プロフィール

wako1202

Author:wako1202
FC2ブログへようこそ!

進行中の趣味:写真、旅行、水泳、読書
中断中の趣味:ダイビング、書道

Nest: 横浜

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Welcome from 020311

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

彼岸も過ぎて & 腰痛 (ぎっくり腰)

ブログを怠けている間にすっかり秋、肌寒くなって来ました。

今年は夏らしくなく夏でしたね。晩夏の撮影に出かけたりしていましたが、その写真の整理もつかないうちにお彼岸も過ぎてしまいました。今年はうちの庭では彼岸前に彼岸花が咲き始めました。彼岸前に彼岸花を撮りに出かけたのですが、やはりもう半分枯れていました。

小出川の彼岸花 小出川は慶應藤沢キャンパスの近くで、湘南台から頻繁にバスが出ています。

彼岸花を撮影する男性 まだ綺麗な花もありましたが、日当たりがいいところはもう終わり。。。
DSC_5857.jpeg

彼岸花の蜜を求めていろいろな蝶々が来ていました。でも、蝶々の撮影は難しい。
DSC_5804.jpeg

それから数日後、矢倉沢に出かけました。大雄山の近くです。

棚田ではちょうど収穫のシーズンでした。狭い棚田では車ではなく、稲刈り機を押していました。

彼岸花とたわわに実った稲とハザかけと、矢倉岳。
DSC_6073.jpeg

ここでもクロアゲハがたくさんいました。
DSC_6102.jpeg

稲刈り機は自動で、束にして落としていきます。それを集めるのは奥さんたちのお仕事。
DSC_6210.jpeg

お父さんから息子さんにバトンタッチ
DSC_6466.jpeg

小さい子も戦力。感心するほどよく働いていました。
DSC_6707.jpeg

おやつの手作りクッキーまでいただきました。一番小さい坊やは3歳、お姉ちゃんは5歳。バッタを捕まえたり、おやつを食べたり、おばあちゃんより年上の私たちを歓迎してくれました。みんなで写真をたくさん送りますね。

***
9月中旬に2度目のぎっくり腰をやってしまいました。前回は数年前です。前回は整形外科で、注射、内服薬、鍼、湿布薬としましたが、薬で治ったような気がしませんでした。

腰痛のベテランさんに教えてもらいました。「ひたすら動かずに海老のように丸くなって3日間寝ていれば良くなる」という話。
今回はそれを実践してみました。動けなくなって2日目からです。

本当に海老のように転がっていましたが、4日目には嘘のように立ち上がれました。そのあとも少し痛みが残り、湿布薬を貼ったり、うちではコルセットを使っていましたが、とうとうお医者さんには行きませんでした。

試してみる価値がありそうですよ。まだ全治とは言えませんが、水泳を開始し、お出かけもしています。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

田んぼのアート 自然の美 in 寺家ふるさと村 

寺家回廊を見て、写真を撮りました。写真を整理して、アートもよかったのですが、この稲刈り時期の田んぼは美しく、そのまま絵画のようだと思いました。

セイタカアワダチソウとはざ掛け
DSC_8533_convert_20161027153438.jpg

脱穀
DSC_8861_convert_20161027153601.jpg

はざ掛けから下ろした稲が並んでします。
DSC_8591_convert_20161027153502.jpg

蔵と柿
DSC_8920_convert_20161027153628.jpg

ほおづき
DSC_8929_convert_20161027153652.jpg

カラスウリ
DSC_9131_convert_20161027153724.jpg

日本の秋は美しいです。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

秋が来た 寺家ふるさと村

彼岸も過ぎたので、稲の様子を見に寺家ふるさと村にちょっと立ち寄りました。

平日だったので、稲刈りをする人もなく、散歩する人に時々出会うぐらいでした。
稲刈りは2割ぐらいでしょうか。
DSC_7933_convert_20161001104042.jpg

この地は耕作を後継する人がいなくなり、地域に市民に貸し出している田んぼが増えています。それもままならぬのか、昨年より耕作放棄地が増加しているように思います。実りの田んぼの隣は草ぼうぼう。

DSC_7954_convert_20161001104122.jpg

池では年中変わらず、カメさんが並んで甲羅干し
DSC_7977_convert_20161001104147.jpg

今年もマイケルは健在でした!いっそうイケメンになったみたい。
DSC_7996_convert_20161001104952.jpg

DSC_8032_convert_20161001104231.jpg

柿もだいぶ色づいてきました。
DSC_8059_convert_20161001104256.jpg

子供たちの作った案山子たち
DSC_8078_convert_20161001104325.jpg

DSC_8129_convert_20161001104401.jpg

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋が来た 彼岸花

庭の自然発生の彼岸花がそろそろ終わり、昨日からキンモクセイの甘い香りがしてきました。今年はちょっと遅いようです。ブログを1ヶ月も更新しない間に、秋が来たようです。今年の9月は台風ラッシュ、ちょっと日が射したかと思うとまた雲が出て雨。

