英語で書くとこんな文になる)文の中のfragmenがあることや同じ単語 (good, like, also, I ) が繰り返し使われていることに気づかせていた。

作文の評価として次のことが書かれていた。
a. tell the problem and why it’s a problem
b. give the solution-pick your one.
c. give 3~4 steps for implementing your solution (putting into practice)
d. explain one benefit of your solution
アメリカ的な書き方だなあ。
学年末に作文のテストがあることを先生は強調していた。

ボランティア活動が積極的に行われ、感謝祭にはfundraising をするのだと言う。ボランティア活動が学生に根付いているのが感じられた。
景気が後退して、予算削減されると、音楽、美術、外国語がカットされるという。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

米国南部の学校(2)

9月のワークショップはとても印象的だったので記録に残しておきたいと思いながら,1ヶ月近くたってしまいました。日にちが前後してしまいますが、少しずつでもアップしていきます。

9月23日
見学したのはHuntingtowne Farms Elementaryという公立の学校だ。1st gradersの算数の授業を何クラスか見学した。算数は毎日60分の授業があると言う。クラスの人数は20人前後。どこのクラスも生徒たちはグループになって座っていて、協力し合いながら二桁の数字の勉強をしていた。フループの人数は4~5人。床に座って勉強しているグループもある。中には寝転んだ子もいる。クラスによっては先生が3人、class teacher, student teacher, assistant teacherがいて,遅れた子の面倒を見ていた。1971年頃よりこうした流れが生まれた。ECクラス(Exception Children)で、individual Education plans(IE)が採用され,車いすの生徒には先生が一人付き添っていた。これは州の費用でまかなわれていると言う。個人の個性が尊重されているのがわかる。

教室中、いろいろなポスター、標語、覚えるべき言葉、写真、絵などところ狭しと飾られていた。IMG_0748_convert_20081022110930.jpg
床にはカレンダーのカーペット。
IMG_0750_convert_20081022111415.jpg
こんなに貼ってあると却って何も目に留まらないのではないだろうかと要らぬ心配をしてしまう。
IMG_0751_convert_20081022112131.jpg
ボールを使ったり,旗を使ったり,低学年の先生はいろいろ工夫をして授業をしており、子供たちは結構授業に集中しており、よくしつけられていていた。食堂に行く時,教室を変わる時、事前にデイパックを廊下に並べ、一列に並びそれぞれ口に指を当て「シー」と言いながら,静かに歩く。
上の学年では先生はOHPを使っていて、まだクラスでプロジェクターを使うところまでいっていない。

少し学年が上がると,子供たちは大きなバインダーを持っていて、それに配られたすべてプリントを綴じるようになっている。日本の子供たち同様、かなり重そうだ。リュックが大きいので、中にはすごい量の荷物の子もいる。
(これは大学生に至るまで皆そうだ。重い荷物が持てないとアメリカでは生活できない。往復がバスまたは車だから荷物がどんどん増えるのだろう。それでも自分で運ばなければならない距離も結構あるのだから見ているとかわいそうのようだ。)
IMG_0752_convert_20081022112714.jpg

先生たちは学年末の州の統一試験にぴりぴりしていた。その成績次第で教師や学校の評価が決まるということだ。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

米国南部の学校

このところ仕事も本格的に始まり、忙しくて,なかなかブログが更新できません。何かまとまって書きたいと思うから,なかなか書けないわけなので、書いたところまでをアップすることにしました。9月23日からノースカロライナで行われたワークショップについてです。

Fall Workshop in Charlotte
到着まで
9月23日より、ノースカロライナのシャーロットで行われるJOI(Japan Outreach Initiatives)のワークショップに参加した。主な目的は南部の学校見学と中高生を対象とした授業計画だ。シャーロッツビルからシャーロットまで飛行機代が600ドルだが、日曜日に帰着すれば半額、ヴァージニアの州都,リッチモンドからシャーロットまでなら157ドルだ。リッチモンドまで86マイル(140キロ)ほどだ。これは車も購入したことだしリッチモンドまで車で行くしかない。そう判断してリッチモンド―シャッロットの往復切符を早くに購入していた。
ところが、車の購入も遅れ、忙しくて全然運転練習をする時間がなく、ナビゲーションまで買ったものの、使い方のマニュアルを読む時間もない。不安の夜道を行くより,グレイハウンズで行こう。グレイハウンズの駅には駐車場がないが、アムトラック駅に車を停めれば徒歩で10分もかからない。グレイハウンズの始発は午前4時20分、4時までに着いた方がいいと言う。
朝3時40分に車で家を出た。バスは時間通りに出発し、リッチモンド駅に着いたのが5時半頃。そこからタクシー。チップ込みで35ドル。タクシー代まで請求できないと思っているうちに領収書をもらうのを忘れてしまった。空港で待つこと3時間半。時間通りに飛行機が動き出したと思ったら,機内放送で30分遅れると言う。もう、間に合わない。飛行機が止まり,シートベルトサインが消えるのを待ちかねて電話をしたら、マリさんが待っていてくれると言う。出口が見つからず,空港中を駆け回るはめになったが,やっとマリさんの車を見つけ、そのままHuntingtowne Farms Elementaryに行った。他の人はもう先に学校に着いており、授業見学が始まっていた。

南部の学校
アメリカでは入学年齢も日本のように厳密ではなく、州によって違い、また端境の誕生月の子供については両親に選択権がある。全般に日本より半年早い入学のようだ。こちらのK つまりKindergartenは義務教育で、教育制度の中に取り込まれている。6th gradeから、Middle School またはJunior High School となる。Middle School とJunior HSは教育哲学に違いがあって、大まかに言うとMiddle School は学生中心主義で、学生の協調、情操、創造、実験などを重んじ、カリキュラムも柔軟だが、Junior HSでは競争させることで意欲をかき立て、知識の習得に重点が置かれ、学校間のスポーツ大会も盛んだということだ。(よくご存知の方、教えてください)