これだけ間が空くと何からキャッチアップしていけば、いいのやら。

とりあえず、「秋」からです。

萩の花
DSC_7654_convert_20160929085438.jpg

白い曼珠沙華
DSC_7690_convert_20160929085517.jpg

赤い曼珠沙華と竹やぶ
DSC_7797_convert_20160929090314.jpg

DSC_7836_convert_20160929085613.jpg

小雨降る里山に霧が出てきました。
DSC_7856_convert_20160929085640.jpg

DSC_7900_convert_20160929085703.jpg

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

御岳山とレンゲショウマ

迷走台風が間もなく太平洋岸から東北に上陸する予報です。大きな被害がありませんように。
横浜はこのところずっと降ったり止んだりの天気でした。

今年で3回目となるHさんの案内の夏の御岳山。朝早く家を出て、今年も御岳山のレンゲショウマを見に行きました。一昨年が8月25日、昨年が9月5日、ともにお花の盛りを過ぎていたので、今年はお盆の過ぎた19日と決めました。

早朝,すごい雨だったとかで、着いた時はまだ小雨模様でした。ケーブルカーは満員。この悪天候にもかかわらず、観光客が多い。木立の向こうは靄がかかっていました。

DSC_5620_convert_20160830112358.jpg

今年も森の妖精、レンゲショウマに会えました。肉厚の花びらに水滴をたたえ,重さに下を向く可憐な花です。
DSC_5667_convert_20160830112430.jpg

DSC_5684_convert_20160830112523.jpg

森はまだ靄っています。
DSC_5744_convert_20160830112706.jpg

最近倒れた木でしょうか。生々しく折れ口を見せています。
DSC_5676_convert_20160830112455.jpg

初めて産安社が開いているのを見ました。
DSC_5694_convert_20160830112557.jpg

蜘蛛の巣がきれいです。
DSC_5717_convert_20160830112625.jpg

雨もすっかり上がり、森の中に日が差してきました。
DSC_5758_convert_20160830112831.jpg

レンゲショウマも朝日に輝いています。
DSC_5750_convert_20160830112805.jpg

山道はぬかるんでいて、あっという間に靴はドロドロになってしまいました。
あちこちで滑って泥だらけになっている人がいました。慎重に足を運びました。名残惜しかったのですが、転ばないうちにと、山を下りました。

御岳渓谷では時代劇のような釣り人が見えました。
DSC_5808_convert_20160830112904.jpg

御岳小橋を渡って、「いもうとや」で昼ご飯を食べました。

窓からカヌー人が下りてくるのが見えました。

DSC_5849_convert_20160830112934.jpg

この御岳渓谷では数十年前からカヌーのスラロームの練習が行われていました。リオオリンピックで初めてカヌーで銅メダルを取り、脚光を浴びたので、カヌー人口が増えるのではないでしょうか。

DSC_5878_convert_20160830113011.jpg

暑さに弱い私も山の上は幾分涼しく、山の空気で生き返ったような気がしました。レンゲショウマの写真を撮るにはもっと早い時期の方が良さそうですが、お盆時期に当たるので,山も満員になるのではないかしら。

海もいいけど,山もいいなあ。
昼ご飯を食べて帰路に着きました。

Hさん、今年もありがとう。いつまでも散策できるよう、足を鍛えましょうね。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

蓮池 (薬師池公園)

8月1日の暑い朝、蓮を撮りに町田市の薬師池公園に行きました。
薬師池公園は大賀博士の大賀ハスですが、毎年、蓮はぱらぱらしか咲いていません。

DSC_4799_convert_20160823100753.jpg

いろいろな小さな動物が見られます。
DSC_4818_convert_20160823100816.jpg

危なかったね、トンボさん。「何を撮っているんですか」と声をかけてきた女性を察して,トンボは飛んで行きました。
DSC_4864_convert_20160823100841.jpg

羽が痛んだシオカラトンボ
DSC_4880_convert_20160823102312.jpg

オニヤンマ
DSC_4945_convert_20160823102332.jpg

ミズスマシの作る波紋
DSC_4792_convert_20160823102223.jpg

DSC_4795_convert_20160823102246.jpg

かわいい男の子に出会いました。古民家へ駆けて行きました。
DSC_5008_convert_20160823100911.jpg

DSC_5065_convert_20160823100951.jpg

毎年この時期、園内のフォトギャラリーで国際写真サロン展が開催されています。国内50点、海外80点です。今年も知り合いの方が入選しています。Aさん、おめでとう。
汗を拭き拭き、館内に入り、誰一人いない館内で涼みながら、作品を堪能しました。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

さくら さくら

東京の開花日が3月21日、暖冬だったので今年はさくらが早いと言われていましたが、満開になったのは例年通りだったのではないでしょうか。今日は一日雨、夕刻から風も強くなると言っていたので一気に花吹雪となって散ってしまうでしょう。

今年はさくら巡りの計画もなく、近場何カ所かでちょこっとお花見をしました。

山北では早い桜を予想してか、3月27日に桜祭りが行われました。
DSC_1913_convert_20160407132223.jpg

そう、桜はほとんど咲いていませんでした。それでもお天気に恵まれたので、踊り手さんたちは楽しそうでした。

これは一昨年の4月5日の同じ場所の写真です。このときは満開を少しすぎ、桜吹雪の舞う中踊り手さんは舞ったのでした。
140405_1778_convert_20160407132204.jpg

3月30日、Sさんと横浜の三ツ池公園。もう開花宣言から1週間以上経ちました。咲いている木もありましたが、全体としては2分咲き。
DSC_2413_convert_20160407132251.jpg

でも、東京からは1〜2日前にすでに5分咲きという情報もありました。
翌31日、ゆうたんと目黒川に行ってみました。目黒駅寄りは5分咲き、中目黒周辺は満開でした。
DSC_2604_convert_20160407132627.jpg

DSC_2623_convert_20160407132702.jpg

そして4月2日、横浜山手へ行ってみました。満開にはもう少し。
DSC_2688_convert_20160407132857.jpg

春らしい淡い感じで
DSC_2703_convert_20160407133224.jpg

そして3日、朝、たくさん泳いだ後で、都筑の江川せせらぎ緑道へと足を伸ばしました。どうやら今年は東京と横浜では桜の時期に数日の差があったようです???

近くの淡島神社 桜が満開なのにいつも人がいなくて,静かです。
DSC_2749_convert_20160407132931.jpg

DSC_2954_convert_20160407133128.jpg

DSC_2938_convert_20160407133053.jpg

さくらとチューリップのコラボ
DSC_2857_convert_20160407133017.jpg

暖かくなったのにすっかり風邪を引いてしまいました。花吹雪と花筏が見られるでしょうか。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

写真の整理

写真の整理をどのようになさっていますか。

パソコンに写真があふれています。一回撮影に出かけると200枚から700枚。お祭りなど動きのあるものを撮影すると1000枚ぐらいになることもあります。写真の整理が滞っていて、そのためブログの更新も滞っています。

私のパソコンはマックで、写真の整理にiphotoを使っています。(新しいマックはもうiphotoではなく「写真」になりましたが、私はiphotoが好きで、まだこちらを使っています)撮影から帰えると、2テラの外付けに入っているiphotoに、写真を取り込みます。

まず、ピンボケやひどいショット2割ほど捨てます。時間があるときは☆印をつけながら選び、さらに捨てて、2割ぐらい残します。でも、時間がなくてそのまま残っているホルダーが沢山あります。このiphotoに写真がたまりすぎてiphotoだけで1.6テラぐらいになってしまいました。それ以外にも他の写真等もはいっているので、もう新しい写真が取り込めないという事態が始終発生し、その度に古い写真を別の外付けに移しながら作業をしています。

iphotoが重すぎるので、なんとかしようとここ数日写真を捨てまくっています。300ギガ、1万枚ぐらい捨てたでしょうか。他のこともできず、目も疲れ、もううんざりしてきました。

もうこの辺でとりあえずやめて、桜でも見にいきましょう。

写真の整理、どのようになさっていますか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

3.11 福島

東日本大震災から5年すぎました。福島は被災地の中でも地震津波被害にさらに放射能汚染というとんでもない被害が加わってしまいました。

3月11日、被災から5年後の福島に行ってきました。まず三春で「原発いらない福島の女たち」の集会に参加しました。
『日本と原発 4年後』という昨年制作されたフィルムを見ました。昨年7月同日同時間帯に測定した放射線量ですが、新宿で毎時0.0319 マイクロシーベルト、福島双葉郡浪江町では5.0とのこと。4年半経ってもまだこんなに放射線量が多いのです。

三春の街で
DSC_0390_convert_20160325004237.jpg

その後で、国から交付された復興予算で建設された「福島県環境創造センター」を訪ねました。本棟がやっとオープンしたところで後の2棟は工事中でした。総工費は約200億円で、誘致がままならない工業団地の一角の広大な土地に建設されました。

DSC_0403_convert_20160325004303.jpg

これは福島県とIAEA(国際原子力機関、国連の安全保障理事会の傘下機関で、「原子力(核)の平和利用」の促進を使命としている」)の間で覚え書きが交わされ、「原発事故による放射性物質で汚染された環境を早急に回復し、県民が将来にわたり安心して暮らせる環境を創造することを目的として、福島県が建設し運営する施設」です。