ノースカロライナ州にはユニークな教育理念を掲げ,広範囲から生徒を集めているMagnet schoolという公立校が全州で69ある。見学したHuntingtowne Farms ElementaryはK-5(kindergarten、アメリカで幼稚園の年長から学校教育に取り込まれ、義務教育である。5は5年生)のInternational Baccalaureate Elementary Schoolで、Global educationを目指している。

このマグネットスクールが誕生した背景には人種問題がある。1971年に黒人の両親によって起こされた、すぐ近くに学校があるのに入学できないのはおかしいと言う訴訟(最高裁間で争われた訴訟)により、人種統合を目指し、スクールバスで広く学生を集めることとなった。しかし、2001年に白人の両親から起こされた訴訟により、当初の人種統合の目的は達成されたとして、バスシステムは廃止され,再び、白人と黒人の分離が始まった。彼らの住む地域が異なるためだ。
その中で統合を目指す意図でこのマグネットスクールが始まったのだ。教育理念も高く、応募も多いため,選抜のための抽選が行われている。

実際の授業見学についてはまた後日。



テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ワークショップ三日目

2008.08.01(金)
ワークショップ三日目
今日のテーマは教育について

アメリカでは何でも州の力が強くて,州単位で決められている。義務教育の長さまで州によって異なる。そしてカリキュラムも異なり、州によって何年生で学習するかも違う。現在のように人の移動が激しい時代に、アメリカ人はそれで不自由ではないのだろうか。州単位で学年末には終了試験が行われ、学年が上がるに従って,落第が増え,到達しなければ何年でも落第をし,最後にはドロップアウトしてしまうという。

またびっくりしたことには夏休みの間先生には給料が支払われないのだという。そのため先生は夏休みにはアルバイトをしなければ食べていかれず,慢性的に教師不足だそうだ。

新しい視点を学んだ。指導項目には日本を紹介しながらも,それぞれの学年の教科に役立つことをしなければならないと言われた。例えば、折り紙を紹介しながら、三角形や四角形を教えるのだという。発想の転換が必要だ。

また、授業にVerbal, logical, visual, kinesthetic, naturalistic, intrapersonal, interpersonal rhythmicの8つの要素を織り込む必要があるという。それぞれの分野に関心のある人、それぞれが興味をそそる授業をすることが大切なのだと言う。興味深い概念であり、今後に生かせそうだ。

それにしてもEducation Standard を参照しながら,教案を考えるのは面倒だし、今ひとつその重要性が実感できていない。


テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ワーショップ二日目

2008.7.31
今日のワークショップは南部について。

講師のマリアさんは私と同世代だという。私にもわかるようにゆっくり,はっきり,そしてすごくパワフルに講義をしてくれる。
南部についてのステレオタイプの概念をみんなで挙げ、それについて解説してくれる。南部をよく知る(南部出身ではない)方だが、ニュートラルで評価をしていないところがとてもいい。それでいて南部に対する温かい気持ちが伝わってくる。

10時からアトランタの領事館へ行くというので,今日はみんなスーツ姿。大きな都市だが広いのだろう。緑も豊かだ。年々急速に発展しているという。高層ビルも建ち並んでいる。
アトランタの黒人率は5割を超える。空港、レストラン、ホテル,働く人は黒人が多い。領事館も黒人が多かった。市内はほとんど上り下りとも3車線。まりさんは運転しにくい町だと言う。

領事館に行った。以前オランダのハーグで日本大使館に行ったが、領事館は出張所のようなものらしい。ヴァージニアもジョージアの領事館の管轄だそうだ。JOIの仕事の中には領事館からの依頼も含まれるということで,大事な挨拶だった。
モールで昼食をとった.とにかく分量が多いし,周りの人は太っている。

午後,また南部について。自分の住むところの理解を深めることは大切だ。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

ワークショップの始まり

2008.7.30
ホテルの部屋はsuitesでリビング、キッチンが付いていてベッドルームが2つ、サイパンのコンドーよりちょっと狭いところに一人。部屋にテレビが3つある。お風呂もあるし,清潔でなかなか快適。ホテルのロケーションも静かでいい。
ホテルで朝食がとれるのもうれしい。コーヒーもいつでも飲めるし。。

午後から早速宿題の発表。英語が下手で本当に恥ずかしい。でも恥ずかしがっている暇などなかった。とにかくやるしかない。あぁ,どうしてこう私の英語は壊れるんだろう。

荷物がシャーロッツビルに行ってしまったことがわかり、夕方まりさんが一緒に空港に交渉に行ってくれた。地下鉄の駅で車を停め、地下鉄で空港に向かった。地下鉄は日本のよりきれいではなく,乗客は学生と貧しい人が多いようだった。太った白人がホームレスだからお金をくれと書いた紙を見せてきた。一方、黒人の高校生が大きな声でヒップホップを歌っていた。すごい声量で、なかなか上手だった。空港では昨日と同じことしかわからず、結局まりさんが大学の人に引き取りをお願いするメールを出してくれた。会う前からあんな重い荷物に引き取りを頼むなんて嫌だなあ。でも,それしか方法がない。

寝ていないのに眠くもならず,結構元気だ。夜はアジアエスニックの店でタイのパスタを食べた。スパイシーだと言うがとにかく甘い。チップ分と円安分(1ドル100円とすると)を考えると、日本より物価高。つまり、1000円以下で済ませることは無理そう。1500円から2000円、時にはもっとかかる。日本のように水やお茶がただで出てこないし、飲み物のオーダーが必要だからだ。これじゃ、なかなか大変だ。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 ホーム