私はIAEAは各国で原子力の査察を行っている機関として認識していました。県内の小学生を見学させる教育機関としての役割もあり、原発に反対する福島の人たちはこの設立や意図に強い不安を覚えていました。

施設を見学させていただきました。
DSC_0406_convert_20160325004324.jpg

有機農家のコミュニティショップに立ち寄りました。そこでコーヒーを飲みながら、奥さんの演ずる人形劇を見たり、ご主人の弾き語りを聴きました。
三春の滝桜のすぐ近くのお話です。

DSC_0474_convert_20160325004346.jpg

長い年月をかけて椎茸栽培に成功し、おいしい椎茸を販売できるようになった農家が放射能に汚染され、離農せざるを得ないという実話でした。このお店では汚染の少ない土地で採れた野菜をすべて線量を測って測定値を付して販売しているとのことでした。

三春泊 朝もやがかかってきれいでした。
DSC_0522_convert_20160328104526.jpg

日中は暖かでも、朝夕は東京、横浜とは違います。お宿の庭は霜が降りていました。
DSC_0570_convert_20160328104602.jpg

郡山に移動しました。バスに被災者のWさんが同乗し、田村市都路の現状を見ながら、今日までのお話ししてくれました。都路は自然豊かな里山で、福島第一原発から20キロから30キロの区域に入っています。都路は原発事故に伴い、警戒区域に指定され、2014年4月避難指示が解除されました。東電からの慰謝料が打ち切られ、早期帰還者賠償により、帰還した高齢者が多いということでした。

汚染土を覆ったフレコンバッグ
DSC_0643_convert_20160325004553.jpg

線量計は刻々と数値を変えます。時間あたり0.42マイクロシーベルトを示しています。
DSC_0650_convert_20160325004627.jpg

古代カメ石 ここの線量計は0.56を指していました。
DSC_0658_convert_20160325004704.jpg

避難により、もう既に廃墟になってしまった竹細工工房
DSC_0719_convert_20160325004754.jpg

工房の中はすっかり荒れ果てていました。
DSC_0739_convert_20160325004830.jpg

郡山市の「2016年原発のない福島を!県民大集会」
DSC_0854_convert_20160325004941.jpg

その後のデモ行進
DSC_0970_convert_20160325005129.jpg

太陽光発電、バイオマス、風力発電、地熱発電など、再生可能エネルギーの更なる研究,開発、有効活用が行われますよう。
原発による被害は津波による被害とは違い、目に見える形で残っていません。被災地以外に住む私たちは福島を忘れずにいるしかできないのでしょうか。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

早春の三浦半島

天気のいい2月7日の日曜日、バスで三浦半島に行きました。早春の光に輝く三浦の海はきれいでした。

まず金田漁港。 漁網の向こうでカモメが乱舞しています。漁師さんが「三浦の北海道」と言っていましたが、北風が吹く寒い漁港です。
DSC_7269_convert_20160223004455.jpg

風を避けて、その網を修理している漁師さん
DSC_7251_convert_20160223004423.jpg

たこつぼ。タコはこんな中に入るんだ。
DSC_7278_convert_20160223004534.jpg

海岸ではわかめを干していました。
DSC_7437_convert_20160223004638.jpg

海岸線に沿って岩場を歩きました。
釣り人と海サギ
DSC_7490_convert_20160223004709.jpg

大きなお釜で大豆を煮ていました。
DSC_7595_convert_20160223004740.jpg

のりを干していました。干し具合をチェックするおばあさん
DSC_7617_convert_20160223004818.jpg

海岸から少し入ると三浦の畑が広がっています。
DSC_7668_convert_20160223101550.jpg

江奈漁港で昼ご飯を食べました。

もう大根を大量に海岸に干す時期は終わってしまったようです。切った大根を干していました。
DSC_7802_convert_20160223004920.jpg

この切り干し大根、すごくおいしいのです。大根農家に買いにいくことにしました。
DSC_7932_convert_20160223004951.jpg

84歳のおばあさんも戦力です。
DSC_7943_convert_20160223005446.jpg

こんな器械で大根を洗い、
DSC_8138_convert_20160223005505.jpg

真っ白になった大根を積み上げていきます。
DSC_8154_convert_20160223005531.jpg

三戸浜の夕景 天気がよかったので赤く染まってきれいでした。
DSC_8227_convert_20160223005721.jpg

DSC_8292_convert_20160223005749.jpg

DSC_8349_convert_20160223005819.jpg

最後に漁港のネコたち 
網の上を歩くネコ
DSC_7354_convert_20160223004604.jpg

ひじきの干してあるところから道路を渡るネコ。気をつけてね。
DSC_7698_convert_20160223004849.jpg

船に乗ろうとするネコ
DSC_8168_convert_20160223005609.jpg

こんなところでまったりと
DSC_8198_convert_20160223005641.jpg

気持ちのいい日曜日でした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